2016-12-20_141726

ども!TGです。

2017年にもツアーがあるのかな?と思ったいきものがかりですが、突然の活動休止宣言にかなり注目が集まってしまいましたね。

決定的な不仲のような感じでは無かったと思いますが、活動休止に至るからには結構な負担があったことでしょう。不仲説も、噂ではありますがファンからもたびたびささやかれるようになりました。とくにここ5年ぐらいの間は。

もしかしたら吉岡聖恵さんはすぐソロ活動の可能性もありえます。ファンの方もソロを望んでいる人の声は少なくないものと思われまし。

そこで今回はソロ活動をする可能性や、活動開始時期などをチェックしてみることにしました。

 

 

スポンサーリンク

いきものがかり吉岡聖恵はメンバーと不仲?ソロの可能性も

いきものがかりでの不仲説、結構ファンの間ではありましたよね。

また、個人に関するインタビューでその真偽が明らかになったことも有名です。

メンバーの1人である山下さんが「3人は仲良しのようにも見えるが、実際はそうでもない」みたいな発言をして大きく話題になったこともありました。

ただ、音楽性も素晴らしいものがあると思います。

そして、いきものがかりが売れたのには、技術の話もあるとは思いますが、メンバー同士である程度トラブルをクリアしてきたからこそ。

取り立てて分かるような不仲感があればすでに解散してると思いますし、10年もまずもたなかったはずです。

とはいえ、

  • 「ファンがいるからやる」
  • 「音楽活動では相性がいいからやる」

みたいな意識でいままでやられていたのであれば、ファンとしてはいささか寂しく感じますね。

不仲の理由は詳しく明かされていないものの…なんかこう、音楽活動を続けていったりする中で、距離感が近くなってなにか感じてしまったのかもしれません。

ソロ活動の開始時期とシングル発売はいつ頃?

もしもソロ活動が始まるとするならば、あまりブランクをあけずに開始されるものと思います。

というのも、音楽が嫌いでやめた、というのではなく、それぞれの音楽性の違いから「一旦別れよう」みたいな感じになっている気がありますので。

また、もともとメンバーの1人の水野さんはインディーズ時代にもソロ活動というか、ソロ曲を発表されていました。

その時の様子見てもソロに対する抵抗は無かったと思いますし、いきものがかりでの活動はどこかで活かされる…はず?

他のサイトでのインタビューを少し拝借すると、こういった話も出ていたみたい。

つまり吉岡聖恵さんはソロ活動にも若干の意欲を垣間見せる発言です。

――ちなみに、ソロでやりたいという気持ちはないですか?

山下 いやー、まだないですね。

吉岡 そろそろ…。

水野 (笑)。今そろそろって言った? ダジャレになってておもしろいな!

吉岡 いや(笑)。今はいきものがかりに精一杯の自分をぶつけてますからね。

水野 まだまだ、そういう余裕はないですね(笑)。

参考元: https://dot.asahi.com/dot/2016031500258.html?page=3

こんな発言です。

インタビューでポロッとでた言葉ですが、取材時期は2016年の3月中旬頃。

今回の放牧?遊牧もとい活動休止宣言の布石にはなっているとは思います。

ただ、この言動を見ると

  • 山下さん: ソロの予定はまったく意識していない
  • 水野さん: まだいきものがかりでやりたいことがある
  • 吉岡さん: すでにいきものがかりでやり尽くした感がある

みたいな感じに受け止められなくもないです。

ちなみに、吉岡さんはギターが少々、ピアニカやパーカッションの演奏もできるみたいです。いきものがかりの作曲は彼女が担当することもあるぐらいなので、ソロでもやっていけそうな気が…?アカペラでもアリですがね!

ソロ活動するなら、もしかしたら2017年とかリアルにありえます。

まとめ

今回の解散、びっくりかもですが、吉岡聖恵さん的には通る道だという認識が強いのではないのでしょうか。

「出会いは偶然、別れは必然」という言葉をまま体現したような感じですけれど、縁があればいつかまたどこかで再結成の可能性はあります。サザンとかXとかイエモンも一緒です。

また一つレベルアップしたメンバーを見てみたい、そう感じた筆者でした。

ありがとうございました。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ