お花見で欠かせないものの一つ、食べ物がありますね。

食べ物の量の決め方は結構難しいんです。なぜかと言うと、自分の食べる量ならともかく、他人の食べる量ってあんまり気にしない場合が多いからです。それに、食べ物の量を誤ってしまって余りが出てしまうと非常に勿体無いんです。お花見では用意する食べ物の量はちょっと工夫する必要があります。

そういった事にならないためにも、食べ物の量は意識して考えたいものです。準備方法や段取りの仕方について説明していきますので、ぜひとも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

食べ物の量や種類の決め方は?

お花見といえば日本の定番行事ですが、食べ物があるともっと盛り上がるものです。

その中でも人気の食べ物をピックアップしてみると・・・。

10位 お寿司

9位 バーベキュー

8位 スナック・お菓子類

7位 おつまみ系のもの

6位 たこ焼き、焼きそばなど屋台の食べ物

5位 焼き鳥や串焼き

4位 唐揚げやフライドポテトなどの揚げ物

3位 市販のお花見弁当

2位 手作りのお花見弁当

1位 おにぎり

 

このようにランク付けされています。やっぱり日本人ですから、おにぎりは堂々の1位にランクインしていますね。ランキングを見ても分かるように、お花見だからといって特別良い食べ物が食べたい!というわけではなく気軽に食べられる食べ物のほうが好まれる傾向にあるみたいですね。また、上記の定番の食べ物以外にもお団子が好まれる傾向にあるみたいです。やっぱり「花より団子」というのはあながち間違いではないみたいですね!

2015-03-16_145554

食べ物の量の決め方は?

また、お弁当を作る場合や出来合いのお弁当を買うかによっても異なってくるお弁当の量ですが「人数×2」で考えていけば一番わかり易いと思います。

おにぎりやサンドイッチであれば、1人で2個。そのお弁当箱に合うサイズと同じ量のおかずを作れば丁度いい量となるでしょう。それから、コツとして「食べ物の量は少なめに用意する」という所は意外と重要だったりします。

お花見の際に用意する食べ物の量が多すぎると残してしまったりして勿体無いですが、ここは少なめに用意しておいたほうが帰るときの負担が減りますからね。もしも量が少なかった場合でも、最寄りのコンビニやお花見会場の屋台を利用すれば問題ありません。買い足して量を調節するほうが楽しみも増えていいのではないのでしょうか?

  • ポイント・・・お花見の食べ物の量の決め方

・用意するお弁当は、人数に対して少なめに用意する

・おにぎりなどの量は一人2個程度にしておく

食べ物の準備方法は?

お花見は大人数で行くことが多いと思います。家族や大勢のグループで行くことが多いと思いますので、準備方法はその状況に応じて段取りしていきたいものですね。

大人数になればなるほど、食べ物の準備方法は手作り用のお弁当箱を沢山用意しなければなりませんし、2段・3段と積める重箱タイプのお弁当箱はかなり役に立つと思いますよ。

2015-03-16_145821
参考元:item.rakuten.co.jp/hikidemono/38-0326/

他にも、テイクアウトでお弁当を用意するという手もあります。デパ地下やスーパーなどで花見弁当などが期間限定で売り出されている場合もありますし、普段と違った食事をしたかったり食べ物を用意する手間を省きたい!という場合には完成しているお弁当などを用意するのも有効な手段でしょう。

その他のおすすめとしては、やっぱり屋台ですよね。お花見の会場によっては屋台が出店されている場合もあるので、ぜひ活用してみるのも楽しみの一つとしてアリなのではないかと思います!

  • ポイント・・・食べ物の準備方法

・お弁当を手作りする場合は、人数が多い場合重箱タイプのものを利用する

・手間を掛けたくない場合は出来合いのお弁当を買ったり、お花見会場の屋台で別途用意する

まとめ

では、お花見に欠かせない食べ物の準備方法や食べ物の量の決め方、段取りの方法についてでした!幹事さんは食べ物についてもアレコレ考えなければいけないと思いますが、簡単に用意する考え方だけでも知っておくとアレコレ忙しくならずに済みます。最小限の手間で最大限の楽をしましょう!

また、お花見で人気のランキングを見ても分かるように、手作りで用意するおにぎりのようなもの以外にも屋台で売られている食べ物が上位にランクインしていることから、手作りで作るお弁当はシンプルなものにしておいて残りは屋台で買ってくるというのも有効な手段だと思います。

まずは「楽しむ」ということを念頭において考えてみると、意外な発見があるかもしれないですよ!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ