2016-12-04_170207

今回はスケートの注目選手について。2016年の全日本フィギュアスケートジュニア選手権で優勝し、全日本選手権へエントリーされた坂本花織選手。

3シーズン前から、全日本選手権へエントリーしていますが、15位、6位、13位という結果でした。

今期は、ジュニアチャンピオンとしてのエントリー!今までの最高位6位を超える活躍が期待できそうですね。

そこで今回は、坂本花織選手の出身高校や家族についてまとめてみました!

Sponsored Links
Sponsored Links

坂本花織の出身高校はどこ?

2000年4月9日生まれの坂本花織選手は、現在16歳の高校1年生。

関西の学生でフィギュアスケーターと言えば、宮原知子選手や、高橋大輔選手、織田信成選手のように、関西大学所属の選手も多いですが、坂本花織選手は、神戸野田高等学校に通っています。

神戸野田高等学校は、フィギュアスケートで有名な選手などは、他には特にいないようです。なので大学は、環境の良い関西大学を目指すかもしれないですね。

今、坂本花織選手の所属は、神戸フィギュアスケートクラブです。

アイスダンスに転向した、村本哉中選手も所属していましたね。

日本には、通年営業しているスケートリンクが少なく、選手たちは練習場所の確保に苦労することが多いのですが、2013年兵庫県西宮市に通年型のスケートリンクがオープンしたためこちらで練習されているとのこと。

また、基本的に神戸フィギュアスケートクラブの選手は、「ひょうご西宮アイスアリーナ」で練習をしています。このリンクができたことも、今回の坂本花織選手の優勝の要因かもしれませんね。

2003年放送のNHK連続テレビ小説『てるてる家族』主人公(石原さとみ)の姉(紺野まひる)が、フィギュアスケートをやっているのに憧れて、スケートを始めたという坂本花織選手。

わずか3歳の時から、意思を持ってやってきたと言うのがすごいですね。

坂本花織選手も3姉妹という噂ですが、姉妹のフィギュアスケートの話はないので、家族の中で1人だけフィギュアスケートをやっているのかもしれません。

坂本花織のコーチは?

2016-12-04_164931

坂本花織選手のコーチは、中野園子コーチとグレアム充子コーチ。

お二人とも、神戸ポートアイランドスポーツセンター所属のコーチですね。

同じ門下生に、今期、グランプリシリーズで活躍した三原舞依選手がいます。

フィギュアスケートの今までの歴史を観てくると、いい選手が出てくると、同じ門下から追うようにまたいい選手が出てきます。切磋琢磨するのがいいのでしょうね。

坂本花織選手のキス&クライに帯同している中野園子コーチは、年齢を重ねた方に見えるので調べてみたら、1952年生まれ。

フィギュアスケートの戦績までは調べられませんでしたが、フィギュアスケート協会の理事をされている立派な方でした。

グレアム充子コーチは、外国の方?と思いましたが、言語は日本語とあるので、結婚されてグレアムさんになったのでしょうか?

戦績などは分かりませんが、熱心なコーチであることは間違いないでしょう。

評価が高いとされるジャンプの特徴は?

坂本花織選手自身も、一番自信があると言っているジャンプ。

今や、アクセル以外の5種類のトリプルジャンプを飛べると言うのは、日本のトップジュニアの間では当たり前になりつつありますが、トリプル-トリプルのコンビネーションが、しっかり飛べると言うのは大きいですね。

しかも、しっかりとGOE(出来栄え)点の取れるジャンプが飛べるので、強みだと思います。

今期のFPは、得点が大きくなる後半のジャンプを2本しか入れていないので、もう少し、後半にジャンプを飛べるようになれば、得点ももっと伸びるでしょうし、これからも期待できる選手です。

まとめ

坂本花織選手は、底力のある選手と言うのは間違いありません。

上位に強い選手が何人もいるので、全日本の表彰台に立つ!と言うのは、なかなか厳しいでしょうが、全日本でしっかりと成績を残し、世界ジュニアフィギュアスケート選手権の代表に選ばれて活躍してほしいですね!

応援しています!ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ