大西沙織さんは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のアイズ・ヴァレンシュタイン役などで人気の高い新人女声声優さんです。

声優としてデビューを果たすためには地道な努力が必要だったりしますが、彼女もその一人だったようです。最近になってからその実力が認められてきたのではないのでしょうか?

また、メインキャラクターを担当するようになったのは最近ですから知らない方も多いと思います。今回は大西沙織さんの演技力や性格、面白エピソードについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大西沙織の演技力について

まだまだ若手の新人さんなので、単純な演技力は人によって評価が分かれるようです。悪いという評価はあまりありませんので並以上といった所でしょうか。

2015-05-18_003517

参考元:www.joqr.co.jp

アニメだと、ダンまちでのアイズ・ヴァレンシュタイン役での演技もわりと好評なようです。もの静かなキャラからお騒がせなキャラまで万遍なくこなせる器用さもあるみたいです。

最初から完璧な声優さんなんて居ませんし、今後活躍していくにつれ演技力の方は自然に上がっていくと思います。これからの成長が楽しみな声優さんの一人ですね。アニメ業界の声優さんって、一度売れ出すと何十年も活動される方が多いのも事実ですので。

また、大西沙織さんの声質に関してはかなり評判が良いようです。これは天賦の才能があってこそなせる技でしょう。声質は自分の好みによっては変えられないものですから、支持してくれるファンが多いというのは声優としてかなり強みになります。

大西沙織の性格はどんな感じ?

大西沙織さんは「白銀の意思 アルジェヴォルン」に登場するジェイミーというキャラクターを担当しているのですが、親交が深い人から「ジェイミーに似ている」とよく言われるそうです。(ジェイミーは活発で押しの強いキャラクターです)キャラと性格が似ているって、なかなか無いことだと思うのですがどうでしょう?

ラジオなどでもその性格が表れているのですが、それを聞いたファンからは「言葉遣いがあまり良くない」「子供っぽい」と言われ、評判は少し悪いようです。

ともあれ仲の良い声優さん同士のラジオだと、そういう部分が目立ってくる事もあります。他の声優さんと仲良くなれるという事は性格が良いとも言えますので、うーん……。そういう一面だけで人の性格って分からないでしょうしね。

こちらも今後ラジオなどで活躍する場が増えてくれば、わかってくるかもしれません。

大西さおりのオタク嫌い発言について

GA文庫のイベントで、実はこんな発言をしています。

「こんなに大勢のオタクさんを前にイベントに出るのは初めてなので、気持ち悪くなっちゃって!」

本当は「緊張のあまり楽屋で気持ち悪くなった」とのことですが、緊張のせいか言葉が足りておらず誤解される事になったようです。会場のファンの人数が多くて酸欠状態で気持ち悪くなっちゃったのかもしれませんが、ある意味正直者なのかもしれないですね。笑

2015-05-18_003649

ともあれファンにはこういうキツめの発言に喜ぶ方も大勢居ます。(一部の業界ではご褒美です。)

ある意味問題はないのですが。仮に本当にオタクが嫌いでも、楽屋やプライベートで言われるより何十倍も好感が持てます。いっそ歯に衣着せぬ毒舌キャラとして売っていくのも今後のキャラ付けとしてはアリかもしれませんね。芸能界でも毒舌キャラって流行っていますし。(もちろん礼儀正しかったり、後でフォローを入れるという最低限のことはしていると思いますが)

まとめ

では、声優としてデビューし今後の活躍に期待が集まる大西沙織さんについての情報でした。演技力についての評価も良いようで、ゴリ押しなんて言葉はどうやらガセのようですね。

大西沙織さんは徐々にメインキャラクター役に選ばれることも多くなっており、注目の声優として取り上げられる事もしばしば。今後の活躍に期待しましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

“大西沙織の演技力はゴリ押し抜きで高評価?オタク嫌い発言が話題に ” への1件のコメント

コメントをどうぞ