2016-02-02_145815

入社式に臨むにあたって重要なものは多々ありますよね。スーツ、ネクタイ、ズボン、カバン……。そして、忘れてはならないものが、ズバリ、靴。

会社用となれば、ホワイトカラーでもブルーカラーでも、行き帰りは革靴がふつうでしょう。紳士服でも基本のスタイルは革靴です。安全靴もそうですが・・・。

しかし、革靴と言っても、どんなものを選べばいいのかが分からない、という人もたくさんいるのでは?

あまり普段ファッションに気を使わない人であれば、これは入社にあたっては、かなり悩みのタネにもなりかねません。

そこで、この記事においては、社会人向けの革靴について、色、デザイン、ブランド、見た目を重視しながら、オススメのものをご紹介して行きます。

下手に着こなすよりもまずは王道を行きましょう。上司からの好感度もアップです。

ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

新入社員にオススメの革靴の色やデザインは?

靴の色ですが、これはずばり黒の無難なものでいきましょう。ポイントは以下のとおり。

・黒色のものを選ぶ
・派手な装飾のない、シンプルで無難なものを選ぶ
・使いまわせるので長持ちするものを優先して選ぶ

なぜ無難なものがいいのかという理由をお話すると、すべてのシーンで万能に使えるものではあります。極めれば最もオシャレで清潔感のある王道のデザインでもあります。

そして、上に着るスーツは黒か黒に近いグレーというのが圧倒的に多いです。

ですから、バランス的にも靴の色は黒に限りますね。どんな服にも合わせやすいというのもあります。

2016-02-02_150650

もちろんなかには、スーツも靴も茶色といった人もいますが、普通の企業の新入社員であれば、ほとんどの人はスーツも黒を着て、靴も黒を履くでしょう。

華やかな業界であれば茶色のものもOKですが、基本的には黒でリーガルあたりのブランドを選んでおけば間違いありません。

そしてデザインですが、これは、常識的であるデザインのものにします。メダリオンやステッチ、ベルト(モンクストラップ)のついているものなどありますが、基本的にオススメなのが「プレーントゥのストレートチップ」です。

最も基本的なスタイルですが、スーツとよく合う靴といった感じなので十分です。

逆に靴選びでNGなのがスニーカーを履くことです。ビジネスマンであれば、スーツには基本的に革靴ですからね。

作業着であればまだ革靴ではなくてもいいですが、スニーカーでは黒色でもいけません。

デザインにはさまざまなものがありますが、常識と趣味を調和させ、もちろん、自分に向くかどうかも踏まえて選びましょう。

新入社員にオススメの革靴のブランドや見た目は無難がいい理由

さて、見た目にこだわるならブランド!

でも、革靴のブランドと言ってもたくさんありますよね。ではどんな革靴を選べばいいのか?

基本的にオススメなのは、「ストレートチップ、プレーントゥ」のものですね。

ストレートチップは靴べらの部分ですが、革靴としては定番のデザインと言われているものです。

また、黒のストレートチップであれば、フォーマルにも適したデザインですから、ビジネスはもちろんのこととして、冠婚葬祭に利用することもいいでしょう。

万能的に使える靴なので通常持っておいても全く損はありません。

無難という意見もありますが、むしろ無難が一番の王道。まじりっけのない率直なデザインはどんなシーンでも活躍します。

プレーントゥは、つま先に何もデザインがないというのが特徴。デザイン自体はややシンプルですが、どんなシーンでもかなり合わせやすい万能のデザインです。

<img class=
【REGAL】リーガル810RAL(ブラック)プレーントゥビジネスシューズ

見た目も主張しすぎていないのが特徴で、ビジネス以外の冠婚葬祭でも十分使える靴ですので1足は用意しておくといいです。

ウイングチップは、上のリーガルと比べれば、ややカジュアルなデザイン。ただしデザインが凝っているものが多いため、着合わせるのは難しめですね。

また、いくらデザインを極めていても清潔感がなければ印象はガタ落ちです。

くるぶしや足首までのソックスではなく、すねまで長さのあるハイソックスのほうがいいですし、見た目にも清潔感がありますよ。

靴磨きをできている社会人は意外と少ないので、小奇麗に磨いておいたプレーントゥのストレートチップを履いておくだけでかなりの好印象となるはずです。

まとめ

革靴と言っても、選び方なかなかあるものですよね。ビジネスの現場となるとなおさらです。常識の問題、趣味の問題、機能性の問題、見てくれの問題、値段の問題などなど……。

しかしながら、やはり、もっとも重要なのは相手に不快感を与えないものを選ぶといいでしょう。ビジネスはファッションで目を引くのではなく信用で目を引くものですから。

仮に自分が履きたいという靴があったとしても、その靴が社風に合わなかったり、あきらかにビジネスマンとしてふさわしくないような靴であれば、これはもう話になりません。

おしゃれなデザインの靴を履きこなして、なおかつ仕事もできれば素晴らしいでしょう。

が、まずは基本のスタイルを身につけてからでもそういうことをするのは遅くありません。

一番ノーマルなものはずっと使われ続けているスタイルである理由がありますし、調和もとれています。

中途半端に着崩したり差し色を入れてもそれは逆にセンスが悪いので控えたほうがいいでしょう。人間の目は顔に行きやすいですが、足元も案外、見られているものですからね

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ