2016-07-09_143929

ずっと手を動かしていて、
手に突然ピリッと痛みが来たという経験はありませんか?

もしかしたら、それは腱鞘炎かもしれません。

「腱鞘炎になるなんて、スポーツ選手や手を使う仕事の人だけでは?」

と思われるかもしれませんが、
腱鞘炎は誰もが発症する可能性があります。

よくあることなので「大したことない」と思いがちですが、
痛みを無視して同じようにしていると、
どんどん悪化してしまいます。

今回は腱鞘炎や対処法などについてまとめていこうと思います。

手首や指の痛みに覚えのある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

手首や指が痛い!腱鞘炎の仕組みとは?

腱鞘炎は、名前の通り腱鞘(けんしょう)に炎症が起こることにより発症します。

ところで「腱鞘炎」とはよく聞きますが、
言われてみれば「腱鞘」って何でしょうか?

私も気にせず口にしていた気がします。

腱鞘とは指や手首などの腱の周りを包み
関節を滑らかに曲げ伸ばしするためのものです。

この腱や腱鞘を酷使することにより炎症して腫れ、お互いに接触して擦れてしまうことにより痛みが起こります。

手を酷使することにより腱鞘炎になりやすいので、逆にもう痛みに慣れてしまっていることもありますね。普段から手や手首を動かす仕事をしている方は腱鞘炎になりやすい、というのは事実です。

また腱鞘炎は、手を動かす仕事だけではなく、赤ちゃんのお世話(=長時間の抱っこや無理のある支え方など)、重い荷物の持ち運びにより起こる可能性もあります。

痛み方は個人差がありますが、
ピキッと電気が走ったような
瞬間的な痛みを感じる方が多いです。
また、ズキズキ響くような痛みの場合もあります。

「腱鞘炎かも」と思った場合、
出来るだけ作業を止めて患部を動かさないようにしましょう。

仕事に支障が出るなどの理由でなかなか休まない方が多いですが、
悪化してしまうと今度こそ治るまで動かせなくなってしまいます。

どうしても休めない場合はテーピングなどの緊急対策でゴリ押しする方もいますが、出来る限りやめたほうがよいと思います。

最低限の仕事が終わったら、必ず休むようにしてくださいね。

無理を続け悪化してしまうと、
慢性化したり治療の負担が大きくなる可能性も出てきてしまいます。

仕事・クセで腱鞘炎になる身近な理由

パソコン作業や長時間のタイピング、またスマホなどを長時間触ったあと、手首や指などが痛いという経験はありませんか?

腱鞘炎は、手の作業が多い職業の方に多い症状です。

しかし最近は、長時間パソコンに触れてマウスを動かしていたり文字を打ったりしている方が増えています。

またスマホを使っていて、スマホを固定したり指を動かしたりという作業を長時間同じ姿勢で繰り返していることもあります。
これらの行動で手や手首に負担がかかり、腱鞘炎になる可能性があるのです。

私もずっと同じ姿勢でスマホを触っていて、
手首や指がガッチガチに固まっていて痛くなったことがあります。
夢中になっていると、つい忘れてしまうんですよね……。

そうなのです、
これらの行動はクセが出やすいのも特徴です。

動かす指、力の入れ方、片手は常に同じ高さで固定している
……など、「慣れた姿勢」ってありますよね。

  • いつもどおりパソコンのキ―ボードを叩いている
  • いつもどおりスマホを操作している

気にせず使っている分、
負担も無視してしまっているのです。

繰り返していると、ちょっと痛みが走っても「いつものこと」と思いがちです。しかし悪化すると、今度こそ必要なときに手が動かせなくなるかもしれません。

仕事などでパソコンを使っている方は、より注意が必要なのです。

腱鞘炎の種類

腱鞘炎にはいくつかの種類があり、原因や発症する場所により分けられています。

痛みを感じる場所があれば、
どの腱鞘炎なのかも確認してみましょう。

●ドケルバン腱鞘炎

ドケルバン腱鞘炎とは、手首に起こる腱鞘炎です。
親指を動かすことにより痛みが起こるので、物を掴んだり持ち上げたりするときに痛みが発生していればドケルバン腱鞘炎と判断出来ます。

確かめ方としては、親指を4本の指で握りこみ
親指側の手の甲をグイっと曲げるような感じで手首を曲げます。

2016-07-09_144940

●バネ指

正式名称は「弾発指」と言い、指に痛みを感じる腱鞘炎を指します。

指を動かす際に
引っかかるような感触と痛みを感じます。

悪化すると指を伸ばした際にバネがはじけるような感覚が起こります。

●テニス肘

正式名称は「上腕骨外側上顆炎」と言い、
通称の通りテニスの選手に多く発症します。

「テニス選手の腱鞘炎なら私は全く無関係」と思われる方が多いかもしれませんが、パソコン作業などから来る腱鞘炎はこのテニス肘が多いのです。

パソコンで腱鞘炎になる場合の原因は、
不自然な姿勢での肘や手首の固定、長時間の作業です。

症状として

  • 手首の痛み
  • 雑巾を絞る動作で手が痛い
  • 力が入らない

などがあります。

テニス肘の注意点として、炎症を起こしているのは肘から手の甲に伸びている筋だということです。手首が痛い場合も、負担がかかっているのはここになります。

冷やす場合も、炎症を起こしている部分を冷やす必要があります。

腱鞘炎の対処法

腱鞘炎は、初期とその後で対処法が変わってきます。

適切に対処することが早期の完治に繋がりますので、
ぜひこの機会に覚えておきましょう。

ちなみに腱鞘炎を完治させようとしたら、
12週間は安静にしておく必要があるそうです。
(実際そこまで休むのは難しいですが……)

初期の対処法

「手が痛くなってきた!」と気付いたら、まずは冷やしましょう。

腱鞘炎は炎症を起こしているのですから、まずその炎症を鎮めることが大切です。冷やすことにより痛覚も多少麻痺させられますので、痛みも和らぐ可能性があります。

氷水を入れた袋や保冷剤をテーピングなどで固定して、
15分ほどしっかり冷やします。

急に痛みを感じた場合などは、
この初期の対処で治る期間が大きく変わります。

しっかり冷やしたあとは冷湿布などを貼り、
動かさず安静に過ごしましょう。

その後の対処法

初期の対処が終わったあとは安静に過ごすことが大切ですが、
「指や手首を動かさず日常生活を過ごせ」なんて無理ですよね。

そこで役に立つのが「サポーター」や「テーピング」です。

場所や仕事、作業内容によりどちらが良いかは分かれますが、
目的はどちらも「患部の固定」と「患部の保温」です。

「炎症なのに温めるの?」
「さっきと言ってることが違う!」

って思われるかもしれません。
しかしこれにも理由があるのです。

初期のひどい炎症を抑えたあとは、温めたほうが治りが早くなります。

なぜかというと、温めることで
血行促進、代謝の活性化
のそれぞれを促せるからですね。

温めることによって、
患部の治療を早めることが出来るのです。

サポーターやテーピングを使わない時間も、
カイロで温めたりお風呂にゆっくり浸かったりしましょう。

もちろん、湿布も冷湿布よりは温湿布のほうが良いですね。

腱鞘炎の治療法

自力での対処で痛みが治まらない場合、
痛みが長引く場合などは病院へ行くことをオススメします。

腱鞘炎は整形外科で診てもらえますので、
お近くの整形外科を探してくださいね。

整形外科での治療方法は、薬物療法が中心になります。

これは外用薬・内服薬どちらも使って治していくパターンが多いです。

それだけでは効果が得られないほど悪化している場合、
腱鞘に直接注射する治療法もあります。

しかし注射は鎮痛効果は高いものの、
それで完治するわけではないので注意が必要です。

もちろん費用もかかってしまいますし、
繰り返し注射していると副作用の危険も出てきます。
(副作用として腱鞘が弱くなる、などがあります。もちろん危険な量や回数になる前にお医者さんが判断してくれるはずです。ご安心ください)

その他の特殊治療も

その他としてレーザー治療やマイクロ波治療器、
赤外線治療器などで温め治療する方法もあります。

これらのメリットとしては副作用の心配がないことですが、その分治療にも時間がかかります。

お医者さんに診てもらったらすぐに治るなんて、
都合良くはいかないのですね……。

今までの方法でどうしても治らなかった場合、手術も視野に入ります。
注射やレーザー治療などを繰り返しても効果が全く出ない場合の最終手段であり、すぐに手術するということはまずありえません。

手術自体は短時間で済むものですが、
やはりここまで悪化させる前に治しておきたいですね。

有効なストレッチは?

腱鞘炎に有効なストレッチもたくさんあります。
休憩時などにぜひおためしくださいね。

●腕全体のストレッチ

両手を前にまっすぐ伸ばし、手を握ったり閉じたりを繰り返します。
50回くらい行うのがベストと言われています。

●手首のストレッチ

腱鞘炎を起こしているほうの腕をまっすぐ前に伸ばし、
反対側の手で手の甲を包むように持ちましょう。

腱鞘炎を起こした腕の手首が一番遠くになるようにします。

そのまま肘を外側に回すようなイメージで捻ります。伸びている感触があると思いますので、痛まない程度にしばらくそのままの姿勢でいましょう。

●肘のストレッチ

腱鞘炎の腕を伸ばし、反対側の手で手首を掴みます。
そのまま30秒じっと待ち、腕をおろします。

●その他の方法

また、腕の筋を指でマッサージしたり伸ばすのも効果があります。
人にマッサージしてもらうと力の加減が分からず組織を傷めてしまう可能性があります。自分で行い痛みを感じない程度に留めておきましょう。

まとめ

腱鞘炎は慢性化しやすく、早期の対処が大切です。

パソコン作業により腱鞘炎を起こしている場合、
手首や肘に負担がかからないグッズを
いちど使ってみるのも一つの手です。

マウスも手の形に合わせた負担の少ないものもありますので、一度電気屋さんのパソコンコーナーなども覗いてみてはいかがでしょうか。

ストレッチも腱鞘炎にならないために有効です。
少し疲れたな、と思ったらストレッチするクセをつけてみましょう。
かなり楽になると思いますよ。

とはいえ、腱鞘炎の場合は休むことが何より大切です。

悪化して動かせなくなったらそれこそ仕事などに影響が出てしまいます。

ピリッときたら作業をやめて休憩し、冷やすようにしていきましょう。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ