2016-12-02_102636

お正月と言えば、お餅をたくさん食べる季節ですよね!

最近は近所でお餅つきをしてその場で食べる……なんて機会も減りましたが、そういう機会があればお餅が完成するたびにひとつぺろっと食べてしまってたりします。

市販のお餅を食べる場合も、ひとつひとつは小さいのでつい2つ3つ同時に焼いて食べてしまったり……。

「正月太り」なんてことも言われますが、やっぱりこのお餅のカロリーも大分関わっているのでしょうか?

でもこの季節くらい、お餅を美味しく食べたいもの……悩みますね。

そんな気になるお餅のカロリーや、どう食べれば美味しいのか、またカロリーを控えめにできるのかなどを見ていきましょう!

スポンサーリンク

お餅のカロリーってどのくらい?

お餅はもち米をついて作りますよね。

ですからご飯とそんなに変わらない気もしますが……お餅のカロリーは以下のようになっています。

  • 100g当たり234kcal

これじゃちょっと分かりにくいので、よくある市販品で見てみましょう。

  • 切り餅1個(長方形タイプのお餅)……116kcal
  • 丸餅1個(小さい丸型タイプのお餅)……83kcal

ちなみにご飯を普通の量(150g)盛った際のカロリーは「250kcal」程度です。

あ、あれ……

思ったよりカロリー控えめじゃないですか?

お餅は食べるのもご飯よりしっかり噛まなければなりませんし、腹持ちもとても良いです。

切り餅2個とご飯1杯で考えると、ほんの少しですがお餅のほうがカロリーが低いし良いのでは……と思うところに落とし穴があります。

 

お餅は最初にお話した通り、ついついたくさん食べすぎてしまうんですよね。

また食べ方も砂糖醤油と絡めたりきなこを絡めたりと、お餅以外のカロリーも高いんです。

何も考えずに食べていると、やっぱりカロリーオーバーは避けられないでしょう。

でもお餅自体のカロリーはそこまで高くないのも事実です。

つまり「食べ方を考えればある程度は美味しくお餅を食べても問題ない」とも言えるのではないでしょうか!

 

お餅のオススメな食べ方!

2016-12-02_103141

お餅は砂糖醤油で絡めたり、砂糖を混ぜたきなこを絡めたりして食べる方が多いと思います。

また、ぜんざいに入れるのも冬場の楽しみですよね……私も大好きです。

でもやっぱり、カロリーの面から見るとこのあたりの食べ方は明らかにカロリーオーバーしやすいものです。

絶対食べないなんてことはしたくないですが、回数は減らしたほうが安全かもしれませんね。

 

「カロリーは取りたくないけれどお餅は美味しく食べたい!」

 

そんな方には、大根おろしを和えて食べることをオススメします!

やり方も簡単で、焼いたお餅に大根おろしとポン酢または醤油をかければおしまいです。

お好みでネギやかいわれ大根などを加えても美味しくなります。

大根おろしは食物繊維が豊富で、

腸内環境の改善にも役立ちます。

また殺菌効果や免疫力向上効果もあるので、風邪などを引きやすい冬にぜひ食べたい野菜なのです。

もし今まで大根おろしを和えて食べたことがないという方も、ぜひ一度試してみてください。

甘いお餅とは違う、やみつきになりそうな美味しさでおすすめですよ!

レンジを有効活用する方法とアレンジレシピ

2016-12-02_103816

お餅は食べるのも簡単ですが、ただレンジで温めるとお皿に貼り付いてしまったりしますよね。

実はこれ、簡単に解決する方法があるんです。

やり方は簡単で、深めの耐熱皿にお餅を重ならないように並べ、お水をひたひたになる程度に入れます。

ふんわりラップをしてレンジで1~2分加熱するだけで、つきたてのお餅のようにしっとりとした柔らかいお餅になります!

「え、そんな簡単な方法で」と思われるかもしれませんが、本当にこれだけで美味しく柔らかくなります。

また、市販品でもお餅がつきにくいレンジ調理器具などが販売されています。

曙産業 レンジモチアミ re-171
(引用:https://www.amazon.co.jp/)

こちらの場合は最初に水をくぐらせ、この上に乗せてレンジでチンするだけで完成なので更に簡単です!

膨らんだあと時間を置いてしまうとさすがにくっついてしまうので、出来上がったら出来るだけ早くお餅を取って醤油などにつけるのがポイントです。

先程の大根おろしの場合はレンジでチンしている間に大根をすりおろせばすぐに食べられたりと本当にお手軽になるので、ぜひ試してみてくださいね!

激ウマレシピ!レンジでつくるきなこ餅

2016-12-02_102846

砂糖の入れすぎはカロリーも糖分も気になるところですが、やっぱりきなこ餅は子どもから大人まで大好きですよね!

レンジを使えばたった数分で美味しいきなこ餅が作れるんです。

方法はレンジでお餅を柔らかくし、その間にきなこと砂糖を混ぜておいたものを和えるだけです!

パンを焼くのと同じ程度の時間で美味しい朝ごはんにもなります。

砂糖さえ入れすぎなければ、きなこもタンパク質が豊富な身体に良い食べ物です。

忙しい朝から子どものおやつタイムまで、幅広く活躍してくれる激ウマレシピですね!

激ウマレシピ!レンジでつくるお餅ヨーグルト

2016-12-02_102927

こちらも簡単、柔らかくしたお餅にヨーグルト大さじ3、あとはいちごやみかんなどお好みのフルーツを乗せ、ジャムやマーマレードをかけるだけです。

お子様にはこのまま、大人にはほんのちょっとリキュール酒をたらしても美味しいですね。

小さな子どもはこういう華やかなデザートが大好きです。

ジャムをかけすぎなければカロリーも気にせず食べられますので、冬のスイーツとしてオススメです!

まとめ

何度かお話していますがお餅単体のカロリーは低く、問題は食べ過ぎや食べ方です。

「お正月のお餅はいくつでも食べられる」など言って、気がつけば5個や6個食べている方も見かけます。

切り餅6個だとすると696kcal……数字にすると恐ろしいですね!

食べやすく美味しいのでついたくさん食べてしまいがちですが、お餅の食べ過ぎにはくれぐれも注意してくださいね!

大根おろしで食べる方法など低カロリーで美味しく食べる方法もたくさんあります。

もちろんたまには美味しく砂糖醤油で食べるのも冬の楽しみですから、その日の食事などと合わせてバランスよく食べるように注意しておきましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ