2015-10-14_235153

2016年の花粉症の時期ももうすぐやって来ますね。

花粉の飛散が始まる時期は、その年によっては四国や九州といった比較的温暖な地域だと実に1月下旬には花粉症の症状が出てしまうこともあるようです。

薬を飲むなどの処置をあらかじめやっておかないとかなり酷い症状になる時もあるので、対策できることは早めにやっていきたいものです。

スポンサーリンク

つらい花粉症。薬の飲み始めはいつごろから?

花粉症は、日本ならではの春の風物詩とも言えます。

しかし患者さんからしてみればその問題は笑い事では済まず、症状はなかなか深刻です。

なぜなら・・・

・鼻水や鼻詰まりで呼吸もままならなくなってしまう

・喉がイガイガして、とても不快感を覚える

・目がかゆくて、いくらかいても収まらなくなる

・くしゃみが腹筋が痛くなるぐらい何回も連続してしまう

こんな症状が1シーズン続いてしまうからですね。

 

なので、花粉症のつらい症状はなんとしても抑えたい所ですね。 2016年の花粉がどれぐらい飛散するのか、いつまで花粉で大変な思いをするかなど、傾向についても事前に知っておきたいものです。

2016年の花粉症!どんな事を対策すればいい?

毎年のようにやってくる花粉の季節ですが、何としても症状を緩和させたいものですよね。

誰も無限に続くくしゃみや鼻水、喉の痛みを好き好んで受け入れている訳じゃありませんから・・・。花粉症の対策に有効な手段の一つとして、花粉症の薬を飲むという方法が挙げられます。

そして、薬を飲み始める時期は早めにしておくのがベストです。

薬を処方してもらい、早い時期から飲み始めるのがオススメ

花粉症対策に特に有効に働くのが、やはり文明に頼った薬を服用する方法です。

しかし、

花粉症が舞っているそばから飲んでもその効果を100%発揮することが出来ないのはご存知でしたか?

花粉症の薬は、花粉が舞い始める前から飲み始めるのが効果的です。では、いつから薬を飲めばいいのでしょうか?

2016年~2017の花粉症シーズンの前に、いつから薬を飲み始めればいい?

花粉症の対策として、薬を早めに飲むことをおすすめします。

時期としては、花粉が飛散し始める2週間程度前から「効き目の比較的弱い」薬を飲むことがオススメされています。

その理由は、花粉症の薬に含まれる成分の効き目が強い事による副作用をなくすためですね。

効き目の強い花粉症の薬は、一般的に市販薬や処方箋として取り扱われています。

これらは花粉が飛散する時期になっても有効な薬品なのですが、急激に花粉症にたいして働きかけるため副作用がかなり強く、眠気や倦怠感に襲われます。

市販薬には効き目の強い「アレグラ」という花粉症対策の鼻炎薬がありますが、こちらも副作用を理解してから飲むことをおすすめします。

ということで、効き目は弱い花粉症の薬をシーズンの2週間前に予測しておけばつらい花粉症の症状を、強い副作用を感じることなく快適に過ごせるのです!

2016-2016年の花粉が飛散する時期は?

2016年-2016年の花粉の飛散する時期についての予想です。

花粉の中でも特にメジャーなスギ花粉の場合、今年2016年-2016年は九州・四国地方より2月上旬には花粉が飛散するとの予測が立てられています。

こちらはスギなど樹木系の花粉の飛散時期なので例年では冬から春にかけての活動が活発になりますが、10月~11月はイネ花粉が舞うのでこちらも要注意です。

まとめ

この図を参考にお住まいの地域から2週間前には薬を飲み始めればOKでしょうね。

病院で効き目の弱い花粉症の処方箋を処方してもらい、少しずつ服用するようにすれば花粉の対策はバッチリです。

それでは、2016年の花粉症の薬を飲み始める時期についての情報でした。とくに花粉症の薬については、飲み始める時期が肝心だという事を理解していただけましたでしょうか?

今後、花粉に悩まされる時期がいよいよ始まりつつありますが、早め早めのうちに対策を初めておきたいものですね。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ