2016-12-03_105058

いよいよ本格的な冬になってきて、さっぽろ雪まつりの日が近づいてきました!

さっぽろ雪まつりは北海道で行われる、国内だけでもなく海外からもたくさんの観光客が訪れる大きな冬のイベントです。

遠方の方、行ったことがない方にとってはたくさん並ぶ雪の像が一番印象に残っているのではないでしょうか。

毎年テレビなどで見かける様々な趣向を凝らした大きな雪の像は、映像を見るだけでもワクワクします。

次のさっぽろ雪まつりの日程、また遊びに行く方は近くのオススメ宿泊場所なども気になるところだと思います。

また冬の北海道はもちろん冷え込むので、寒さ・雪対策もしっかり準備しておく必要がありますね。

さっぽろ雪まつりを全力で楽しむための情報、今の間に入手しておきましょう!

スポンサーリンク

さっぽろ雪まつり2017!開催日程はいつからいつまで?

2017年のさっぽろ雪まつりは、以下の日程で開催される予定です!

 

・大通会場・すすきの広場:2017年2月6日(月)から2月12日(日)

開催時間:いつでも(大通会場のライトアップは22時、すすきの広場ライトアップは23時まで※最終日は22時まで)

・つどーむ会場……2017年2月1日(水)から2月12日(日)

開催時間:9時から17時

 

いずれの会場も、入場料金などはかかりません。

また駐車場などはありませんので、
公共交通機関をご利用してお越しください。

有名な雪の像や氷の像は「大通会場」で見ることが出来ます。

「すすきの広場」では氷の像が並び、またこちらの氷像は遊んだり触れたりすることが出来るものもあり、オススメの場所です!

そして「つどーむ広場」は第2会場とも言われ少し場所が離れますが、大人も子どもも楽しめる参加型のイベント会場になります。

雪で作られた大きなすべり台が有名ですが、雪だるまを作ったり雪上ラフティングの体験も出来るようになっています。

特に家族連れ、小さなお子様連れの方にオススメしたい会場です!

周辺のおすすめホテル・宿泊先

2016-12-03_105135

会場周辺にももちろんホテルはあるのですが、やっぱりさっぽろ雪まつりの時期は早くから予約が入ってすぐに満室になります。

料金も高くなりますが慣れない北国で無理はしたくないもの、出来るだけ近くで探すことをオススメします。

そんな中で、いくつかオススメしたいホテルや宿泊先をご紹介していきますね!

東京ドームホテル札幌

雪まつり会場から近く便利な場所と言われれば真っ先に出てくるのがここ、東京ドームホテル札幌です!

コンビニも近く、立地条件で言うなら間違いなく一番オススメしたいホテルです。

東京ドームホテルの公式サイトはこちらになります。

またこの立地条件でありながら、ツインで一人1万以下で泊まれるところも魅力です(予約時期などによります)。

とはいえあまりに良い条件なので、予約はすぐに埋まります。

宿泊をお考えの場合は出来るだけ早くご確認、ご予約くださいね!

札幌プリンスホテル

ここも雪まつり会場から近く、早くて徒歩3分程度で大通会場に行くことが出来ます。

また温泉があり、寒さで冷えた身体をゆっくり温め安らげることも魅力ですね。

札幌プリンスホテル公式サイトはこちらからお願いします。

値段が全体的に高めですが、立地条件としては最高に近いと思います!

東横イン札幌すすきの交差点

宿泊費を見て選ぶならここがオススメです!

さっぽろ雪まつり会場へも近く、徒歩で向かうことも全然可能です。

東横イン札幌すすきの交差点公式サイトはこちらです。

冬季料金は本当に安く魅力的なのですが、雪まつりシーズンは通常料金となっています。

それでも他と比べると圧倒的に安く泊まれる上、立地条件も良いのでぜひオススメしたいホテルです!

ホテルマイステイズ札幌アスペン

以前は札幌アスペンホテルという名前だったのですが、つい先日「ホテルマイステイズ札幌アスペン」としてリブランドオープンされました!

札幌駅から徒歩2分、落ち着いた内装と、旅や雪まつりの疲れを癒やすのにオススメです。

ホテルマイステイズ札幌アスペン公式サイトはこちらです。

また全客室にインターネット回線も完備されているので、現地でお出かけ情報を調べるのも簡単です。

パソコンのレンタルもありますので、じっくり次の日の予定を考えるのもありですね!

北海道の地は超極寒!服装で気をつける事は?

2016-12-03_105208
当然といえば当然ですが、北海道はめちゃくちゃ寒いです。

また2月は1年の中で最も寒い季節でもあり、氷点下の中歩くことになると思っておいたほうが良いですね。

そんな中、外でのイベントに行くのですから、
服装ももちろん気をつけておきましょう。

肌着はヒートテックなど、暖かいものを必ず用意しましょう。

寒がりの方、冷え性の方は
2枚重ねておいても良いかもしれません。

もちろんTシャツやセーターなど厚手の上着を重ね着しておき、ダウンジャケットなど暖かい上着も用意しておきましょう!

靴もボア付きブーツなど出来るだけ暖かいものを用意し、靴下用カイロなどもあれば安心ですね。

手袋やマフラーはもちろん、頭や耳もしっかり対策をすることをオススメします。

耳も隠せる帽子などを用意し、出来るだけ肌が出ている部分を無くすように考えておきましょう!

足元注意!雪国の靴の選び方は

雪道は想像以上に滑ります。

雪が降った直後はそうでもないのですが、これだけの人がいる会場ではそうも行きませんよね。

実際に雪道で転倒し、骨折したという方もいます。

雪用ブーツがあれば一番ですが、ない場合は滑り止めを靴に装着することをオススメします。

例えばこういったものになります。

アマゾンなど通販でも購入出来ますし、もし忘れた場合は駅の売店などにも用意されています。

山岳用とかじゃなく、簡易的なもので十分ですね。

特に雪の降らない地域にお住まいの方、雪道に慣れていない方は「いつもの靴で大丈夫」と油断していると危険です。

このような対策もできるので、しっかり準備しておきましょう!

まとめ

さっぽろ雪まつりは、毎年開催中テレビやSNSなどで写真や映像を見ることも出来ます。

一度は行ってみたいと思っている遠方の方も、次回初めて行く方も多いのではないでしょうか。

冬の北海道は想像以上に寒く、遊びにいくためには念入りな準備をしておいたほうが安心です。

「うっかり薄手で現地に行って、寒くて長居出来ずにホテルに帰ってしまった……」なんてしたくないですよね。

また近頃は雪が降らなくなってきた地域も多く、お住いの場所によっては雪道を歩き慣れている方も少なくなってきました。

雪道の滑りやすさは想像上なので、靴の対策は絶対に考えておきましょう。

しっかり準備を整えて、楽しくさっぽろ雪まつりを満喫してくださいね!

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ