2015-12-01_143536

花粉症の時期にはマスクが手放せなくなるものです。

実際の所、花粉症ではなくても風邪予防などのために使用している人もいれば、ただ単に防寒のために使用しているなんて変わった人もいます。

自転車通勤であれば目の前が曇って危ないですし、仕事中にメガネが曇ってしまうようではマスクを外すか、メガネをしょっちゅう拭かなければいけませんよね。これは結構面倒なのでは?と思います。

と、いうことでメガネを併用してマスクを付けていると、どうしてもメガネが曇ってしまうものです。

曇らないための付け方や折り方があるので、ぜひ対策の方法の一つとしてご参考にしてみてください。

スポンサーリンク

メガネが曇らない方法!コツは折り方や付け方にあった

メガネが曇るのは、吐く息に含まれている水蒸気が原因で、吐いた息がそのまま顔の上の方に排出されるためにメガネとの間に水蒸気が集まり曇ってしまします。

だからといって吐く息の湿気をゼロにするのは人間である以上無理なことですから、「メガネの方にかかる息」を「マスク側面から排出する」工夫が必要になるんですね。

なので、メガネが曇らないためにすべき対策はマスクの針金部分の折り方や付け方にあったんです。

では、マスクでメガネが曇らないオススメの対策方法として、市販の紙マスクで可能な折り方や付け方を紹介します。

曇らない折り方その1.マスク上部の5分の1を横に折る

マスクの上部5分の1を、画像のように横向きに折ってしまう方法です。

2015-03-07_174140

参考元:www.youtube.com/watch?v=r9I1Il15ONA

見た目はちょっと見慣れない折り方なので、「なんでそんな風にマスクつけてんの?」と周りに突っ込まれそうですが、「鼻から吐いた息がメガネに立ち上らないように折って強度を増やしてるんだよ~」と説明してあげれば納得して折り方を真似してくれるかもしれません。

曇らない折り方その2.マスクの針金を自分の鼻よりも少し小さめに折る

コチラは鼻に対しての折り方を考えていますね。

2015-03-07_174750

参考元:lineq.line.me/q/14414782/a/79006063/image/sc0

自分の鼻のサイズよりも小さめに折ることで、吐く息を上りにくくしています。上で紹介した横向きの折り方と併用すればより効果的でしょう。

曇らない付け方その1.マスクの裏側にティッシュをあてがう

2015-03-07_174722

参考元:tomojojo.com

これは見た目も不自然ではないですしオススメの付け方です。

ティッシュを間に挟むことで鼻とマスクの密着度を高めてくれるので、手軽かつ簡単に実践できますね。

曇らない付け方その2.自分に合った大きさのマスクを使用する

上記の対策をしても、サイズが自分にとって多きすぎれば曇ってしまいます。特に女性は大きめのマスクをつける場面が多いと思います。大きめのマスクは小顔効果もあってメイクの手間も省けるので別の意味で有効ですが、ここはサイズにあったもう少し小さいマスクをつけて曇り止め対策をしましょう。

マスクの付け方ではなく、メガネに工夫をしてみる!

その1.歯磨き粉を活用する。

弱めの研磨剤が含まれている歯磨き粉は、曇り止めに効果を発揮します。専用の曇り止めは使うシーンが限られますし買うのがもったいないですよね。そこで日常的に活用している歯磨き粉を使えば、簡単に曇りを抑える事が出来ちゃいます。

2015-03-07_180624

この方法は歯磨き粉をメガネのレンズ内側に塗り、2分間程度軽く刷り込んだ後キレイな布で磨き上げるというものです。曇りの原因となるメガネの油膜を、歯磨き粉中の研磨剤の成分が除去してくれるため結果として曇り止めの効果を発揮します。

ただ、高価で使用がためらわれるメガネには不向きです。専用の曇り止めを使いましょう。

その2.パッド付きマスクを使用する

2015-03-07_180524

参考元:item.rakuten.co.jp/kaigo/4901933530113_10/

しかし、これらのマスクは一般的に薬局で売っている「50枚入りお徳用」の紙マスクよりも少々お高めになる傾向にあります。

1回で使い捨てにするのは勿体ないですし、だからといってマスクは基本的に1日1枚という人には割高になってしまうので不向きとも言えます。

ただ、メガネの曇りに対しては曇りどめの効果を発揮するとともに、呼吸をしてマスクの内側が鼻にペタペタとくっつく現象がなくなるので、お金に見合った効果があるといえる商品ですね。通常のマスクよりも耐ウィルス性能は高いですし。

参考URL → 鼻パッド付きのマスクを見てみる

まとめ

では、マスクでメガネが曇らない方法やグッズの紹介でした。

マスクを付ける → メガネを付ける → メガネが曇る → マスクを外す・・・・のような無限ループを繰り返しても仕方がないので、メガネの曇りを防ぐことはメガネ使用者でありマスクが手放せない人には必見の情報になってきます。

曇りの原因は単純に吐く息に含まれている水蒸気なのですが、曇らないようにするためには吐く息をメガネの方に送らなければいいだけなんです。

曇り止めを活用するもよし、折り方に一工夫するもよし、かける手間やお金のコストを自分の目的と相談しながら決めてメガネが曇らないように対策していきましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ