2015-10-16_185215

いよいよ冬本番といった所で、ライダーにとっては寒くて寒くて仕方がない時期になってきました。

冬の時期は車の中でも寒いはずなのに、
果敢にもバイクで職場へ通勤する人もいますね。

凄く寒いのをわかっていて
ツーリングなんかに
出かけちゃったりする人もいます。

そんな時、見落とし&冷え込んでしまいがちなのが足元の防寒対策。

「上半身は専用の防寒ジャケットを着込んだし、手にも電熱グローブを装備した!でも足が寒いな・・・。」

そんな風に準備不足で足が冷えまくって辛いケースって、結構あります。一度冷えた足はなかなか温まりませんし、何より疲労がたまったり運転に集中できなくなるので、特にツーリングなどでは危険ですよね。

今回は、そんな足の冷えに悩むライダーのために、通勤やツーリングで冷えないための足元の防寒対策を紹介していきます。

スポンサーリンク

足元の冷えには防寒靴下!

冬の装備の代表格として、
胴体を暖かく包み込む
ウィンタージャケットがあります。

でも、足元はいつもと同じブーツしか履かない方がほとんど。あまり意識していない、もしくは予算を計画していないがためにこういう現象になってしまいます。

しかし足元の防寒対策は意外と簡単にできますし、他の部位と比較して低予算で済むのが特徴。「頭寒足熱」という東洋医学の言葉があるように、足の冷えは体にもよくありません。

また、毛細血管が多く存在する足が冷えてしまうと体全身が冷えてしまうという悪影響もあります。

そんな時に気軽に対策できるものがこれ。

コミネ KOMINE 09-088 ネオプレーンウォームソックス ブラック Lサイズ 26-28cm L AK-088

 

長靴!ではなく、ネオプレーンというウェットスーツにも採用されている防水素材でできた靴下です。

なので雨や雪でブーツが濡れたとしてもこのネオプレーンソックスの防水機能のおかげで足が濡れ、冷えるということはまずありません。気密性、防水性ともに抜群の製品となっております。

ただし、その気密性の高さゆえに足がムレやすいというデメリットもあります。

長距離のツーリングや、
地面が凍りそうなぐらい冷える時など
使うシーンを限定しましょう。

またはシリカゲルをこの中に忍ばせる方法もオススメです。

ネオプレーン素材は1.5~2ミリ程度と若干厚い素材ですので、通常の靴下を履いた状態でぴったりの靴に使うときはきつくなりすぎるかもしれないので注意が必要です。

メーカーはコミネから発売されています。お値段は2000円台。

次に紹介したいのがコチラです。

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) エマージェンシーシューズカバー ブラック L RR7923

ラフ&ロードのエマージェンシーシューズカバーという製品なのですが、読んで字の如く突如降ってきた雨に対応するべくシューズの上から被すことの出来るカバーとなっています。

しかし常用しても防水・防風性を維持してくれるそうなので寒い時期の防風には一役買ってくれるでしょう。

こちらもお値段は2000円前後。

補助アイテムとしてこんなものも・・・。

塗料メーカの「染Qテクノロジィ」が開発した、衣類などに吹きかけるとたちまち暖かくなるスプレー「温かいの何でか?」という製品があります。

お手持ちの靴下やシャツに吹きかけるだけで体から発する水分により化学変化で熱が発生。あたかも布の素材がカイロになったような温かさを発揮します。

唐辛子の辛くて温まる成分、カプサイシンエキスも入っていますのでより温かいのだそう。これなら安物の靴下でも一瞬で毛糸の靴下のような温かさを体感できます。

バイクでの防寒対策以外にも、一つ買っておけば普段の生活でも役に立ちそうですね。お値段は小さいものが500円、お得用が1000円弱です。

ちょっとレビューの評価が低いみたいですが、靴のような密閉された空間では比較的よく効きます。レビューでは衣類の外側から、というように書いていますが、内側に少なめの量を吹きかけた方が効果的だったりします。

 まとめ

今回は足の寒さ対策に使えるアイテムを紹介しましたが、これらに限らず冬のバイクライフをいっそう快適に過ごせるアイテムは沢山あります。

防寒対策をしっかりとすれば寒さに邪魔されず、快適で安全な通勤やツーリングが可能となりますから、ぜひご参考にして頂ければと思います!以上、冬の寒い時期にバイクに乗った時に冷えがちな、足元の防寒対策に関する情報でした!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ