2016-09-14_164351

こんにちは。TGです。

ゲームハードとして優秀なSONYのPS4。

PS3からの進化は非常に目覚ましいものとなりましたが、今回PS4は新たに新モデルのProと、各PSでは伝統になりつつある薄型モデルの販売をスタートすることとなりました。

薄型モデルは9月15日に販売、Proは2016年内に販売される見通しですが、「PS4買おうと思ったけど3種類あるからどれを選べばいいかわからない」という事も感じられていると思います。

今回は、各種PS4の機能や性能の違いなどを中心に比較していきますね。

スポンサーリンク

PS4新型モデル2つと現行。3つの機種の違いは?

PS4新型モデルは2つあるので、

  • 現行モデル
  • 新型のPro
  • 新型の薄いやつ

といった形で、大きく3つのラインナップに別れることになりました。

PS4Proの性能や機能の特徴は?

PS3はその名の通り、最も高い性能を持つハイエンド機になります。

イメージとしてはMacBookのProがPS4Pro、MacBookAirが現行という感じでしょうか。

Proの大まかな特徴は以下のとおり。

  • 1TBのHDDを標準装備
  • 4KとHDR映像に対応
  • ヘッドマウントディスプレー対応

という形で、現行よりもグラフィック面で大幅な改善が加えられたモデルになります。

PS4薄型モデルの機能や特徴は?

こちらは、現行のPS4と同じ性能であり、
大きな特徴としては外見の薄型化のみです。

HDDの容量は500GBと1TBを選べ、
容量の面においてはProなどと
変わらないということになります。

PS4はどれが買いなの?

ここまでPS4の種類について解説していきましたが、

「結局どれを買えばいいのさ?」

という意見があると思います。

筆者も実際、どの機種が1番オススメなのか、というのは実機をもっていないため気になっています。

来年にはドラクエ11もPS4で販売されるわけですし、まだ手に入れていない人には気になる情報ですよね。

機種の選び方は仕様の違いもありますが
現時点でPS4を持っていないユーザーであれば
薄型でコンパクトなCUH-2000をオススメします。

これであれば基本的なスペックは現行版と同じですし、なによりコンパクトなので場所をとることもありません。

現時点でPS3の薄くないやつを筆者は所持していますが、寸法を当たらずとも見た目の薄さが際立っています。

縦に置くこともできるため、
ゲームと一緒に並べるような用途として
テレビの棚にも簡単に収まると思います。

また、ハイエンドユーザーであればPS4Pro一択でしょう。

HDDは標準で1TBですし、
グラフィックもキレイなので
ゲームの映像が映えます。

とはいえ大きな違いは最初に購入した時点では分かりにくいので、Proを選択肢にする際には

  • 高画質で4K、HDR画像を楽しみたい場合
  • DLC版のハードをガンガンプレイしたい場合
  • すでにPS4を持っている場合

これらにあてはまるのであればPS4Pro、
そうでなければ薄型のものを選ぶ
というのがオススメかなと思います。

下記の画像をクリックすると予約/購入がアマゾンよりできます。

まとめ

今回違いについて紹介をしていきましたが、新しいゲーム機を買う時って迷いますよね。

今までPS3をプレイしていて、あまりハードにやりこんでいないユーザーであれば薄型だろうとProだろうとどちらを選んでも「なにこれ…めっちゃキレイやん」となると思います。

薄型や現行であっても
HDMI端子を使えば
若干画質は向上しますしね。

また、個人的な安く手に入れたい、PS4ゲームがプレイできればそれでいい、という場合にはオークションなどで現行PS4を探すのも選択肢の1つかなと思います。

自分のニーズにあったものを選んでいきましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ