2016-09-08_131414

女性の嫌われるポイントって、どんな所があると思いますか?

「男性に嫌われる女性」と「女性に嫌われる女性」の2つに分類できる話題ですが、今回は「男性に嫌われる女性」のパターンとして代表的な15のパターンを紹介していきたいと思います。

当てはまった人はドキッとするでしょうし、気が付かづとも当てはまっている場合もあるかもしれません。

ですがそれらのマイナスポイントは改善ができるものですし、いまから治そうと努力しても遅くありません。

女子力を高めることよりも大切な、マイナスポイントを減らす事にも努力して行きたい所ですね。

 

それでは、男性に嫌われやすい女性の16のパターンを紹介して行きますのでご参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

1.接する人によって態度が激変する

ある人にはメチャメチャ話しかけるのに、あの人には凄く冷たい態度をとる・・・。

実際に話しかけられることはなくとも、男性は意外とそういう所に敏感です。

くれぐれも、温度差を感じられるような態度はとらないようにしましょう。

2.臭い!

見た目はカワイイのに、口から餃子の匂いがする・・・。

匂いは目の前のバラやゆりの花でさえも、ラフレシアに変えてしまう威力があります。

3.酒癖が悪い

酒癖が悪いだけで、意外と男性からの評価は下がります。

飲むだけ飲んで酔っ払って、いきなり泣いたり怒ったりされては困ってしまいますからね。

万が一、その女性と交際を考えていてもそういう一件で水に流れてしまうケースもあるので注意しましょう。

4.愛想が悪い

愛想が悪いだけで、間違いなく9割ぐらいのチャンスを逃しています。

「男は度胸、女は愛嬌」と言われているぐらい、昔の言葉にはそれなりの訳があるってもんです。

とりあえずニコニコしておくだけでも好印象なので、笑顔は忘れないようにしたいですね。

(逆に男性の場合はずっとニコニコしていると変なのでやめましょう。笑)

5.言葉遣いが汚い・浅はか

「すげー!」「キモっ!」「ウザッ!」「意味分かんない」

こんな発言をされたら、間違いなく男性からは印象が悪いです。

自分の気持ちを表現するのは大切ですが、こんな言葉は望んでいません。

もうちょっと感情の工夫をして、発言をひねりましょう。

頭の悪い女性を自分のそばに置きたくないと考える男性は意外にも多いので、ここを忘れないように気をつけたいものです。 

6.食べ物の好き嫌いが多い

食べ物を食べる機会がある場合は、気をつけなければいけません。

「私って、〇〇と○○と〇〇は食べれないんだー」って、結局サラダしか食べてないじゃん!と突っ込んでしまいたくなります。

好き嫌いが多いと男性としてはいろんなお店にご飯に連れて行きづらくなりますし、子供っぽさすら覚えてしまいます。

なんでも食べる事は健康にも効果的ですし、お肌を健やかに保つためにも忘れてはならない要素ですから克服すべきでしょうね。

7.やたら年収や職業の話を引き合いに出す

これは男性が地味に傷つくキーワードです。

男性にとって、仕事はお金以外の所で語れるエピソードがたくさんあるものです。

現場作業員やお医者さんを一緒くたにまとめて、数字だけで男性を見限らないようにしましょう。

それぞれに誇りをもって、それぞれに役立っている分野があるのですから。

8.とにかく派手

上から下までヴィトン・シャネル・コーチ・エルメスでコーディネートしている女性は、本人はオシャレのつもりかもしれませんが男性からしてみれば避けたい存在です。

だって、自慢してくるだけでもちょっと引いてしまうのにその女性と付き合った時のことを考えると金遣いが荒くて苦労しそうなのが目に見えてしまいますからね。

ブランド物をファッションに取り入れる場合は、ゴテゴテよりも嫌味のないさり気なさを目指しましょう。

9.化粧が濃い

女性にとっては「カワイイ!」と済まされがちですが男性からの濃いメイクはマイナス評価になりがち。

というのも、その濃いメイクを落とした時の顔の違い(落差のようなもの?)を想像されかねないからです。

男性を意識するのであれば、ゴテゴテのメイクではなくナチュラルメイクを目指すべきでしょう。

10.誰にでも色目を使う八方美人

これも気をつけたいところですね。

計算高い考え方をするのはある意味目ざとくて賢いのかもしれませんが、それを回りに悟られてしまったのでは意味がありませんし、会話を交わす前から「何だあのこは・・・。」のマイナスの印象を与えてしまいかねません。

八方美人にならず、かといって人によって態度を変えずという両方の要素を満たすのは難しいですが、何事も「過ぎたるはなお及ばざるが如し」ということを肝に銘じておきましょう。

11.「おごってもらうのが当たり前」の考え

食事に連れて行ってもらった際に、やってしまいがちなのがコレ。

お会計の時に全く払う意思を見せないのは男性からしてみればマイナスイメージです。

たとえおごってもらえる場合でも、お会計の時に自分の財布を出すぐらいの仕草は見せるべきです。

「今度はおごらせてもらいます!」とかのセリフも付ければなお良いでしょう。

12.とにかく後ろ向き

「どーせ私は幸せになれないんだよ・・・。」なんて言われても、リアクションに困る男性がほとんどでしょう。

ネガティブな発言は口にすればするほど自分の悪いところを肯定することになりますから、できるだけ慎むべきです。

13.全てを女友達に暴露する

男性とした、人には言えないような話題を簡単に女友達にばらしてしまう女性っていますよね。

ヒミツを筒抜けに、それもよく知らない友達相手に暴露されるなんてたまったもんじゃありません。

まず口にだす前に、こう頭に思い浮かべましょう。

「自分がこの話題を他人に言いふらされたら、どう思うだろう?」

14.泣けば済むと思っている

これが許されるのは、10代まででしょう。

どんなに自分の非を追い詰められても、最後は泣いて逆に周囲を悪者に仕立てあげようとする最悪の手段です。

20代にもなって泣き出して責任を放棄するのは愚の骨頂ですから、責任感を持った行動を心がけましょう。 

15.「ありがとう」が言えない

ありがとうって言う場面は、意外とあるものです。

何か物をとってもらったとき・問題を解決してくれたとき・おごってもらった時などなどですね。

「やってもらって当然!」なんて思っていたら、いつの間にか誰も見向きもしてくれなくなります。

何かしてもらったら、ありがとうと言う癖をつけたいものです。

 まとめ

男性版の「女性に嫌われる男性のパターン」と少し違って、男性に嫌われる女性の方は「それって人としてどうなの?」という部分や内面の部分にフォーカスを当てている事が多く見受けられました。

しかし、今まで潜在的に現れていた欠点とされているところを改善してしまえば治していけますし、今後どんな場面においても役立つスキルになりますから、これらのマイナスポイントを克服するのは今からでも遅くないでしょう。

それでは、男性に嫌われる女性の特徴として16のパターンを紹介しました。

すべてを否定するわけではありませんし、ご参考に程度にしていただければ幸いです!

関連記事 → 逆に、女性に嫌われる男の特徴は?

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

“男性からの評価が最悪!嫌われる女性に共通する15の特徴まとめ” への3件のフィードバック

  1. 男性です。
    11と15に関しては強くそう思う。
    別に見返りを求めてはいないが、こっちのする事に対して相手もしっかり応えてくれないと張り合いが無いです。
    恋愛は二人でするものだから、お互いに努力をしないと上手くいくはずがない。
    ちなみに以前付き合っていた女性が上記のタイプで凄く嫌になって別れました。

  2. 今自分の好きな人は派手と臭い以外はほぼ全部当てはまりますが普通に好きですよ。

コメントをどうぞ