2016-11-06_171218

「スーパームーン」は、月と地球の距離が狭まる時の満月のことです。

いつもの満月よりも更に明るく、
大きい満月を見ることが出来るのです。

去年も9月の終わりにTwitterなどで「スーパームーンが見られる!」と広まっていたので、記憶に残っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そのスーパームーン、今年はなんと去年より地球との距離が近い状態で見ることが出来るのです。

ここ最近、一番近づいたと言われる2011年よりも更に近くなります。

これはぜひ、チェックしておいて大きな満月を見てみたいですよね!今回は今年のスーパームーンが一番きれいに見える時間、場所や方角などをまとめています。

ぜひ確認していただき、大きな月を眺めてみませんか?

スポンサーリンク

スーパームーンはいつ?

(※現在の情報は2016年になっています。情報が入り次第更新していきます)

スーパームーンとは、月と地球の距離が狭まることで大きく見える月のことを言います。

見ることが出来る回数はほぼ年に1回なので、
見逃さないようにしたいですね!

ちなみに基本的に年に1回ですが、
2014年は3回スーパームーンがありました。

地球と月の位置によって変動するのです。
毎年確認し、貴重な満月を見逃すことのないようにしたいですね。

スーパームーンは特別な環境を用意する必要はなく、
肉眼で十分見ることが出来ます。

忘れないよう、手帳やカレンダーにチェックをいれておきましょう!

何時くらいに見ればいいの?

今年の最も月が近づく時間、
つまり満月が一番大きく見える時間ですが……

AM1150

となっています。真っ昼間じゃないですかー!

……残念ながら、
一番距離が近い時間は月を見ることが出来なさそうです。

しかし全然諦める必要はありません。

夜、もっとも満月になる時間があります。

この時間に見れば、大きな明るい満月が見れるのです。

その時間は

PM2252

となっています。

1114日は月曜日、つまり平日です。

でもこのくらいの時間なら、見るチャンスのある方は多そうですよね!

去年のスーパームーンは私も見ることが出来たのですが、
十分に大きくいつもと違うことがすぐにわかりました。

今年は更に大きいとのことで、期待が膨らみますね!

月が現れる時間もチェック!

夜空に輝く大きな満月ももちろんきれいなのですが、
月が現れる時間もぜひみていただきたい迫力があります。

ゆっくり地平線や水平線から現れる大きな満月は、
思わず時間を忘れて眺めてしまいますよ!

地上の建物などが近くに見えるのも大きさが目立つ理由です。

ぜひこの時間もチェックしてみてくださいね!

ちなみに1114日の月の出る時間ですが、

PM1640

となっています。

もちろんこの時間からゆっくり登っていきますので、ここから1時間くらいは地平線に近い大きな月を見るチャンスではないでしょうか。

仕事を定時に切り上げて、
ゆっくり月を眺められる場所に移動出来れば最高ですね!

スーパームーンを見るための方角・場所のおすすめは?

スーパームーンの方角と見る場所について、改めて紹介していきます。

月の出を見る場合、東の空を見ていれば必ず見つけられると思います。

スーパームーンはとても明るいので、
「周りが何もない田舎や山に登らないと分からない」
なんてことも全然ありません。

(もちろん周囲が暗いほうが、より明るく見えるかもしれません)

月の出に間に合わなかった場合、そのまま月の移動に合わせて東→南の高い場所→西と視線を動かしていきましょう。

月の出時間と同様、見つけられないことはまずないはずです。

特定の場所に行かないと見れないことはありませんが、写真を撮りたい場合やより大きな月を見たい場合は場所も考えてみましょう。

そのためには、

  • なるべく標高の高い場所へ移動
  • 広くてひらけた場所
  • 他の高層建造物に邪魔されない場所

といった感じになります。

地上からだとやはり遮蔽物が多いので、
高台など少しでも空が見えやすい場所がおすすめです。

スカイツリーなどは「分かりやすい対比物」として、
去年も人気が高かったようです。

また空港や建物の屋上は、
やはり遮蔽物が少ないので月をゆっくり見ることが出来ます。

空を見るのですから「広い場所」「高い場所」、そして月の出の場合は特に「東側に遮蔽物がない場所」がチェックポイントになりそうです。

とはいえそんなに無理はせず、自宅のベランダやちょっと歩いた先の公園などからでも十分見る事は出来ます。

まとめ

ちなみに月は出る時間が最も大きく見え、空高く登るにつれて小さく見えます。

実際に大きくなったり小さくなったりするわけではなく、これは目の錯覚が大きく関わっているようなのです。

私も気にしたことはなかったのですが、「言われてみれば……」となりました。でも目の錯覚であろうと、大きな月を見れるのなら嬉しいですよね。

去年私は空高く登った後のスーパームーンの明るさ、大きさを堪能出来ましたので、今年は月の出からチェックしていきたいと思っています。

1114日を忘れないようにしておかなきゃいけませんね!

ちなみに2017年は、スーパームーンが見られない「シャイムーンイヤー」の予定です。夜空に輝く大きな満月は、11月14日を逃したら当分見ることが出来ません。

今年の間にたくさん見ておきましょう!

関連記事 スマホでスーパームーンを綺麗に撮る方法

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ