愛知県新城市にある、桜淵公園のお花見に行ってみませんか?

「三河の嵐山」と呼ばれる程に多くの桜が咲き乱れる桜淵公園は、東海地方で桜が楽しめる穴場として有名です。実際お花見へ行く時に時気になるのが、車でアクセスする場合の駐車場の状況ですね。また現地は若干交通の便が悪いので、混雑を回避できる車のアクセス方法についてもお伝えします。電車でのアクセス方法も紹介していきますので、ぜひご覧ください!

2015-02-03_235730

桜淵公園の桜はいつが見頃?

やはり桜は自然の植物ですから、開花する時期は年によって異なってくるものです。直近の開花情報についてはこちらのサイトで確認できるのでぜひご覧になってみてください。

また、同時期に桜淵公園で開催される、お花見のイベント期間などについても忘れずチェックしておきたい所です。

関連記事→ 新城桜淵公園で開催される、2015年のイベント情報や開催期間まとめ

ちなみに、例年の開花情報は というと2014年は4月11日あたりが見頃、2013年は3月30日あたりが見頃だったようです。下の画像を参考にしてみてください。

2014年4月4日の桜淵公園の開花状況

2015-02-03_105128

まだ蕾のままの桜も多く、冷えた感じの見た目になっています。

2013年3月30日の開花状況

2015-02-03_105050

この画像はほぼ同じ位置で撮影したものなのですがどうでしょう?年によって満開になる日にちも咲き方も全然違います。

桜は1週間程度しか満開の時期がないので判断が難しいですが、3月末の週で雨が降る天気予報の場合は気温が冷えて開花が遅れるようです。

逆に、天気のいい日が続くと開花の時期が早まるので「開花時期の週間天気予報」をこまめにチェックするのが開花情報を知るキッカケになりそうですね。

車や電車の交通手段別アクセス方法は?駐車場情報も!

新城桜淵公園へは、交通手段が電車でも車でもアクセスしやすいようになっています。

しかし電車で行く場合の桜淵公園の最寄り駅や、車でアクセスした場合の駐車場の情報が桜の名所なのに意外と少ないんですよね。

実際に行った場合の駐車場などの位置情報や混雑回避のためのルートもお伝えしますので、是非チェックしてみてください。

2015-02-03_235730

1.車でアクセスする場合は?混雑回避の方法も紹介

車でアクセスする場合に一番最初にカーナビで案内されるのが、国道151号線を経由していく方法です。この行き方でももちろんアクセスできますが、いささか信号の数も多く少し交通の便が悪いです。

ですので、混雑を回避する場合には国道151号線の真南にある県道69号線を経由したルートのほうが圧倒的に早>到着します。地元民しか知らない抜け道です。地図ではこんな感じ。

アクセス地図

近傍の東名高速道路を経由した場合だと、豊川インターで降りることになると思いますがこの際はこういったルートですぐに県道69号線に入って車を走らせましょう!

車でアクセスした場合、駐車場はどこにある?

ちなみに、桜淵公園は車でのアクセスも考慮して多くの駐車場を近隣に完備しています。

近隣には3つの駐車場があり

  • 運動広場駐車場
  • 旧市民プール駐車場
  • 新城観光ホテル東館前駐車場

このいずれかの駐車場に車で来た場合は停めることになると思います。

運動広場駐車場

2015-02-03_112441

ちょうど桜淵公園の真南にあたる所にあります。

旧市民プール駐車場

こちらは桜淵公園の北側、体育館が目印になっています。
新城観光ホテル東館前駐車場

車でアクセスした場合は以上の3つのうちのどれかの駐車場を利用することになると思いますので、場所はGoogleマップでしっかりと抑えておきましょう。

2.電車でのアクセス方法は?

もう一つの交通手段として、電車を使う方法があります。JR西日本の飯田線という路線を利用します。愛知県の豊橋と長野県の飯田を結ぶローカル線として、日常では通勤や通学・休日は観光のための交通手段として今もなお現役で活躍している路線です。

このローカル線のJR飯田線を経由するのですが、最寄り駅は「東新町駅」となっております。駅から桜淵公園へは、目と鼻の先ですのでまず迷うことはないでしょう。

地図でいうと、こういうアクセス方法になります。

行き方はこんな感じですね。 駅を降りたら徒歩で15分以内には到着します。アクセスは南へ真っ直ぐですのでわりと簡単に桜淵公園に着くことができるでしょう。

まとめ

では、桜淵公園に行く場合の交通手段別アクセス方法についてでした。

桜淵公園への道は車だと意外に混んでいるので裏道を使って混雑回避しちゃいましょう。移動時間は短縮してお花見の時間を増やしたいですし、帰るときもサッと帰路につきたいものですしね。また、会場内の駐車場はイベント期間中になると多くの観光客でごった返すので事前に場所だけでも把握しておきたいものです。実際に会場へ行く場合は、地図の住所をカーナビに登録するなどして参考にして頂ければ幸いです。

電車でのアクセスをする場合は、JR飯田線というローカル線に乗ります。特急や急行ではない、普通運行でのんびりと走る一時を楽しむというのもアリかなと思うので、よろしければこちらを検討してみるのも良いかもしれないですね。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ