ネットに謎の囲碁棋士が現れたことで大きく有名になっていますね。なかなか目が離せないTGです。

かつて天才的な守護霊が登場する囲碁の漫画「ヒカルの碁」があった頃から十数年の歳月が過ぎましたが、あれほど神がかっている囲碁が現代に、しかもAIで実現されるとは一体誰が想像したでしょうか?

過去にはデクシやitumonというネット上で活動する棋士による活動が注目されたり、2016年末に現れたそれまで最強と呼ばれたAIである「Zenl 9L」を撃破したGod Movesなどが活躍するネット囲碁の世界。

そして今回最も話題になっているのが「master」。正体は果たして誰なのでしょうか?また、もしもAIであれば人工知能の開発者も非常に気になりますね。

スポンサーリンク

囲碁の棋士Masterの正体は誰?

謎のアカウント「Master」の正体を特定する様子が見られているものの、大手メディアでは扱われないのがなんとも悲しいです。

ネットの囲碁対戦ができるサイトは過去から沢山存在していますが、強力な人工知能をもったかのような超絶テクを持つ棋士が2016年末から一気に台頭してきているのが現状なんです!

参考までに、今まで登場してきた棋士の一部を紹介すると、

  • God Moves
  • 刑天
  • Master

などなど…。

その中でも、年始からもプロ棋士と対戦して勝利したことで話題になっている「Master」。

正体は果たして誰なのか?というのが今最も気になるところです。筆者的には、Masterの正体は大きく3つの説に分けられると思っています。(ありきたりですが…)

それは、

  • 人工知能説
  • プロの棋士説
  • 人工知能と人間が交代で打っている説

ですね。

人工知能説

これは最近のネット囲碁の世界でいちばん話題になっているやつですね。中の人=AI説だという話です。現在はネット囲碁対戦のできるサイト「野狐囲碁」での活動が最もアツいみたいです。

この話題は何も今に始まったことではなく、何年か前から話題になっている感じがあります。デクシというアカウントも話題になりましたし、結局AIなのか人なのか分からない、というのもあります。

ところがデクシの場合は圧倒的に考慮時間が少なく、「人間の打っている感じがしない」というのが大きな話題となっていました。

また、最近の囲碁の傾向として特に顕著なのがAIの急速な進化です。2016年当初に「AlphaGO」という囲碁のAIが誕生してからプロの棋士でもAIに歯が立たないという状況が幾度となく発生しています。

これは囲碁の世界ランキングサイト「Go Ratings」を見ても歴然ですね。

現時点でもAIが2位に食い込んじゃってます。

2017-01-04_073359

参考元: https://www.goratings.org/

製作者はデミス・ハサビスという超天才の技術者ですが、開発のバックアップはGoogleの開発チーム「DeepMind」が存在しているのだというので驚きですよね…。

現時点で正体が誰なのか?というのは全くもって不明ではあるものの、2016年は人間を超越したAI元年であることには間違いなさそうです。

スポンサーリンク

プロの棋士説

これも人工知能についで大きく取りざたにされていますよね。

過去に登場した強~いアカウントで「itumon」という人が存在していました。今もいらっしゃるかもですが、こちらは将棋では非常に有名なのではないかと思われます。

ツイッターのアカウントもありましたが、ツイートの情報から「平成生まれの、男性のプロ棋士なのではないか」という憶測が飛んだことでも大きく有名になりましたね。

今回のMasterに関してはツイッターなどもないため、AIの可能性は決して低くはない、というのはありますが…。

人工知能と人間が交代で打っている説

これも良く出てくる噂ですよね。

AIは人間と比べると局面的な対局を好む傾向にある、と言われていながら、最近囲碁のサイトを席巻している人工知能の打ち方をチェックしてみると、大胆かつ緻密な計算をしているような打ち方をしています。

たとえば最初の数手は全然関係ないようなところに、遊びながら打っているような感じがありますよね。

なので製作者側が、あたかも最初からAIが打っているように見せかけているようで、実際は途中でとっかえひっかえで囲碁を打って遊んでいるという可能性もありえそうです(恐ろしいですね…)。

まとめ

Masterの正体も、God Movesの正体も結局のところ不明ですが、強いということには変わりありません。

考慮時間と、綿密な戦略に基づいた進め方を見るとやはりAIのようにも思えますが、リアルヒカルの碁のような展開につい目を奪われてしまいますよね。なんともロマンに溢れているような感じがあります。

今後も正体が誰なのかチェックしつつ、Masterを超えるようなアカウントが現れるのかも見るのも面白いかもしれないです。

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ