2016-08-26_000644

寒い季節は風邪……感染症などが流行しやすい季節です。

その中の1つ「RSウィルス」をご存知でしょうか?

感染力が高く、
乳幼児がよくかかるものと認識されていることが多いです。

免疫があることが多いだけで、
大人もかかる可能性はゼロではありません。

そして今年2016年は
RSウィルスの流行が早い」
と言われているのです。

すでに感染したという方も多く、
まだ大丈夫と油断していては危険ですね。

今回はこの「RSウィルス」について、
流行時期や潜伏期間、予防方法などをまとめています。

インフルエンザなどと比べ、
RSウィルスは知名度も低いです。

が、知名度は低かろうが感染してしまうと地味に大変な病気でもあります。

今の間に細かい情報を手に入れて、
かからないように対策して予防していきましょう!

スポンサーリンク

2016年、RSウィルスの流行時期は?

RSウィルスは、通常秋から冬にかけて流行します。

そして、

特効薬がなく、かかったあとの対処より
予防を中心に気をつけたほうが良いウィルスなのです。

RSウィルスは特徴があり、乳幼児に感染しやすいというとくちょうがあります。

「乳幼児にかかりやすい」との言葉通り、
「生後1歳までに半数、2歳になる頃にはほぼ100%の乳幼児が一度は感染する」
とまで言われています。

そのため低出生体重児など注意が必要な子どもに対しては、
毎月予防接種が行われています。

そのくらいかかりやすいウィルスだと
思っておいたほうが良いのですね……。

そんなRSウィルスが、今年はすでに
流行の兆しを見せているという情報があります。

秋からと油断せず、

今すぐにでも注意していったほうが良いのです。

「早く流行が始まったからには早く終わるんじゃ?」

……残念ながら、こんなこともおそらくないですよね。

今年は、より長期間の警戒が必要になっているのです。

RSウィルスの潜伏期間、症状は?

RSウィルスの潜伏期間は「2日から8日」です。

インフルエンザが一週間程度の潜伏期間があるのに対し、長めなので症状も風邪と誤ることが多いのだそう。

2日ならともかく、1週間も経ってしまうと
分からなくなってしまいそうですね。

また、

RSウィルスは、
「接触感染」「飛沫感染」によりうつっていきます。

人混みへ行ったあとなどにかかりやすいのも、
これが原因なのです…。

RSウィルスに感染し発症すると、
まず最初に高熱と鼻水が出てきます。

多くの場合はこの症状が数日続き、自然に治ります。

しかし

抵抗力の低い乳幼児やお年寄りは

重症化してしまう可能性もあります。

  • ひどい咳が続く
  • ぜーぜー言い出す
  • 呼吸が困難になる

重症化するとこのような症状が起こり、
場合によっては細気管支炎や肺炎を呼び起こしてしまいます。

また乳幼児がかかった場合、
中耳炎も引き起こすことが多いです。

例え熱がなかったとしても呼吸器系の症状が出ている場合、
医療機関の受診をオススメします。

RSウィルスの感染源は?

先程もお話した通り、

おもに「接触感染」「飛沫感染」によりうつります。

「接触感染」とは直接ウィルスに触れること、
「飛沫感染」はせきやくしゃみによって飛散したウィルスを吸い込むことです。

「せきやくしゃみはともかく、
直接ウィルスに触れることなんてそうそうない」

……そう思われるかもしれません。

しかし例えばウィルスを持っている人が鼻をかみ、
その手で駅の手すりなどを持っていたら?

ただ街中ですれ違っただけだとしても、
そうやってウィルスがついた衣服に偶然触れていたら?

嫌な仮定ばかりお話しましたが、
RSウィルスは47時間は残っているとも言われます。

油断していては足元を掬われることもありそうですよね。

さらに言うと、RSウィルスは完治したと思っていても
症状が消えた後13週間は人にうつす可能性がある
と言われています。

また「一度かかったからもうかからない」ということもなく、
繰り返しかかることにより免疫が作られるウィルスです。

感染力が非常に強いため、
免疫が出来ている大人もかかる可能性はあります。

特にお年寄りの場合、
免疫力の低下も心配ですよね。

一度かかったからといって安心していては危険なのです。

RSウィルスの予防方法

RSウィルスについて症状や感染源が分かったので、
今度はそれを予防していく方法を考えましょう。

先ほどお話した通り、免疫力が低い特定の条件を満たした
乳幼児は予防接種が可能です。

通院時にお医者さんからお話があると思いますので、
必ず受けるようにしてください。

通常の場合は予防接種もありませんので、
感染源を断つことが一番の予防になります。

先ほどお話したとおり、「接触感染」「飛沫感染」が原因なので、
これを防いでいきましょう。

小さな乳児、とくに6ヶ月未満の乳児がいる場合、
まず人混みを避けるようにしていきましょう。

外出後、持って行ったおしゃぶりやおもちゃなども
消毒しておいたほうが安心です。

必ず消毒用のアルコールは常備しておいて、外出先から帰ったときには必ず使い、接触感染を起こしそうな家の中のドアノブやスイッチを拭いましょう。

大人の場合でも、接触して最も感染しやすい場所は「手」です。

やっぱり手洗いは大切なので薬用ハンドソープも用意しておくといいですね。

オススメは爪の間も楽に洗えるフォームタイプのものです。

ぱっと水洗いするだけではなく、
石鹸を使って手首や爪の間もしっかり洗っておきましょう。

RSウィルスを予防!手洗いの方法は?

RSウィルスは手洗い予防で感染を最大限防ぐことが出来ます。

そのためには何が大事かというと

「手洗い」

ですね。

石鹸の効果を最大限に発揮するには手洗いを正しく行うことが重要で、これをやるだけでも感染をほぼ防げるといっても過言ではありません。

手洗いの手順としては

  1. 手を水で濡らして10秒間こする
  2. 石鹸をつけて指先、指の間、爪の間を洗う
  3. 指の間、手首のつけ根、手のひらを10秒以上かけて洗う
  4. 清潔なタオルでしっかりと拭く

この手順で行いましょう。

もっともポイントなのは、いちばん始めに手をしっかりと濡らしておくことです。

これにより手の汚れを落とす準備が整い、
汚れを浮かせて石鹸で落としやすくします。

ふき取りに使うタオルも常に乾いたものが望ましいですね。拭きすぎてすでに湿気っているタオルはむしろウィルスの温床となっていますので…。

また、ウィルスを吸い込むことを避けるため、
マスクを着用するのも効果的です。

大人は基本的には免疫が出来ています。

ウィルスに負けない身体を作っておけば、
そう簡単にかかることはありません。

が、油断をすれば抵抗力のある大人でも、学校帰りから帰ってきた子どもからウィルスをもらってしまう可能性があります。

規則正しい生活、バランスの取れた食事を心がけましょう。

睡眠不足は、思った以上に身体の調子を崩します。

言っていて、私も耳が痛いですが…。

夜はきちんと寝て、ウィルスに負けない身体を作っていきましょう!

まとめ

RSウィルスについては、
感染力の高さの割にはその名前が広まっていません。

  • 乳幼児の頃に大体かかってしまうこと、
  • 大人がかかった場合は免疫があり比較的軽症で済む

などで、警戒している方があまりいないのはあるかもしれませんね。

冬場に「ちょっと呼吸器の調子が悪いな」と思っても、
私達はまず風邪だと判断しちゃいますよね。

ですから「ウィルスを所持している人と接触しない」
だけで大丈夫と思っていては危険なのです。

誰もがかかるものではありますが、
抵抗力の低い乳児期はやっぱり避けておきたいですよね。

人混みを避ける、こまめな手洗い・消毒をする

これで、ある程度は防げます。

まずはかからないように気をつけていきましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ