2016-11-11_232813

どうも。TGです。

昔は親にクリスマスプレゼントの配達依頼をしていましたね。ちゃんと夜に置きにきて!とか言って。

今考えるとちょっと笑える思い出に感じたりします!

さて、

今回は子供のために用意したプレゼントを、事前のネタバレ無しに、当日の夜まで隠しておく方法を紹介します。

これらの方法ならまず、当日まで気づかれることもありません、お子さんも好奇心MAXであちこち探すと思いますが、見つからない…。

そんな見つかるか見つからないかの瀬戸際をお子さんと楽しむこともできます。ぜひ今回の方法をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ものすごい勢いでプレゼントを探す子供

プレゼント、用意したはいいものの、

「プレゼントどこにあるの~?」

と、探りを入れてくる子供。

その好奇心、悪くはありませんが楽しみは最後までとっておいたほうがいいというものです。

当日までガマンしてこそのプレゼントだと思いますし、先に渡してしまってはちょっと楽しめないというか、満足感も下がってしまうのでは、と筆者的には思います。

そしてもう一つの欠点が…。

それは、

「早い時期にクリスマスプレゼントを見つけちゃうと冬休みが明ける前に飽きる」

という点です。

つい子供に押されて早めにあげちゃいたくなりますが、これではプレゼントを買った意味がやはり薄れるので、なんとしても見つけてほしくないわけですね。

もしかしたら、記事を読まれている親御さんもそう思われているかもしれません。

筆者、姉の家族の子供にプレゼントを用意したのですが、これがなんと!探すんですよ~。

2016-11-11_232906

あれは去年のことでした。

私がプレゼントの箱を部屋で保管していたら、いきなり来て

「○○(私の名前)、なにしてるのー?」

と聞いてきたんです。

学年的には小学校低学年なのでそこまで何も考えていなかったようですが、本能的に気になったみたいで…。

その時は姉の住んでいる家で隠蔽作業をしていたのですが、まさかプレゼントを隠しているとこを見られるとは想定外でした。

プレゼントの隠し場所選定!まずはプレゼントのサイズをチェック

なので、今年はちょっと隠し場所のこだわりたいというのが正直な感想です。

あとは、隠す時には子供が居ない時ですね。

そして…。

プレゼントの探し場所を決める時には
プレゼントの大きさによっても
ある程度隠す方法が決まるんです。

そこで、

  • 大型のプレゼント
  • 中ぐらいのプレゼント
  • 小さいプレゼント

という順番で、隠したほうがいいポイントなどをシェアしますね。

大型のプレゼント

自転車やドレッサー、スケボーなどの大きなものは、存在自体を消すのが難しいですよね。

基本的に家の中で隠すことは難しいので、屋外や子供の行動範囲外である別スペースが必要になります。

中ぐらいのプレゼント

ゲーム機やプラレール、1/10スケールぐらいのラジコンですね。

こちらについても隠し場所を誤ると、かなりの確率で見つかってしまいます。

小さいプレゼント

子供のプレゼントでは意外と少ないでしょうか?

小さめのプレゼントよりかは、箱の大きいものがメインになるような気がします。

しかし、隠すにはうってつけですよね。

物によってはコッソリ忍ばせておくこともできますし、小さいものを子供が希望してきた場合はチャンスです。

けっこう意外?子供の裏をかくプレゼントの隠し場所

プレゼントの隠し場所を決める時には、

「子供の特性」を見極める必要があります。

たとえば子供の身体的特徴や行動パターンですよね。

  • 体が小さい
  • 高いところには目が届かない
  • 運動量には限界がある
  • 行動範囲が限られている
  • そこまで細かく裏を読めない

といったことがあると思います。

体が小さいので、平面上はちょこまかと動きますが、高低差には弱いので高い場所は必然的に探されづらくなります。

また、そこまで重たいものを
運べるわけではないです。

何かをどかさなければいけない、しかもそれが重たいといった場合にも探すのを諦めることもあるでしょう。

他にも学校や友達の家など、特定の行動範囲しか持たない点もあります。時々鋭いこともあるかもしれませんが、基本的には子供。親が本気を出せば子供も見当のつきようがないでしょう。

お子さんが

「プレゼントどこ?」

と聞いたら

「え~知らないなぁ、なんなら探してみればぁ~?」

みたいに子供にふっかけて、ニヤニヤして楽しむのもなかなかおもしろいのではないのでしょうか?子供もワクワクすると思います。

じゃあ、隠すのに適した場所は果たしてどこになるのか?

基本的には、

  • 屋根裏
  • 職場のロッカー
  • 鍵のかかる箱や戸棚
  • 車のトランク
  • 高い所
  • 実家の部屋
  • 鍵付きのRVボックス

などを使うことがオススメですよ。

では、順番に紹介していきますね。

屋根裏

家の構造によってはありますよね。

定番かもしれませんが、効果は絶大です。

屋根裏はドアを開けるためには操作が必要だったり、高くて危ないので普段から立ち入ることを禁止されているので寄り付きにくいです。

2016-11-11_233146

また、同じくだりでロフトなども有効ですね。

むろん、子供がいる時に怪しい作業をしていると感づかれるので、子供が遊びに行っている時や夜中に作業するようにしましょう。

職場のロッカー

ここはまず基本的に子供がこれません。子供自身もまったく見当がつきませんよね。

職場のロッカーが大きければ中ぐらいのプレゼントでも収納できると思いますし、しまえるのであれば活用しない手はないでしょう。

鍵のかかる戸棚など

こちらもオススメですね。

2016-11-11_233553

鍵のかかる戸棚、というと大層に聞こえるかもですが、事務用の机や書庫、屋外の倉庫などしまえるスペースがあればどんどん活用しましょう。

ただ、ものの大きさによっては収納しきれない事もあります。

プレゼントの外装も汚れてしまう事があるので、別の紙袋や新聞紙に包んだ状態で収納しておきましょうね。

車のトランク

こちらもオススメです!

お子さんが普段トランクで遊んでいなければ狙い目ですね。

2016-11-11_233223

RVやミニバンの車では、スモークが貼っていないとプレゼントの場所が特定されてしまうので注意しましょう。

セダンであれば隠す場所としては最高です。

ただ、先程も書いたとおりお子さんが普段から車のトランクに入って遊ぶことが好きな場合は隠し場所として不適です。

高いところ

こちらは鉄板ですが、地味に効果的です。

2016-11-11_233301

子供は脚立などを使わない限り場所を特定できませんし、身長も低いのでそもそも気づくことがまれです。

ただ、一番注意すべきは隠すとき。ここで怪しい行動を子供に見られてしまうと作戦失敗です。最新の注意をはらいましょう。

実家の空き部屋

実家ぐらしではない場合は特にオススメです!

空き部屋を活用することで、まず見つかりません。

1階であれば自転車など大型のものでも隠せることがあるので、実家の協力を仰ぎましょう。

ついでにプレゼントの代金も調達できるといいですね←

鍵付きのRVボックス

これは車が1BOXなどの場合にトランクで隠す場合や、隠し場所に適当なところがなく、クローゼットなどに保管せざるを得ないときに使えます。

 

カモフラージュのために「大掃除の道具入れ」や「工具入れ」とか書いたガムテープを貼っておけば完璧でしょう。

また、その後も本来の収納具として使うこともできるため、オススメです。

まとめ

プレゼントの隠し場所でここまで記事を書くとは思いませんでした。

でも…せっかく用意したプレゼント、その包みをあけてもらうまでのワクワク感や喜びをセーブしておきたいものですよね。

先にネタバレを要求してくるお子さんには特に有効なので、ぜひぜひ今回のやり方、参考にしてみてください。

さて、筆者もプレゼント隠しを今年も始めるとします。よいクリスマスを!

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ