2016-09-03_161415

こんにちは。TGです。

すだれとよしずの違いが未だに理解できません。

それはさておき、
北海道のイルミネーションに
ご興味はありますか?

支笏洞爺国立公園に位置し、北海道屈指の温泉郷としての顔を持つ洞爺湖温泉街。

洞爺の冬の風物詩、
温泉街から湖畔へ続く

「洞爺湖温泉イルミネーションストリート」。

毎年趣向をこらした美しい電飾は
見るものを存分に楽しませてくれます。

今年2016~2017年のイベントも、
洞爺の光のおもてなしが
とっても楽しみですね。

スポンサーリンク


洞爺湖温泉イルミネーションストリートの見どころは?

普段はちょっぴりレトロ感漂う
洞爺湖温泉街。

しかし、

冬場をむかえるとその風貌は一変。

温泉街から湖畔に続く道は
青と白の美しいイルミネーションが雪に映え、
きらきらと輝く色とりどりの光のオブジェが出現し、
まさに光のワンダーランドです。

LEDの数はどれぐらいでしょうか?

パット見で数千個はくだらないですが、
実際はなんと!40万個もあるそうです。

2016-09-03_162209

参考元:http://www.driveplaza.com/special/hokkaidodrivemap/area/south02.html

もうひとつの見どころは、
洞爺湖温泉街の中心地「にぎわい広場」に
出現する全長70mのイルミネーショントンネルと直径9mのドーム。

あたり一面キラキラと宝石をちりばめたような景観は
ため息がでるほど美しく幻想的。

2016-09-03_162032

参考元:youtube.com

ロマンチックに光きらめくトンネルをくぐり抜けると
そこはまばゆいばかりの光の園。
思わず天を仰ぐと幾千万の星が降りそそぎ
幸せなキモチはMAXへ!

例年のイルミネーションはコチラをご覧ください。
くぐって感激!見上げて感激! 洞爺湖温泉イルミネーショントンネル

洞爺湖温泉イルミネーションストリートのアクセス方法は?

ここまでイルミネーションの魅力についてお話しましたが、実際に行きたいときに気になるのが「現地へのアクセス方法」だと思います。

とくに洞爺湖温泉は海岸に面したところですからね。

札幌や新千歳空港から洞爺湖へは
高速道路を使うと
だいたい2時間前後で到着します。

移動時間も支笏洞爺国立公園の絶景が
存分に味わえます。

現地でももちろんですが、
移動中の風景もキレイなので
シャッターチャンス満載の
旅になることまちがいなしです!

旅の疲れは効能バツグンの
洞爺湖温泉で流しましょう。

アクセスはこちらの情報を参考にどうぞ。

【電車】JR洞爺駅から道南バス洞爺湖温泉バスターミナル行きに乗り
洞爺湖温泉バスターミナル下車徒歩5分
【車】道央自動車道虻田洞爺湖ICから約5分
【問い合わせ】 洞爺湖温泉観光協会 TEL:0142-75-2446
URL: http://www.laketoya.com/event/

また、移動に使うレンタカー業者は
空港近辺にいくつか存在します。

事前にチェックしておきましょうね。

関連記事→ 北海道でおすすめのレンタカー業者

洞爺湖温泉イルミネーションストリートの点灯期間

もともとは洞爺湖サミットのためにはじめた
洞爺湖温泉イルミネーションストリート。

今や口コミの
イルミネーション満足度ランキング1位に輝くほどの
人気のスポットです。

開催期間は5ヶ月ですが、イルミネーショントンネルが出現する週末はかなりの混雑が予想されます。

現在、2016-2017年の
洞爺湖温泉イルミネーションストリートの
開催期間などの全貌はまだ明らかにされていません。

ひとまず、昨年の情報をアップしておきますので参考にしてください。

 

【開催期間】
平成27年11月1日(日)~平成28年3月31日(木)
【点灯時間】
日没~22:00

今回であれば、週末スタートにするのであれば10月の28日、もしくは11月の4日になるのではないかと思いますね。

まとめ

イルミネーションにとって、
冬の冷たく澄んだ空気はエッセンスだと思います。

ふぅーと白い息を吐き出すと
魔法にかかったようにキラメキ度はアップ。

そして、もうひとつのエッセンスが真っ白な雪。

昼間のおひさまを浴びてきらきらと輝く雪も好きだけど
夜の幻想的なイルミネーションに反射する
雪のキラメキにトキメキが最高潮に達します。

洞爺湖温泉のイルミネーションの売りは、何と言っても大通りの青LEDを使ったイルミネーションと、にぎわい広場に設置された虹色のLEDで彩られたアーチのスポットでしょう。

日常とはかけはなれたひとときを求めて
冬の洞爺湖を訪れてみてはいかがでしょう。

大切なひととの冬のイベントを
ロマンチックに過ごしませんか。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ