2016-09-17_222721

こんにちは。TGです。

最近EDMのイベントが気になって仕方ありません。

先日新しい曲(ネタ?)をリリースされたオリラジとRADIO FISHのメンバー。

が、新曲発表から早くも
「パクリなのでは?」
といった疑惑が浮上してしまっています。

これは検証してみない事にはパクリと断定するのも良くないので、比較検証の必要がありそう。

と、いうことで今回はオリラジの新ネタ「ウルトラタイガー」とパクリ元とされる曲の検証をしていきましょう。

スポンサーリンク

オリラジのウルトラタイガーのパクリ部分を動画で検証

今回新たに公開された新曲であるオリラジのウルトラタイガー。

初見はいかにも!なEDMでしたが、
みなさんはパクリに感じたでしょうか?

こちらがオリラジの新たに公開された新曲であり新ネタのウルトラタイガーです。

筆者的にはあまり音楽に詳しくないので
まあ普通にきこえましたが。

が、一部の音楽に詳しい人達からは「とある曲に似ているかもしれない」という意見が出てきて話題になっちゃっています。

その曲がこちらです。

 

日本で2年前ぐらいに流行ったLMFAOですね。

筆者は彼らの曲はパーティーロックアンセムしか知らなかったのですが、リルジョンとフィーチャリングしていたのですね。知らなかった…。

そして問題のパクリとされている点は、
LMFAOのサビ部分の1分20分頃の
「SHOT!SHOT!SHOT SHOT SHOT」の部分。

ここがオリラジのウルトラタイガーの
50秒ごろにある「虎 虎 虎 虎 虎!」
とが、それぞれ酷似しているということです。

どうでしょう?

聴いてみればまあそっくりですね。

過去にはPSYの江南スタイルやDADDYもパクられた疑惑がありましたが、今回はLMFAOです。

これにはリスナーも苦笑い。

構成を真似するモデリングは良いと思いますが、こうもあからさまに丸パクリをやられてしまってはちょっと…となってしまいますよね。

LMFAOは現在無期限活動休止中。

そんな状況でパクられてしまっては、何だかいたたまれませんよね。

そもそもEDMってテンプレートじゃね?

という意見もあると思います。

EDMの構成はサビの部分で
「タメ」をつくっていますよね。

ノリノリでいけるようにドラム打ち込みを徐々に早くして、最後にドーン!みたいな感じになるものが多いです。

たとえばですが、
こんな感じです↓

タンタンタンタンタタタタタタタタ

「(サビのセリフ的なもの)!」

ドゥン!ドゥン!ドゥン!ドゥン!ドゥドゥドゥドゥドゥ…

みたいなのはEDMでは
すでに定番化していますし、
このあたりが曲としても
一番盛り上がる部分でもあるでしょう。

他にもEDMの定番といえばダークなシンセ、打ち込み楽器メインの曲調などなどがあるので、どの曲も全く違うと言うわけではありません。どの曲も共通点があるので聴いただけで「ぽい」曲になります。

なのでオリラジの新曲でもサビに入る前の「ULTRA TIGER」とセリフを喋るまでのところは別に悪くない展開だと思います。

しかし、今回ストレートにパクってしまったのが批判の引き金になってしまたわけなので、そのあたりは上手くやって欲しいですよね…。

お隣の某国からは「○○はうちの国が起源」
みたいなことを言われているそばから
日本でこんなことやってしまっては大変です。

まとめ

前回もでしたが、今回もパクリだったとは残念です。

あえて気づいてもらえる形でパクリをし、炎上マーケティングを狙ったということもあるのかもしれません。

が、問題はそのパクリをした音楽を使って
お仕事に使ったり、iTunesで配信をして
収益化をする点にあるではないかと思います。

CDのコピーとかYoutubeのMP3ダウンロードとかと同じ感覚です。

まあ、実際にステージの上で踊ったり、歌ったりするのはもっと別の部分での努力が必要ですので簡単に全てを否定するわけにはいきません。頑張ってますからね。

とはいえ、やるならもっと上手くやってもらいたかったですね~。

関連記事 ウルトラタイガーの歌詞や振り付けの意味は?

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ