2015-07-28_215047

初対面の人とすぐに仲良くなれる、魔法のような方法があります。

それは、常に笑顔を心がけること。
普段着だってあても身なりを清潔にすること。
そして、優しい態度で接すること。

それはどうしてなのでしょう?

簡単に解説いますと、笑顔はどの国の人にも共通な安心をもたらすからです。赤ちゃんが泣くと誰しもが対処に困ります。

どこか具合がわるいのか、おなかが減っているのか、不快なのか、眠いのか判らないからです。しかし、笑っていたり、微笑んでいたらどうでしょう?どの人も近寄って観ている方も笑顔になりませんか?

それほど笑顔には人によい影響を及ぼす要因になりうるのです。

もし反論があるという人がいるとしたならば、その人は心の病かもしくは何か独裁的な革命でも起こしたい人ですので、「仲良くなる」こととは疎遠になるでしょう。99%の人はこの笑顔を作ることでまずは突破口にしてください。

スポンサーリンク

身なりを正すことを初めから丁寧に

そして次に身なりを清潔にということですが、ごく普通のカジュアルの格好をしている人と、パンクロックの金属ジャラジャラのブレスレットと化粧とタトゥーの人が病院の待合室で隣同士になったとき、どちらの人に声をかけたいでしょうか?

二人と笑顔である条件は変わりません。

2015-07-28_214700

人は見た目で決め付けてはダメと教わりましたから平等に対応しようと思っても、やはり普通の人に声をかけませんか?人は知らず知らずのうちに自然と区別をして差別をする生き物なのです。

否定しようとしてもだめです。怖い顔をしていて黒服の、しかも指の無い人をみたら「あっ・・・」と思うのが通常です。

同じ人がチャラチャラとした格好をしていたら、なんだか変だと思います。声をかけやすいというのは身なりも清潔で当たり障りの無いという状態を作ることで生まれるものなのです。

優しい態度とは?

最後のやさしいとは一体何なのでしょうか?人に道を聞くとき、どんな人を自然と選ぶでしょう?

その場所にその人しかいなかったのならば選びようが無いのですからその人に尋ねます。しかし、上記の笑顔で身なりも清潔そうな人でしたら誰でもというわけでは有ません。人はやさしそうな人を黙っていても選ぶものです。ただ、このやさしさとは触れて見なければ判らないことなので厄介なのです。

2015-07-28_214350

道を聞いてみたら実際にはつっけんどんであったり、面倒くさそうに説明したり、あるいは余計なことまでしゃべってくる人であったりと様々です。

一見笑顔で話しやすいと思ったら忙しいと豹変して怒られることだってあります。逆に終始笑顔で親切丁寧に答えてくれたらうれしいものです。

「歩いていかれるのですか?」とか、「買い物とかですか?」と少し立ち入って聞かれた上で、バスで行ったほうが楽だとか、時刻表を見せてくれたりといったことに発展することもあります。つまりやさしさに触れることで人はもっと仲良くなろうというきっかけが増えてくるのです。

まとめ

それでは、初対面の人と仲良くなるために欠かせない3つの方法として、

「常に笑顔を心がけること。」
「普段着だってあても身なりを清潔にすること。」
「そして、優しい態度で接すること。」

このポイントを紹介させていただきました。

この三つをもってすれば、いくらでも仲間は増えます。

嫌われるとしたならば、嫌ってしまう人自身に問題があるはずです。笑顔で接して見た目も嫌がられるような事のない服装で親切に対応してくれる。丁度病院の看護師のようなものです。

その人を嫌うというのはかなり無理があると思いますよね?ですから、人当たりを良くすることで自分に対しても周りが対応しやすくなるのです。「人は人の鏡」という言葉がありますが、まさにその通りですので意識して取り組んでみるのもいいでしょう。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ