2016-11-28_081910

NHK杯も終わり、グランプリシリーズもいよいよファイナルを残すだけとなりました。

グランプリファイナルに出ない選手たちは、全日本フィギュアスケート選手権に向けて、調整を始めていることだと思います。

国内で一番大きな大会をぜひこの目で観たい!と思いますよね。チケットの1次発売を逃した方、これから、チケットを入手できる方法について情報です。

スポンサードリンク

二次チケット発売決定!申込方法は?

全日本フィギュアスケート選手権のチケットの2次発売が決まり、発表されました!

抽選なので、運任せですが、TRYする価値はありますよ。ただし、インターネット販売のみなのでお気を付け下さい。

抽選受付期間は12/3(土)10:00~12/6(火)23:00の間。

販売チケット会社についてはチケットぴあローソンチケット 登録無料で今すぐ落札できるチケットキャンプあたりで選んでいくのが良いかと思われます。

また、チケットについては、
早く申込んだら取れる!
と言う訳ではありません。

完全な抽選制なので、受付期間内に申し込みをして、結果を待つ方式となります。クレジットカード決済のみとなっているので、それも注意!ですね。

販売席種については以下の通り。

  • アリーナ SS 席 15000 円
  • アリーナ S 席 12000 円
  • 注釈付アリーナ S 12000 円
  • スタンド SS 12000 円
  • スタンド S 8000 円
  • 注釈付スタンド S 8000 円
  • 注釈付スタンド A 4000 円

お値段は張りますが、やはりアリーナSS席で観るとジャンプの迫力とかが違います。選手の息遣いを感じたり、表情までじっくり観ることができるのでお勧めですよね。

しかし、スタンドの方が全体を見渡せるとこだわる方も多いのも事実。演技全体の流れをしっかり観たいのであれば、スタンドがお勧めです。

注釈付の席は、機材などで角度によりリンクの一部が観えにくい場合がある席です。その分、少しお安くなっていますので、とにかく会場の雰囲気を楽しみたい!と言うことであれば、狙い目なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

当日券が発売される可能性はある?

全日本フィギュアスケート選手権の当日券が発売されるのか?は、ギリギリになるまで分からないと言うのが現状です。

過去に発売されたこともありますが、
ほとんどないと考えた方がいいかもしれません。

フィギュアスケートの人気は高く、チケットは毎回争奪戦です。

当日券は期待しないで
なんとか2次発売で
手に入れたいものですね。

3次発売についても、決まり次第発表となっています。2次の抽選に外れたら、3次発売があることを期待しましょう。

ジュニアグランプリファイナルは、12/6(火)~10(土)
グランプリファイナル 12/9(金)~11(日)です。

グランプリファイナルに出場する選手についてはこの通り。

 

【ジュニア】

  • 坂本 花織 選手
  • 本田 真凜 選手

【シニア】

  • 羽生 結弦 選手
  • 宇野 昌磨 選手
  • 宮原 知子 選手

今現在もですが、これからの活躍にも注目が高まる選手ばかりだと思います。ぜひぜひチェックしておいてくださいね。

まとめ

今回は、全日本フィギュアスケート選手権のチケット発売について紹介しました。

調整が本当に大変だと思いますが、頑張ってほしいですね。日本は層が厚くレベルも高いので、国際大会に劣らない熱戦となるでしょう。

昨年は、インターネットで抽選会の模様を中継し、選手の素の表情を観られる企画が好評だったようです。

今年も中継があるなら、注目ですね。今年の全日本フィギュアスケート選手権も盛り上がること間違いなし!です。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ