2016-11-14_180014

ついに決まってしまいましたね。

TGです。

ジャンプの人気連載として続いていた島袋光年先生の作品、「トリコ」が連載終了になるという報道がありました。

今回の件はジャンプ効果というか、アンケートに選ばなかったための打ち切りのようにも思えますが、はたして本当の理由とはいかに?

現時点では「次回堂々完結!」といったメッセージのみが予告で発表されていますが、伏線なしの連載終了には驚きました。

スポンサーリンク

トリコ連載終了の理由は打ち切り?

今回連載終了の報道を受けたトリコ。

ファンの中では「ようやくか…」とか、「ジャンプで読むもんが無くなる」みたいなコメントも出ていて、いまだに心にぽっかり穴の開いている人が目立つ傾向にあります。

しかもジャンプの中では
人気のバロメータともいえる
目次の位置もまんなかぐらいで
一定数の需要はあったはず。

それがまさかの打ち切りなので、本当にびっくりですよ…。

ナルト・ブリーチと、ジャンプのいち時代を築いた作品がまた幕を閉じた事を受け、歴年のジャンプ読者も気が気ではない様子。

なお、次回連載については未定とのこと…。
いきなりの発表に驚きです。

理由の一つはモチベーション低下?

でしょうかね。

トリコの前にはたけしを連載していましたが、
当時から頑張っていた作家さんは
次々に連載終了しています。

それか、他誌にいってますよね。

こち亀も終わったことですし
島袋さんの中でも何かが
切れてしまったのかもしれません。

または作品の中で全て

「これで出し切った」

という感じがあったからこそ
連載終了で一区切りつけようと
決断したのではないのでしょうか。

まあ、

島袋先生については、「アノ一件」からここまで、よくも復活できたものだと思いますし、トリコの連載もはや8年(!)を迎えた矢先の話しでした。

復帰からの週刊誌連載作品としては、
十分なのでは?と思いますね。

次回の島袋光年先生の作品は?

ということで、次は島袋先生の次回作は何になるのか?

また、

もし次回の構想があるとするならば、
それは一体いつになるのか?

というところがポイントになりますよね。

現時点ではとくにそれにあたる情報は見つかりませんでした。

トリコの終盤の雰囲気といえば
登場人物がいい感じにインフレしてて
もうネタが尽きてきたのかな?
という印象はありましたが…。

公式ツイッターがあるわけでもないので、
それに思しき情報は見つからず。

ただ、

もしも次の作品ができるとしたならば、それはたぶん

「ギャグマンガ→バトルもの」

みたいな展開になることはなんとな~く予想できます。

まとめ

それでは島袋さんについての情報でした。

連載が終了するのは悲しいですが、打ち切りとかではなく、一通り終わりっぽい終わり方ができてよかったのではないのでしょうか。

筆者は全作のリーダー伝たけしから読者でしたが、また新たな作品、もしもあるのなら期待しています!

あとの残りの連載といえば…

ジャンプ同世代の作者としてはワンピースがあるでしょうか。ワンピースの方はまだまだ終わる感じもありませんし、伏線を回収しきれている感じもありません。(というか、全ての伏線を回収できたかどうかもチェックするのが大変ですよね)

今回の連載終了は
残念かもしれません。

ですが、続くものは
終わるものでもあります。

こち亀の秋元先生についても次回作へは意欲を見せているらしいですし、もしかしたら島袋さんも…なんて期待してしまいますね。

お疲れ様でした。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ