2016-10-07_144202

こんにちは。TGです。

レトロアニメなのに未だに多くのファンが居る作品っていえば、何があるでしょう?

日本で言えばジブリや手塚治虫などがあるかもですが、「スヌーピー」もその1つに入りますよね。

そして、

現在六本木の一等地では
スヌーピーの展覧会が開催されています!

来年の春まで開催しているので、今のうちに行ってスヌーピーの世界に浸かってみてはいかがでしょう?

それでは、順番に見ていってみましょう!

スポンサーリンク

スヌーピー展@六本木の開催期間や日程は?

スヌーピー、可愛らしいですよね!

筆者が子供の頃からありますし、
もっというとその歴史はかなり古いです。

古くは1950年から始まり、漫画家チャーリー・モンロー・シュルが作り出したキャラです。

もともとは漫画の「ピーナッツ」の中で出てきた犬でしたが、単体で人気が出て今では彼だけの作品や映画が多数作られるようになりました!

その独特の風刺が聞いたメッセージや
可愛らしいルックスとは相反する
腹黒なキャラがとっても面白いです!

そんな彼の歴史とも言えるべき展覧会が今回の「スヌーピー展」なのですが、彼の今までの変遷などを全てチェックできる人気のイベントなのです。

過去にも日本では開催していたのですが、
床のそこが抜けるほど人気だったようで
今回2回目の開催です。

 

開催期間は2016年10月8日から2017年4月9日まで

開催期間中は(12月31日、1月1日、1月2日を除いて)年中無休

 

となっております。

展覧会の内容は漫画時代のスヌーピーから
映画やアニメの世界に飛び出して来たスヌーピー
グッズやぬいぐるみに姿を変えたスヌーピーなどを
余すところなくたのしむことができます。

他にもグッズ販売やカフェも用意されており、その時でしか楽しむことの出来ない、スヌーピーの世界観が随所に散りばめられたコンテンツを楽しめます。

グッズや食事はやはりちょっとお高いのですが、
こういう時だからこそついつい手に入れたくなるものばかり。

展覧会だけでももちろん楽しめますが、ここでしか手に入らないものもあります。

内容も前回より大幅にパワーアップしているようなので、ぜひぜひチェックしておいてください!

スヌーピー展の会場に駐車場はある?

というのは疑問ですよね。

まあ、六本木なので公共交通機関も安定していますが、
車でのアクセスが可能なのかどうかは
結構気になるポイントでもあります。

そこでリサーチしてみた所…

基本的に、企画側での駐車場の提供はしていないようです。

しかし、

車で行ったからといって
どこにも止める場所がない
というわけではありません。

車でアクセスする場合には公共の駐車場が近傍にあるので、ここに停めてアクセスすることができます。

駐車場の施設名は「港区麻布十番公共駐車場」。

ちなみにスヌーピーミュージアムのチケットを持っていると

この駐車場を利用している場合、
200円使用量を割引してもらえるそうです。

駐車料金は

  • 午前中8時から10時までは30分200円
  • 午後10時から翌日午前8時までは60分100円

という形になっています。

なので、午後10時から二時間ほどであれば、
割引と併用して実質無料で駐車場を利用できる
ということになりますね。

徒歩でもスヌーピー展の会場へアクセスし易い距離だと思いますので、お車でお越しの場合はぜひ活用してみてくださいね。

ちなみに会場までのアクセス距離はおよそ9分ぐらいになります。

詳細はこちらからどうぞ。

http://www.city.minato.tokyo.jp/koutsuuanzen/kankyo-machi/kotsu/chushajo/azabujuban.html

まとめ

それではスヌーピー展についてご紹介させていただきました。

現時点では混雑している期間もあるかもですが、なるべく平日を狙うのもいいでしょう。

また、開催期間の終わり頃を狙っても駆け込みで来場する方がいると思うので、なるべきギリギリに行かない方がオススメかもしれません。

ぜひ今回の機会に、スヌーピーの世界にどっぷりとハマってみてくださいね!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ