2016-05-28_174144

ここ最近、「知らない間にWindows10にアップグレードされてる!」と言った叫びをよく聞きます。

配信が始まった当時は通知がたまに来る程度だったのですが、どうやらあの手この手とMicrosoft社がアップグレートさせようとしているようですね。

周辺機器、使用ソフトが完全にWindows10に対応していればいいのですが、対応していないものを使っている場合、勝手にアップグレードされては困ります。

ここでは現段階でのアップグレードを防ぐための設定方法や対策、またWindows10にアップグレードされてしまった後に戻す方法などをまとめています。

Microsoft社も配信方法などでどんどんアップグレードを仕向けていますので今後も安心とは言い切れませんが、ぜひご確認いただいて勝手なアップグレードを防ぎましょう!

スポンサーリンク

ウィンドウズで勝手なアップグレードが起こる原因

少し前まで、アップグレードの通知が来ても実行しなければアップグレードはされませんでした。

ところが一気に「勝手にアップグレードされた!」との声や、それと共にWindows10の画面のスクリーンショットが載せられている、というパターンが急激に増えました。

この理由はアップグレード方法の変更です。

通知画面・配信方法が変更され、アップグレードする日、時間が指定された画面が表示されるようになりました。

これはWinユーザーであれば経験したことがあると思うのですが、急に動作が重たく、冷却ファンがひっきりなしに回っているときに起こるアノ現象です。

この通知画面上でアップグレードをキャンセル、またはスケジュールを変更しないとそのままアップグレードされてしまうという方式になり、今までと同じと思ってただ画面を閉じていただけの方が「勝手にアップグレードされた!」となっているのです。

無償期間もあと二ヶ月程となり、Microsoft社としては普及を少しでも早めたかったのかもしれませんが、理由があってアップグレードしてない場合は困りますね。

ただ少なくとも「何の通知もなしに勝手にアップグレードされた」ということはないはず。

「いつものWindows10押し売り画面だ!」とよく見ずにキャンセルするのではなく、通知が来たらしっかり画面を確認しておきましょう。設定などで失敗していても、基本的にこれで防げるはずです。

Win10アップグレードを防ぐ際の注意点

「アップグレードを防ぐために、そもそもWindowsUpdateをしないようにしている」という方もたまに見かけますが、絶対にやめてください。

WindowsUpdateを弾くとセキュリティ関係で必要なアップデートも防ぐことになってしまいます。

インターネット上では、日々ウィルスなどが作られ広められています。現在使っているOSの穴を見つけ、そこを狙ってくることも少なくありません。インターネットから切り離しローカル環境だけでパソコン環境を閉じている方は、もうほぼいないと思います。

インターネットに繋がっている以上ウィルスを絶対に防げる保証はなく、本人のパソコンだけでなく周囲へ広めてしまう可能性もありますので、アップデートしないという選択肢は何もいいことがありません。

Win10アップグレードを防ぐ設定方法・対策方法

アップグレードを防ぐ方法ですが、原因のところでもお話した通りWindowsの通知でアップグレードのお知らせが届きます。

現在はそこで日付や時間も指定されてあり、その下にある「ここをクリックすると、アップグレードスケジュールの変更、またはアップグレードの予定をキャンセルできます」という文章があります。

この文章の「ここ」がリンクになっていますので、そこをクリックしましょう。

そこで日付・時間の指定、もしくはアップグレードの予定を取り消すというリンクがありますのでそれをクリックします。もう一度確認するページに移動しますので、「取り消す」をクリックしましょう。

これでアップグレードの予約は取り消すことが出来ます。

アップデートの予約は通常の設定だと勝手に行われていますので、必ずこの動作でキャンセルを行うようにしてください。

またその後のポップアップを防ぎたい場合は、「通知領域」の設定を変更する必要があります。コントロールパネルを開き、通知領域から「Windows10を入手する」の設定欄をクリックし、「アイコンと通知を非表示」を選択しましょう。これで表示もなくなるはずです。

しかしこれらの方法も現段階での対策であり、Windows10を普及させたいMicrosoftがまた違う方法を取ってくる可能性もあります。

完全に使用者の意向を無視してアップグレードすることはないはずですから、通知画面が表示されたらしっかり内容を確認し、アップグレードされないように注意しましょう。

万が一アップグレードされてしまった場合のキャンセル方法

「気がついたら画面がWindows10になっていた!」という場合も、焦る必要はありません。

OSを使うためには必ずライセンスを承諾しなければならないので、そこで拒否してしまえば良いのです。

拒否をクリックするともう一度確認画面が表示され、その後「元のバージョンに戻しますか?」という表示になります。そこで「はい」をクリックすると、元のバージョンに戻せます。戻すのに一時間くらいかかりますので、そこはじっと我慢しましょう。

また「一度Windows10にしたけれど動作しないツールがあるから戻したい」という場合も、元のバージョンに戻せます。「スタート→設定→更新とセキュリティ→回復→Windows8.17)に戻す」とクリックしていけばOKです。

当時使用していたパスワードなどが必要になりますので、先に確認しておきましょう。こちらで戻した場合、アップグレードにかかった時間の半分程度で戻せるとの話ですので、一度Windows10を試してから戻すのもありかもしれませんね。

まとめ

Windows10のアップグレードは通知も多く、またどんどん手を変えてくるので対応も大変です。、(もはやウイルスみたいですね…)

周辺機器・使用ソフトが対応していない場合はもちろんアップグレードするわけにいきませんが、環境が問題ないのなら一度アップグレードしてみるのも良いかもしれません。

これだけ押し売り状態だとつい逃げてしまいますが、Windows10も環境が対応していれば使いやすいOSだと思います。

今回の記事のやり方も、ずっと同じ方法が通じるとは限りません。アップグレードしたくない方はこまめに情報を調べ、対応していくしかないと思います。

無償期間が終わるまであとほぼ2ヶ月、乗り切っていきましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ