バーベーキューでの三種の神器と言えば、「肉・炭・コンロ」というものがありますね。

一番の主役とも言えるのが「肉」だと思うのですが、準備の方法は様々です。肉をどこで買うかによって予算も決まってきますし、食材料の目安を知ってできれば少ない予算で多い・美味しい肉を買いたいというのが理想なのではないのでしょうか?

では、バーベキューのお肉をどこで買うのかについてや、食材の量の目安や準備方法のまとめについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

どこで買う?バーベキューの肉を準備するためにオススメの方法

バーベキューの食材の中で多くの量を占めるであろう、「肉」。

野菜だけでも楽しめる場合もありますが、やっぱり主役は肉という意見も多いと思います。お肉については準備方法が様々で、地元のスーパーで買う場合もあれば、通販やバーベキュー会場のサービスでセットを購入して準備する方法もあると思います。

2015-05-10_121526

ですが、その中で最もオススメしたい方法が1つあります。

私の一番のオススメは「精肉店でお肉を準備する方法」が一番ベストなのではないかと思います。

  •  バーベキューの肉・食材を精肉店で準備する3つのメリット

・予算と人数を伝えればある程度のメニューを上手に決めてくれる

・肉多め、野菜多めなどの要望にも答えてくれる

・バーベキュー当日まで自宅の冷蔵庫をパンパンにしなくても良い

大きくはこれらのメリットがあります。

精肉店では専門店ということもあり、スーパーよりも比較的安くお肉が手に入ります。目安として一人あたり2000円もあればそこそこの食材が手に入るのも魅力的。通販などの実物を確認できないというデメリットもありません。

お店特製の焼き肉のタレやレモンなども用意してくれたりします。「野菜はどこで買うの?」という疑問もあるかもしれませんが、精肉店で一括で用意してくれるのも大きな強みです。野菜とお肉の比率も伝えておけば大体の目安量で調整してくれます。

食材の管理も簡単になって時間的にもお得!

また、友人などと一緒にやる場合は割り勘になると思いますが、予算を伝えればキッチリその値段でお肉を用意してもらえるので金銭面でもスマートな管理ができちゃいます。

他にも、冷蔵庫がバーベキュー当日までパンパンになって他の食材をしまえないという面倒な管理も必要なくなります。お店によっては保冷剤やトロ箱(発泡スチロール製の保存ができる箱)も用意してくれるので、バーベキュー当日、前日に精肉店に寄ればOKなんです。

こういった理由から「肉ってどこで買えばいいの?」と迷った場合には、精肉店での食材の準備がオススメです。

肉の量の目安について

バーベキューのお肉をどこで買えばいいのかについては分かって頂けたと思います。

では、 お肉の量はどのように決めればいいのでしょうか?量の目安を調べてみるとこのような結果になりました。

  • バーベキューで必要なお肉の量

男性の場合・・・300g

女性の場合・・・200g

子供(中学生以上)・・・目安は男性の量

子供(小学生以下)・・・目安は女性の量

こんな感じですね。あくまでも目安となります。

ただ、場合によっては「肉よりも野菜とか、海鮮系が食べたい!」という意見もあるでしょうし、肉が好きすぎてたまらない育ち盛りの子には上記よりもさらなる量の肉が必要です。場合によっては肉が主食になるのがバーベキューの特徴でもあるので。笑

2015-05-10_121726

「主役は肉だけど、好みによって他の食材の量を調節する」

これがベストな考え方ですね。特に野菜の量は少ないながらも需要はあるので、事前に参加者に聞いてみて、「肉多めがいい」「野菜多めがいい」という意見を仕入れておくのも大いにアリでしょうね。

野菜は焦げ付きがちですが、せっかく用意した食材なので食べましょう!

まとめ

では、バーベキューのお肉について「どこで買うの?」という疑問に答えさせていただきました。

場所・時間・お金の面すべてにおいて簡単に準備のできる精肉店はぜひともオススメの方法です。お肉の量の目安についてはお店の方と相談すれば、だいたいの参考を教えてもらえます。

なので、特別なこだわりがなければ精肉店に予算と人数、それぞれの食材量の比率ぐらいを伝えておけば簡単に準備が出来てしまいます。無理なく・無駄なく・スマートに肉を用意するだけでバーベキューは相当はかどりますので、ぜひ参考にしてみてください。

好き嫌いなく、残さず美味しく楽しみましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ