2016-08-26_064516

おはようございます。TGです。

今週は台風10号が本州上陸とのことですが
筆者の住む本州ではまだその兆しはなく
風もなく晴天です。

この台風が過ぎれば秋めいた気候になるかもです。
ただ、被害はなるべく少なくなってほしいですね。

さて、

来季に発足する新ドラマ、IQ246という作品が個人的に気になっています。

しかも主演には織田裕二さんが!「踊る大捜査線」や「お金がない」は筆者の大好きなドラマでした。

今回すでに様々な情報が出ているので、
随時まとめてってみようと思います!!

スポンサーリンク

ドラマIQ246のあらすじは?

今回放映されるドラマは天才貴族として名を馳せる主人公が織り成す探偵もの。

探偵は総じてIQが高いのですが、
このIQ246の主人公は
まさかのゲイツ超え!!

そのIQを駆使して
探偵よりも稼げる仕事って
まだまだあると思うんですが
もはや神の領域ですね。

そして主人公の名前、つまり織田裕二さんの演じられるメインアクトの名前は「法門寺沙羅駆」。

なんて読むと思います?

これで「ほうもんじ・しゃらく」という読み方をするんです。

なかなか中2設定の名前ですね。

元ネタはおそらく「シャーロック・ホームズ」ですかね?

筆者が思うに、この名前こそがIQ246の知識を冠するにはふさわしい名前だと思いますし、「山田太郎」という平凡な名前ではなかなか魅せ方の面で苦労すると思うのでいいのでは?と思いますね。(全国の山田太郎さんを敵に回すつもりはありません)

そして今回、
もう一つ気になることがありますよね。

それは

  • ドラマの共演者が誰になるのか
  • 原作小説や漫画はあるのか

ということについてです。

これだけ浮世離れしていると
さすがに漫画の可能性を疑いますが
そこも調べちゃいました!

織田裕二主演のドラマは個人的に好きなので気になるんですよね。笑

今回のキャストや原作との違いは?

IQ246の法門寺沙羅駆をサポートする
(もしくは振り回される?)
キャストについて紹介していきます。

今回メインキャストを務められるのは

  • 土屋太鳳さん
  • ディーンフジオカさん
  • 中谷美紀さん

このお三方です。

法門寺沙羅駆(そのまま変換すると訪問時洒落になります)をサポートする警護役に土屋太鳳さんを起用するなんて凄いと思いませんか?

というのも、織田裕二さんは
共演者の演技力を見込んで
共演するかしないかを選択される
という節があります。

土屋太鳳さんは「まれ」がクランクアップして久しいです。

今回の演技には期待しちゃっていいのでしょうか?!

これは役者としてこだわりぬく姿勢が個人的に織田裕二さんの好きな所なのですが、今回についても与えられた役に対して全力を尽くしていく感じにしていただければ、と思います。

が、IQ246という数字はどうにも浮世離れし過ぎて
視聴者にとっては興冷めの様子。

でも今回の主役は基本真面目で
無骨なキャラを予感させます。
手抜き感を思わせないであろう
シリアスな演技に期待です。

ファンの中には

「ディーンフジオカさんのほうが貴族役のが良くない?」と言われていますがどうでしょう?個人的にはどちらでもしっかりと演じられていくと思いますが…。

ただ、最近では織田裕二さんのドラマ出演を観る機会がなくなったので、個人的に主役としての復活は非常に嬉しく感じるばかりです。

原作はある?

忘れてました。

原作の話題でしたね。

今回の原作の話題ですが、
IQ246はテレビ局主体の
完全オリジナルのドラマになります。

小説や少女漫画でもしかしたらあるのかも!?と思ったのですが、検索しても出てこなかったので可能性としては低いでしょう。

最近ドラマは予算縮小のためか、小説や漫画を使ったものが多かったですが、今回は脚本をしっかり組んで進められるということで見応えがありそうです。

が、表紙にこのIQ~は無いほうが深みがあっておもしろかったかもしれません。
東野圭吾さんあたりにタイトルを依頼すればいいものを考えてもらえたかも?と思いますが、素人の口出しする領域ではありませんね。

まとめ

原作なしのオリジナルドラマが少ない中
今回の作品はあえて奇をてらっているのか
目立つタイトルである意味期待が高まります。

織田裕二さんが
最近主役が減ったのは
結婚の影響もあるかも?

と思ったのですが、
すでに引退してもいいぐらい
稼がれていると思います。笑

なので織田裕二さんには
あくまでマイペースで出演されたほうが
私としては好印象です。

今までに演じたことが無いであろう
織田裕二さんの役柄の名演に刮目です!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ