taisyoku

大きな期待を持って入社したけれど、自分の理想とあまりにもかけ離れた現実を見せられたり研修についていけなかったりで「辞めたい。でもせっかく入社したのにすぐに辞めるのはちょっと…」と迷ってしまうことがありますよね。

そんなとき本当に退職を決意した場合にはいくつかの手続きを踏まなければなりませんし、自分に不利益を被らないように押さえておくべきポイントなどが存在します。

そこで今回は「辞めよう」と決めた際の退職理由の伝え方やタイミングについて紹介します。

スポンサーリンク

「辞めたい」意思は早めに!

試用期間は会社側もあなたを本当に採用しようかどうかを見極める期間です。

だからと言って「辞める」ことを前提に雇用しているわけではないので当然ながらあなたのために会社の総務担当者が必要な書類や手続き、資材の準備などを行い、本採用手続きの準備なども含めあなたの就業環境を整えてくれています。

もし「辞める」となった場合は早めに総務部(または研修担当者)に退職の意思を伝えなければなりません。

伝えるタイミングが後になればなるほど周りの人間にも負担をかけるようになってしまいます。

特に(ルール違反ではないですが)試用期間直前に初めて辞めたいと伝えると手続きも煩雑になり、後味の悪い退職となってしまいますので、決断後は一刻も早く行動に移すことが大事になってきます。

退職におけるルール

たとえ試用期間であっても退職をするのであれば社会人としてのマナーをしっかり守らなければせっかく受け入れ準備をしてくれた会社に失礼です。退職の願い出において以下は守るようにしましょう。

・総務担当者へ対面して退職の意を伝える。(退職願の提出については指示があれば提出しましょう)
・書面の提出は必ず自らの手で。(知り合いや身内に提出させることは相手にとって失礼です)

本来であれば上記の手順を踏めば良いですが、状況によってはそれすらしたくないと思うこともあるかもしれません。

しかし退職する旨だけを一方的に伝え急に出社しなくなるようなことだけはおすすめできません。

業界は広いようで狭いです。そういった噂は同業他社の耳にも入る可能性があり、そうなった場合は転職希望先で圧倒的に不利な立場に立たされます。また、一方的な退職で会社に損害を与えたとして訴訟を起こされる可能性もゼロではありません。

今後のことを考えた上で可能な限り正当な退職の手順を踏むよう努力して下さい。

退職の理由や伝え方は?

退職願を提出する際に必ず聞かれるのが「退職を願い出る理由」です。会社によっては退職のための面接を総務課長としなければならないというプレッシャーに襲われる方もいるでしょう。

ただ、これを伝えないことには退職の意志を相手に伝えることができなくなるので、簡潔かつ明瞭に相談を持ちかけるようにしましょう。

退職の理由をどう伝えるか?当たり障りのない言葉の方が良いのか?以下に適当と思われる退職事由の一例を紹介します。

「会社の雰囲気になじめそうにありません」
「御社の業務についていくには性格上負担が大きいです」
「思っていた雰囲気や仕事とまったく違いました」
「やりたいことが御社ではできそうにありません」

上記に共通することは、理由が「まったくあなたの都合」ということですが、それで良いと思います。

会社だって試用期間終了後に退職を迫る時には、まったくの会社の都合です。そして退職が許されるかどうかは法律が一番の根拠です。試用期間中の退職の申し出は法律によって労働者に認められているれっきとした権利ですので、あなたの都合で伝えて下さいね。

まとめ

辞めたいと思う時に「退職理由を伝える」ことは本当にエネルギーのいることですよね。

辞めたい理由を伝えても「とりあえずは3年、頑張ってみてそれから考えてみては?」とか「別の会社へ行ったとしても変わらない。今のままじゃ成長できないぞ」とか言われ、「そうなのかな…」と再び迷いが生じるかもしれません。

しかしそれらの言葉は「他人の都合により発せられる言葉である」ということも忘れてはなりません。

上司に説得されて辞めずに続けた結果、もっとひどい状況に心身共に疲れ果てるかもしれません。そんな時に説得に当った上司に文句を言っても「あなたが決めた事だから」と言われるのがオチです。

辞めてもあなたの責任。続けるにしてもあなたの責任。最終的に自分の人生に責任を取れるのは自分しかいません。本当に辞めたいと思ったら勇気をもって一歩踏み出し、自分の人生に責任をもって辞めたい旨と、その理由を正直に話してみましょう。

 

また、私も過去は良い職場に出会えずとっても大変な思いをしました。笑

世の中、募集要項に「年一回昇給あり」と書いてあっても、年に数千円~百円しか昇給しない会社だってあります。また、難関な国家資格を取っても1万円程度の昇給しかない場合がほとんど。超激務のサービス休日出勤ありの職場でさえもです。

月収10万円の基本給を上げるなんて、かなり難易度も高く何年かかるかすら分かりません。大企業でも難しいでしょう。

三菱や東芝、シャープのように、いくら大企業でもいつ潰れるか分からない不安定な世の中。出来るところから1つだけでも自分の人生をコントロールしたくはありませんか?

関連記事→ サバイバル社会を生き抜いて自由を得るためのメール講座

私の友人は上記のメール講座で「ある方法や成功パターン」を使い、先月も月収100万円を突破したという報告を聞きました。

私も最初はなんだか怪しい・・・と思っていたのですが、メール講座では言われてみれば「なるほど!」とうなずいてしまうようなためになる話ばかり。一生雇われの社会人では手に入れられないような、「毎月の基本給に10万円を上乗せする真っ当な裏ワザ」なんかについても伝授してもらいました。

もし、「俺(私)って、なんか会社に縛られてるよな…。」と少しでも感じたのなら、彼のメール講座をチェックしてみることをオススメしますよ。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

“新入社員が試用期間・研修中に辞めたい場合の伝え方と退職理由” への1件のコメント

コメントをどうぞ