ホワイトデーのお返しについて、気になるのが本命に対するお返しや過ごし方ですよね。

せっかく美味しくチョコレートを作ってくれた本命の彼女が居るのでしたら、心を込めたお返しをしていきたいものです。当日のデートの過ごし方や、カップルならではのお店などの場所の選び方などを紹介していきたいと思いますのでぜひご参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ホワイトデーのカップルの過ごし方!コツは「相手の裏をかく」こと。

バレンタインデーのお返しの日にあたる、ホワイトデー。由来はまだ世界が3ケタ年代のころのバレンタインの日に、兵士の結婚を制限する法律に背いて結婚しようとしたカップルを救うべくヴァレンティヌス司祭が殉教し、3月の14日に永遠の愛を誓ったという伝説があるのですが、これにあやかって日頃の感謝の気持を伝えるために出来たのがホワイトデーの始まりなのだとか。

ですが、バレンタインデーにチョコをもらうという事もあり日本ではホワイトデーに感謝の気持ち=お返しをする という図式が定着してしまいました。クリスマスなどに限ったことではなく、日本人はこういう行事に乗っかる傾向がありますね。

 

と、話は反れましたがホワイトデーのカップルの過ごし方で忘れてはならないのが、「相手の裏をかくこと」なんです。どういう意味かというとサプライズをすると喜ばれるということですね。例を挙げるとすれば・・・。

  • 「お返しはいいよ!」と言われていても、ちゃっかりプレゼントを用意する
  • お金はかかっていないけど、手間暇はかけて書いた手紙をプレゼントする
  • 予定が空いているかだけ聞いておいて、雰囲気の良いラストランやカフェなどのお店へ連れて行く
  • 普段は料理を作らないけど、ホワイトデーは特別に得意料理を振る舞う

などなど、少し挙げただけでもこれぐらいのホワイトデーに活用できる過ごし方があります。その中でも特に活用しやすくオススメなホワイトデーの過ごし方を紹介します。

本命だから場所やお店の選び方にもこだわりたい!

お店に連れて行く場合は、雰囲気を重視して選んでいきたいものです。もちろんですが、相手の好みを把握したり普段の何気ない会話からヒントを探っておきましょう。では、おすすめのお店別での過ごし方や、意外な場所も紹介したいと思います。

こじゃれたレストランで過ごすパターン

2015-02-23_175551

夜景が見えるレストランで食事なんていうのはどうでしょうか?普段そういったデートをしていないのであれば、ホワイトデーならではの非日常さを演出できるかもしれません。雰囲気はもちろん落ち着いている所の方が会話もしやすいですし、ガヤガヤしている所は避けましょう。

心がけるべきポイントは「非日常感」ですので、普段行かないようなお店に行けば新鮮味もあって楽しめると思いますし、長くカップルを続けている場合は今までこういった方法を試したりしたことがなかった場合、特にオススメと言えるでしょう。服装もいつもよりフォーマルな感じにする必要があるかもしれませんが、服装を変えるだけでもガラリと変わる雰囲気は新鮮です。

ただし、人によっては「緊張する・・・。」とか、「なんか落ち着かない・・・。」とかいう意見もあるでしょうから、普段から相手の気持ちや嗜好をそれとなく探ってみると良いでしょう。

落ち着いたカフェでのんびり過ごすパターン

2015-02-23_175618

こちらはレストランよりも気軽だと思います。また、食事を別の場所で済ませて、2店目をカフェにするなんていうのも有効な手段だと思います。カフェなら相手も周りの目を気にせずにのんびり出来ますし、自分自信も落ち着くので安定した場所といえるでしょうね。

まったりお部屋でデートのパターン

また、人によっては「ただ一緒に過ごすだけでいい」という場合もあるようです。これは「相手に色々させて、なんだか悪い」とか、「来年のバレンタインを頑張らないといけない」と気負いしてしまうパターンです。そういった場合は、インドアで思いっきり一緒に仲良く過ごしましょう!お部屋で過ごす場合は、綺麗に掃除しておくことをお忘れなく。笑

 

まとめ

ではでは、ホワイトデーを楽しく過ごすためのオススメの過ごし方、カップル編でした。バレンタインデーのお返しもそうですが、なるべくいつもの感謝の気持ちをしっかりと相手に表したいものですね。

また、オススメの場所なども紹介しましたが相手の都合や好みを考えていくと、より良い場所を見つけられると思います。サプライズにプレゼントも用意すれば、間違いなく喜んでもらえるでしょうからいろいろリサーチしてみるのも面白いかもしれないですね。

場所やお店選びに困ったときは、相手に直接聞くのもいいですがなるべく自分でコソコソとリサーチしたり、彼女の友達に探りを入れてみるのも面白いでしょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ