2016-11-15_192723

いよいよ寒さも本格的になってきて、お出かけするのが嫌になる季節が近づいていますね。TGです。

だからといって、ずっと家に引きこもっていることは不可能ですし、健康面から見ても引きこもってばかりなのは良くありませんよね。

そこで大切になるのが、
寒さに負けない対策を
しっかり整えておくことです。

寒い季節でも対策さえしっかり整えておけば、お出かけ中も寒さに負けず元気に活動出来ますよ!

服装や前準備、ちょっとしたアイテムなど、寒さ対策出来るものはたくさんあります。

寒さ対策をきちんとしておくと元気に動けることはもちろん、風邪の予防にも繋がります。

これからの季節、どうやって寒さ対策をしていけばいいのかを確認していきましょう!

スポンサーリンク

寒さ対策は不格好?いえそんなことはありません

「寒さ対策」というと、分厚い服を何枚も重ね着して着ぶくれ状態になっているのを想像する方も少なくはありません。

でも、実はそうでもないんですよ。

「それが嫌だから薄着でも頑張る!」という方もいるのですが……そこまでしなくてもお出かけ時の寒さ対策は十分に可能です。

自分好みのファッションを身に着けながら、また冬ならではのコーディネートでオシャレをする楽しみだってあります。

冬は逆に、マフラーや手袋など冬定番の小物アイテムが増える時期でもあります。

これらも組み合わせた
コーディネートを考えるのも、
また冬だけ出来る楽しさです!

じゃあ、実際どんな感じのコーディネートが望ましいのか?

具体的にどのように対策していけば良いのかは次からお話していきます。寒さ対策はしっかりと、その上でオシャレもたっぷり楽しんでいきましょう!

寒さ対策の基本はやっぱり服装から

服装は一番目立つ場所であり、寒さ対策を整えやすいところでもあります。

そのため寒さ対策についても、TPOを意識できるものがやはり望ましいですよね。

ということで、
寒さ対策に必要なのは
以下のようなポイントです。

  • インナーを冬物にする
  • ダウンジャケットを着る
  • 「首」のつく部位を集中して温める

冬に薄着で我慢するのは風邪や冷え、場合によってはしもやけなどの危険もあるので、対策だけはきちんとしておきましょう!

寒さ対策「インナーを考える」

どうしても上に重ねるほうを先に考えてしまうのですが、寒さ対策の基本はインナー……肌着です。

ヒートテックの肌着など、保温や体温調節に優れたインナーを用意しましょう。

一度着てみるだけでその効果は確実に分かると思います!

(私も冬場はこういったインナーが手放せません……)

(※クリックで拡大)

(※クリックで拡大)

例えばこういったインナーですが、1枚だけでももちろん効果がありますし、真冬の夜のお出かけなどは2枚重ね着しているという方もよく聞きます。

半袖・長袖・タートルネックなど様々なタイプもありますし、薄い色を選べば上に重ねる服が薄くても目立ちません。

重ねても動きやすいのがインナーの便利なところなので、ぜひ活用していってくださいね。

ちなみに、暖かいインナーには
種類も価格もピンきりです。

市販の安いものは普段使いなら
そこそこの効果を発揮します。

登山用のものなどだと、
相当暖かく1枚だけで済むので
安物を何枚も買うよりいいでしょう。

自分の求める暖かさにあったものを
選んでいくといいですね。

寒さ対策「ダウンジャケットを着てあったかくする」

冬場の上着と言えばダウンジャケットですが、特に品質が良いものは抜群の保温性を持っています。

コートにも様々な種類や素材がありますが、寒さ対策として一番オススメしたいのはダウンジャケットです。

(※クリックで拡大)
風が強い日などもジャケット内は温かく、寒さを気にせずお出かけすることが出来ますよ!

見た目にも暖かいですし、
羽毛がなんだかんだ言って
上着としては最優秀です。

ぜひ活用していきましょう。

寒さ対策「『首』と名前がついている場所を温める」

身体の部位で「首」がついている場所……具体的には「首」「手首」「足首」ですね。

ここは血管が多く集まる場所でもあるので、この部位を温めることで血液循環を良くして体全体を温めることが出来ます。

温め方としては「マフラー」「手袋」「靴下」が定番ですね。

特に靴下は、冬の寒さ対策用の厚手の靴下や保温に優れた靴下などがたくさん売られています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

足の冷えないくつ下Rソックス超薄手黒/ 桐灰化学
価格:996円(税込、送料別) (2016/11/18時点)

 

「そういう靴下は見た目も大きくて不格好なんじゃないの?」と思われるかもしれません。

しかし実は、見た目には全然普通の靴下と変わらないのです。

しかも超温かいので
馬鹿にできません。

こういったタイプの靴下は通販でもありますし、各種量販店でも冬場になると売り場に並んでいます。

また、これらの対策を行っても寒いという方は、「耳」の保護を考えてみましょう。

耳も手首などと同様血管が多く集まる場所であり、同時に寒さ対策では見落としがちな場所でもあります。

帽子やイヤーマフなど、耳を温めるだけで寒さは全然変わります。

寒いのが苦手な方は特に、一度試してみてくださいね!

寒さ対策に有能!耳あてもオススメ

寒さ対策でかなり重要になってくるのが末端の冷え、というのは今までお話してきたとおりです。

また、

さらに寒さ対策を完璧にするのなら、耳あてを使う方法がオススメです。

 

意外と忘れてしまいがちですし、わりと軽視されがちなのですが、耳あての効果はかなりデカイです!

耳が冷えていると
頭痛を引き起こしたり
顔が冷える原因になります。

しかし、耳あて一つあるだけで末端から熱が逃げにくくなり、トータルでの寒さ対策にかなり影響します。

耳あて自体の金額はそこまで高くありませんし、折りたたみのシンプルなものだと非常に汎用性が高いのでオススメ。

あるのとないのとでは大違いなので、いますぐドンキなどで入手しましょう。

服装以外で出来る寒さ対策はある?

もちろん、服装以外でも寒さ対策の方法はたくさんあります。

ちょっとした一手間や工夫で、感じる寒さも全然変わるときがあります。

服装以外の対策もうまく使って寒さ対策を行っていきましょう!

冬の寒さ対策の定番といえばやっぱり「カイロ」!

冬場の対策として定番ですし、スーパーやドラッグストア、またコンビニなどどこでもお手軽に買えるのが嬉しいですね。

どうしても指先が冷えるとき、寒さ対策が心もとないときなど様々な状況でカイロは活躍します。

とりあえずひとつポケットに入れておいて、寒いときに取り出して温まるだけでも全然違いますよね。

また貼るタイプのカイロは腰やお腹、また足に貼るなど様々なタイプがあります。

確実に冷える場所で長時間立つ場合などは、想像以上に足腰への冷えは大きくなります。

こういった場合は、貼るタイプもどんどん活用していきましょう!

 

身体の内側から温める寒さ対策方法

「生姜は身体を温める効果がある」というのは有名なお話ですし、実際に効果を味わったことがある方も多いですよね。

特に普段から冷えがある方などは、生姜を積極的に摂取して身体の内側からポカポカになっておくのがオススメです。

特に効果的な組み合わせとして、「生姜」+「紅茶」があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しょうが紅茶(3g*30袋入)[しょうが]
価格:308円(税込、送料別) (2016/11/18時点)

 

「生姜入り紅茶」などはこの季節ドラッグストアなどでよく見かけると思いますが、紅茶の「テアフラビン」という成分が身体を温めてくれる効果があるからなのです。

どちらも身体を温めるものなので、一緒に摂取するとより効果が期待できます。

お出かけ前に生姜をちょっと入れた紅茶を一杯、これだけでポカポカの維持もしやすくなりますよ!

意外と効果あり?鷹の爪

これは筆者の経験なのですが、鷹の爪にも効果がありました。

お米の虫除けなどにも使われている、あの唐辛子が意外と効いたんです!これが。

2016-11-19_182500

靴下や肌着の商品で「カプサイシン配合」というフレーズを見つけたので、試しに靴の中に鷹の爪を置いてみた結果…。

すごい!

結構ポカポカします。

唐辛子の辛味成分「カプサイシン」がおそらく影響して、ポカポカというよりピリピリといった感じで効果が出ているのだとは思いますが、かなり効果が高かったです。

ただ、

唐辛子なので独特の異物感があるのと、中身が潰れて靴の中でバラバラになるかもしれないのは弱点ですね。

微妙に湿気があったほうが温熱効果を感じるみたいなので、靴のつま先当たりに忍ばせておくことで若干の効果が見込めます。

もしも余った鷹の爪などがあれば試してみてくださいね。

赤ちゃん連れの場合の寒さ対策

最後に、赤ちゃんを連れている場合の寒さ対策についてお話します。

赤ちゃんは抵抗力も低いのでもちろん寒さ対策は必要なのですが、同時に体温が高く汗をかきやすいという特徴もあります。

大人と同じつもりで重ね着し、抱っこしてしっかりカバーもつけながらお出かけなどしていると、「気がつけば赤ちゃんが汗をかいている!」となってしまうことも……。

赤ちゃんの場合も一番大切なのは肌着です。

そして抱っこ時やベビーカーでの防寒対策は様々なグッズが売られていますし、どんどん活用していきましょう。

具体的には抱っこしている赤ちゃんもカバーできるママコート、ベビーカーのカバーや赤ちゃん用ケープなどですね。

 

しかしどの場合も、定期的に赤ちゃんの体温をチェックして暑すぎないか・寒すぎないかをチェックすることが大切になります。

手の場合は外に手を出して、遊んでいるとどうしても冷たくなりがちです。

体温をチェックするときは
首筋に触れてみましょう。

背中に軽く手を入れて汗をかいていないかチェックするのも分かりやすいやり方です。

特に自分で動き回るようになった子どもは、想像以上に汗をかきます。

冬場といえど着込ませすぎると暑いだけの可能性もありますので、その都度チェックして調節していってくださいね。

まとめ

身体の外側からの対策、内側からの対策、もちろんどちらも行ったほうがより安心してお出かけすることが出来ます。

またもちろん普段から冷え性の方はより念入りな寒さ対策が必要になりますし、冷えに負けない身体を作っていくことも大切ですね。

今回お話した生姜はもちろん、ねぎやにんにく、また根菜類なども身体を温めるために有効です。

特に冬場は出来るだけ食事にも取り入れ、冷えない身体を作っていきましょう。

また、

最初にお話しましたが、インナーは本当に保温用・冬場用と書かれてあるものを取り入れてみるだけで全然変わります。

それまではモコモコ重ね着していたのに、薄手を重ねるだけで「それまでより温かい!」と思えるくらい効果があるので、ぜひ試してみてくださいね!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ