緊張に効くという市販の薬の代表でもある全薬工業のアロパノール。

その効果は一定の評価があり、医師の処方もいらず気軽に使用できると話題です。また、錠剤タイプではなく内服液という液体のタイプでは水なしでそのまま服用できることから非常に重宝されているようですね。

そんなアロパノール内服液や錠剤ですが、取り扱っている(売ってる)お店を紹介したいと思います。一部取り扱いしている店舗もあるようですが、基本的には身近な店舗で販売しているみたいですので何かあった際の対策として用意しておきたいものですね。では、売ってるお店や種類ごとの価格を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

アロパノールの売ってるお店や場所は?

そんなアロパノールというお薬ですが、成分は漢方由来のもので「抑肝散」というものを配合しています。

抑肝散には高ぶった気分を穏やかにする効果があり、イライラ・不安・緊張などに優しく効いてくれるのだそうです。効果についてはまずまずのようですが、副作用などは大丈夫なのでしょうか?

関連記事 → アロパノールの副作用!漢方って本当に大丈夫?

そんな現代社会のストレスのために現れた救世主のようなアロパノールですが、入手のしやすさも気になるところですよね。では、売ってるお店や場所はどこなのでしょうか?

2015-04-09_065939

アロパノールの売ってるお店(場所)は主に2箇所

アロパノールは、薬品でいうと第二類の医薬品に属します。なので薬剤師による管理が必要ですので薬局での販売がメインとなっています。コンビニでも取り扱っているお店は一部あるようですが、薬局と合体しているような場所で限定的に扱われているので、コンビニはメインの売ってる場所とは言いづらいですね。

また、オンラインではアマゾンでの購入がおすすめです。特にアマゾンなんかはセールを時々することがあるので、実際の定価よりもずっと安い価格で入手できる場合があるからですね。

  • アロパノールの売ってるお店(場所)まとめ

・オフラインでは薬局など薬剤師がいるお店

・オンラインではアマゾンなどの大型通販サイト

では、気になるアロパノールの価格はおいくらでしょうか?

アロパノールの価格はおいくら?

アロパノールの価格について紹介します。

アマゾンでの参考価格となりますが、錠剤タイプの価格は2990円になります。また、すぐに飲める内服液タイプのものは1500円となっています。

参考URL → アマゾンでアロパノールを検索してみる

内服液タイプは服用してからの効きが速いため、価格も高めに設定してあるようです。3本セットが1500円なので 1本の価格は500円です。

2015-04-09_063620

また、錠剤タイプは突発的な緊張というよりかは慢性的なものに対する効果を発揮するそうなので長く服用するのに向いているでしょう。147錠入りが2990円だとすると、1回の服用で成人は7錠飲むので21回服用できる計算になります。となると服用1回あたりの価格は142円ぐらいですね。

2015-04-09_063651

まとめ

ということで、アロパノールの売ってるお店や場所の紹介でした。

薬の分類的には薬局でも扱える第二類医薬品ということなので、薬局など身近なお店で売ってるのが便利ですね。また、アマゾンでも取り扱いしている製品なので時々アマゾンの行うセールなどで普段よりも安い価格で購入できるかもしれないので、その辺りについてもアンテナを張っておいたほうがいいでしょう。

抑肝散という漢方由来のお薬を配合しているアロパノールは化学薬品のような強い副作用に悩まされることもないでしょうから、緊張するイベントが多い時期には重宝しそうなアイテムですね。現代社会のストレスと戦う日本人にとって心強い味方となるアロパノールの紹介でした。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ