2015-07-28_205048

女子バレーボール選手として活躍していた狩野舞子選手が引退を表明したことで話題となりました。

まだまだお若い選手だと思っていたのですが、なぜでしょう?また、以前から引退説は話題になっていましたが今回は彼女本人の口から引退宣言が告げられ話題となっています。

そんな彼女の現在はどうなっているのでしょうか?また、引退の理由は他にもあるのか気になりますね。ケガが大きな原因とされているみたいですが、そのあたりについても検証してみようと思います。

今後の彼女の活動についても調べてみました。

スポンサーリンク

狩野舞子が引退の理由は度重なるケガが原因?

女子バレーの選手として活躍していた狩野舞子選手が突然の引退表明をしたことで話題となりましたが、なぜ今回の報道で引退を決意したのでしょうか?

1つの大きな理由は、「ケガが重なったため」なのだそうです。

ちなみに最後の試合は2015年に東京体育館で開催されたVプレミアリーグのNECレッドロケッツ対久光製薬スプリングス。

アタッカーのサポート約的存在である、セッターとしての見込みがあった彼女ですが、指へのケガが絶えなかったため練習にも専念できず現在は治癒ましたが今回、ついに引退を決意することになったのだそう。

2015-07-28_211042

2012年のロンドン五輪では念願の銅メダルも達成できたので、それで彼女は十分満足だったのでしょう。

彼女は今後の育成方針として、セッターを武器にしたトレーニングを組まれていたそうなのですがテレビの報道により引退が明らかになりました。

まして、アキレス腱はバレー選手の命の次に大切な部位といってもいいでしょう。

一度アキレス腱断裂をすると回復にかなりの辛く苦しい期間を要しますし、切れるときには「ブチン!」大きな音も出るので経験者のみぞ知るかなり怖いケガでもあります。また、再断裂もするので仮に治癒したとしても「また切れるんじゃ・・・」というプレッシャーが一生つきまとうことになりモチベーションにかなり影響します。

参考動画 → アキレス腱の断裂(閲覧注意)

ちなみに、アキレス腱断裂は2008年に経験しています。なにかと深刻なケガが多い選手でした。プレーの腕前は若手選手ながらかなりセンスのある選手でしたが、ケガが多すぎるのでファンの間では「お祓いしたほうが・・・」という話題も多く上がっていました。

現在の彼女と今後の活動は?

全日本の選手として活躍が期待されていただけに、ファンは騒然のようですね。以前から現役引退の噂をされていた彼女ですが、セッターとしての素養が以前からあったために、そちらの経験を積むために大きな試合にはそこまで出なかったのだそうです。

そのため、引退騒動が以前からファンの間で大きな話題となっていました。怪我さえなければ、かなり優秀な選手になったというのに残念ですね・・・。

セッターは得点を取るアタッカーの補助として技能も必要でしょうから、それなりのプレッシャーも彼女自身感じていたのでしょう。監督の田中久美さんも狩野舞子選手をセッターとして迎え入れた当初、「セッターとして育てるには3年はかかる」と言うコメントをされていたので、期待はかなり大きかったんですね。

2015-06-30_193726

今後はコーチとして活躍しようにも、そこまで経験を活かしたキャリアを形成できていないというファンの意見もあるようなので、今後の彼女の動向が気になります。

ちなみにファンの間では、背も高くて容姿も優れているということからモデルも目指せるのでは?という話も出ているようです。今後を決めるのは他でもない彼女自身ではありますが・・・。

まとめ

それでは狩野舞子選手の引退に関する情報でした。

ケガは治りますが、またいつケガをするかもしれないという恐怖と日本代表として活躍しなければ、というプレッシャーはケガ以上に彼女の重みになったことでしょう。

また、彼女はリーグ戦に参戦する事が最近ではめっきり減っていたようなのですが、それには理由がありました。

これまでの期待も大きかっただけに残念がられる印象もかなり強い彼女ですが、選手のなかには戦力外通告のみで大々的に報道されるなんてことも多いでしょうから、彼女はある意味メディアでの知名度もあり、あるいみ恵まれているのではないかと思われます。今後のコーチ業の際にもそのあたりのところは見られると思いますしね。

現役時代はケガに泣かされてきたは思いますが、まだまだお若いと思いますのでこれからの第二の人生での活躍に躍進して頂ければと思います。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ