2016-10-01_171124

こんにちは。TGです。

Youtubeではすでにおなじみのペンナイパッポーペン。

同氏は動画サイトを中心に一気に人気者になり、今や動画をコピーする人、本家よりもリアリティのある振り付けをしている人も散見されます。

現時点で彼の動画はダブルミリオンどころかさらに0が1つ多い再生回数となっています。

つまりYoutubeで収益化したとすれば1動画で数十万円は稼いでいる計算になると思いますが…。

今回は世間をペンパイナッポーペンさせている、

「ペンパイナッポーアッポーペン」の歌詞の意味や振り付け、衣装や彼の今後について書いていきます。

また、

「一発屋じゃね?」

と、お決まりのフレーズが出ている点についても言及していきたいと思います。

スポンサーリンク

ペンパイナッポーアッポーペンの歌詞の本当の意味は

一体何なのでしょうか。

この動画が流行って意味もわからないのと同じで、
作った意図や歌詞の意味も全くわかりません。

とりあえず、

「パイナップル」と「りんご」

をペンでぶっ刺しているところまでは想像できます。

「ペン」+「パイナップル」+「アップル」+「ペン」

の4つの要素からなりますね。

公式動画はすでに海外からのコメントも盛況。ジャスティン・ビーバーの影響力やばし。

ちなみにおさらいですが、歌詞はこんな感じです。

 

 I have a Pen

I have an Apple

un…”Apple pen”

I have a pen

I have pineapple

un…”Pineapple pen”

Apple pen. Pineapple pen

un…

“pen pinapple apple pen”

 

うん。。。

「まあ、そうなるわな」

という感じしかしませんね。笑

数々のYoutuberが必死こいて再生数を頑張って集めている中、彼のチャンネルはこの1曲だけで一気にスターダムを駆け上がりました。

爆発力半端ないですが、
売れなくなったときの反動を考慮して
今のうちから戦略立てなきゃですね。。。

いろんな曲とリミックス出来ると思うのでぜひ今のうちからオファーをしておくのも悪くないかなと思います。

あとはCDを今年中、できれば流行語大賞前に売ってしまうことですね。

余談ですが、動画の流れで行くと

アップルが先に来る必要があると思います。

「ペンパイナッポーアッポーペン」

じゃなくて

「ペンアッポーパイナッポーペン」

ですね。個人的にはシュールなのは大好きなのでどちらでもいいのですが!

振り付けや衣装についてもチェック!

ぜったい忘年会で使われますねこれ。

振り付けはちょっとオネエっぽく手をくねくねとさせて、
脚は軽快にテンポに合わせて足踏みします。

 

ペンと果物を結合させた時にはドヤ顔でカメラ目線をし

「pineapple pen」と、

ドヤ顔で幅を利かせる感じで歌っていきましょう。

衣装は吉本新喜劇に借金取りとして出てきそうな
ヘビ柄のサテン?シルク?のスーツに
ひらひらとした黄色いヒョウ柄のストール。

大阪のおばちゃんが身につけていても何ら違和感がありません。

というか、ワンピースの黄猿ことボルサリーノにそっくりですね。SNSでも話題になっていました。

カツラとサングラスはまんま借金取りのおっちゃんです。

こんな感じで取り立てに来られたら恐ろしいですね。

「I have a 督促状」 「I have a pen」

ズンチッズンチッ…

みたいな感じで来られたら思わず払ってしまいそうです。

ちなみに衣装は、オフィシャルではありませんが売っています。ペンとパイナップルとリンゴは別売りです。

一発屋かもしれないけど

世間では早くもバッシングが起こっていて

「なんちゃらゴレライと一緒やん」

「なんでこれが面白いのかわからん」

なんて風に言われてしまっています。

当ブログでも過去に彼等のネタを扱いましたが、現在は見る影もなく…。

ちょっと悲しくもありますが、
サイクルの早い芸能界は
売れ続ける技術が必要。

とはいえ、そもそもの話として一発屋で売れること自体凄いことだと個人的には思います。

が、売れている今だからこそ
何をするかで大きく変わっていきそうです。

彼(ピコ太郎)さんも今のうちに手堅いトークやレギュラーを確保しておいたほうがいいかもしれませんね。

ちなみにペンパイナッポーアッポーペン以外の持ちネタもあるので、

よかったらチェックしてみてくださいね。

関連記事

PPAPの着うた・itunes配信はいつ?Youtube収益はおいくら万円?

ピコ太郎が本名を明かさない理由!ようつべからの収入と年収はおいくら万円?

 

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ