2016-11-11_210841

ども。TGです。

今年もいよいよ大詰めに差し掛かり、大掃除の季節が近づいてきました。

ひとり暮らしの方はもちろん、主婦の方はこれから年末にかけて大忙しのシーズンですよね。

「今年の汚れは今年のうちに」……

なんて言うのは簡単でも、
家中の大掃除は大変です。

効率よく、そして確実に大掃除するためにも、今のうちから準備や心構え、掃除のチェックリストを作っておきましょう!

また、様々な掃除グッズの使い方を知っている・知らないでは効率も全然変わります。

今は便利な掃除グッズがたくさんありますので、手早くきれいに掃除するためにも「どんな掃除グッズがあるのか」という情報を仕入れておいて損はありません。

「年末に駆け込み大掃除をして結局終わらなかった」なんてことにならないためにも、今の間にしっかり準備を整えておくことが大切です!

スポンサーリンク

大掃除のやり方の基本を知っておこう

「家中の大掃除」というと、特に一軒家の方などはどこから始めたらいいのか分からなくなってしまいますよね。

掃除には最も大切なルールが1つあり、これを守ることで効率よく大掃除を進めることが出来ます。

まず最初に意識しておくべきなのが、

「最初は一番上・一番奥から掃除を開始する」

ということ。

これが最も大切なやり方であり、知っているのと知らないのとでは全然効率が違うのです。

少し考えれば分かることなのですが、例えばワンルームの場合、真っ先に目立つ床をきれいにしたとします。

2016-11-11_210933

その後クローゼットの中身を取り出し、掃除をしてしまうと床はどうなるでしょう?

……

せっかくきれいにしたのに、クローゼットのホコリや汚れが飛び散ってしまいますね。

クローゼット内で、先に手が届きやすい下部分を掃除してから上の荷物を取り出した場合も同様です。

「最初は一番上・一番奥から掃除を開始する」

これを知っておくだけで二度手間が省けますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

  1. 照明、電灯、天井から掃除
  2. 壁や家具の上などを掃除
  3. 最後に床を掃除

というパターンで進めていきましょう。

また、家中全てを見た場合にも、このやり方は適用出来ます。

奥の部屋の汚れを取り除くために、やはり手前の部屋にも汚れを持ち込むことになります。

なので、

出来るだけ奥の部屋から
掃除するのが大切なのです。

しかし家は生活空間でもあり、「奥から手前」と言っているとリビングなどでしょっちゅう汚してしまう場所を真っ先に掃除することになる可能性もあります。

この場合は無理をせず、「日頃あまり使わない空間」……例えば客間などから優先しても良いと思いますよ。

大掃除であると便利な道具は?

大掃除を始めてから「あると思っていた道具がない!」と買い出しに行っていては、やはり効率が悪くなります。

ただでさえ忙しい年末なので、出来る限り早く掃除を済ませなければなりません。掃除道具の買い足しなんて、他の家でもやっていますし、ホームセンターの駐車場は鬼混みです。

大掃除に絶対必要な道具は最初に確認しながら揃えておき、手早く進められるようにしておきましょう。

ご家庭や汚れの状態によって揃える道具も違うと思いますが、大体このような道具があれば問題ないと思います。

  • 雑巾
  • バケツ
  • 歯ブラシ
  • 新聞紙
  • 軍手、ゴム手袋
  • スキージー、水切り
  • 各種洗剤

■雑巾

拭き掃除のためには必須のアイテムです。

この時のポイントはまっさらな新品のものでなく、古いタオルや着なくなったTシャツなど拭きやすい布を集めておきましょう。

こういった見た目のものが、掃除には一番向いてますね。

2016-11-11_210521

同じように、もう捨てる予定のヨレヨレになった服や肌着を使うのもいいです。

新品の雑巾は水を吸いませんし、そもそも水をはじきます。なので汚れた所よりかは仕上げのような用途につかいます。

たくさん用意しておけば、
どんどん使っては捨てを繰り返し
効率よく掃除できます。

「いらないものの処分」も同時に行えるので、このやり方は本当にオススメです!

■バケツ

拭き掃除をするためには、やっぱりあったほうが便利です。

2016-11-11_210548

レンジフードなど、ちょっと油の頑固なところの掃除に使う場合には、画像のような外でも使うような古いものでもOKです。

また、

汚れるたびに水道のある場所まで移動して洗っていては手間もかかるので、まとめて部屋中を拭くのに使って、仕上げ前に一度戻るくらいのやり方をオススメします。

■使い古した歯ブラシなど

使い古した歯ブラシは、細かな汚れを掃除するとき本当に便利です。

窓の桟(窓を開け閉めするときのレール部分など)は雑巾では細かい汚れが取りにくく、使い古した歯ブラシを使うとスルスル取れて感動しますよ!

2016-11-11_213304

また、もしも薬局の安売りでお買い得な歯ブラシがあった場合、新しい歯ブラシがあるとかなり強力です。

使い古したものは毛先が丸まっているものが多いので、ここであえて新品を用意するとかなり綺麗に掃除することができるようになります。

もちろん洗面所の細かい汚れ、お風呂場などでも活躍します。

使わなくなった歯ブラシは、年末掃除用に基本ストックしておくといいですね。

■新聞紙

「新聞紙を濡らして窓を拭くときれいになる」というのはよく知られている小ワザですよね。

新聞紙に含まれるインクが、汚れをつきにくくしてくれます。

2016-11-11_210617

汎用性の高い掃除道具ですし、汚れたらそのまま捨てられるので、ぜひとっておきましょう。

そういった場合はもちろん、ちょっとしたホコリよけや大切な物を外へ逃して置いておく際など、あらゆる場面で新聞紙は活躍します。

あとは、災害時の焚き火着火剤にも使うことができます。

負担にならない範囲で保管しておきましょう。

■軍手やゴム手袋

大掃除はやっぱりどうしても手が汚れるものなので、何度も手洗いする手間を省くことが出来ます。

用途に応じて使い分けるといいですね。

  • トイレ掃除や水仕事にはゴム手袋
  • 屋外の清掃時には軍手
  • 重量物の運搬にはグリップ手袋

と言った感じで用途に応じて使い分けるといいですね。

ちなみにグリップ手袋はこういうものです。ホームセンターで約150円也。

2016-11-11_210641

また季節的に、水仕事を素手で続けるのはつらいですよね。

手荒れしやすい方などは特にゴム手袋の有無で全然変わりますので、普段使わない方もぜひ用意しておいてください。

■スキージー、水切り

窓や広範囲のタイルの掃除には大活躍します。

水や洗剤をかけて、最後の水切りにあると非常に便利。新聞紙で磨くまえにこれがあると新聞紙の節約にもなります。

2016-11-11_210656

こんな感じで、フロア用と窓用があるので、ホームセンターで探してきましょう。

■各種洗剤、その他

場所や用途に応じて、必要な洗剤を用意しておきましょう。

  • 台所にはマジックリン
  • お風呂にはカビキラー
  • 油汚れには専用の洗剤
  • 洗濯機には酵素系洗剤

など、用途に応じて必要なものをそろえておきます。

2016-11-11_210724

住居用の洗剤やワイパーのシート、フローリングのワックスがけをする場合はワックスの準備、台所の油汚れ用の洗剤やお風呂用洗剤など、日頃使っているものから大掃除用まで洗剤の確認もしておきましょう。

またホコリを吸い込まないためのマスクや衣服の汚れ防止のためのエプロンなども、必要に応じてあらかじめ用意しておくと安心です。

漏れなく掃除するための大掃除チェックリスト!

いつもより掃除する場所も多く、頭で管理していてはどうしてもミスや漏れが出てしまいます。

大掃除のチェックリストを作り、掃除が終わった部分からチェックしていきましょう。

今回筆者が作ったPDFのファイルも用意しておきますので、良ければ活用してみてくださいね。

大掃除チェックリスト(PDF)

2016-11-11_210413

※クリックで拡大

大まかにまとめましたが、ここから更に窓なら「網戸→ガラス→窓の桟など」というように細分化してメモしておくと分かりやすくなります。

毎日使って汚れやすいリビングやキッチン、お風呂場、トイレといった場所は最後に回し、日頃あまり使わないクローゼット、一度掃除すればOKな天井などを最初に掃除しておきましょう!

こちらに

大掃除を要領よくこなすコツは?

大掃除をこなすコツはチェックリストを確認しながらどのくらいかかるのかを予測し、それに合わせたスケジュールを組むことです。

安易に考えていると

「『1日あれば終わる』なんて油断していたら半分も終わらなかった……!」

なんてことにもなりかねません。

特に掃除する場所が多く年末にはおせち準備なども考えなければならない主婦の方は、最初にある程度の量を見越して「日曜日の午前は掃除時間!」と時間を区切って決めておくと後々で楽になります。

また掃除の基本としてもう一つ、「いらないものは捨てる」ということも覚えておきましょう。

「また使うかもしれないから」と何年もクローゼットの奥にしまいこまれている物などは、よほど必要なタイミングがあると分かっているものでもない限り使うことはほとんどありません。

大掃除はこういった使わない物を処分するには一番良いタイミングなので、思い切っていらないものは捨てていきましょう!

最後に、「100%完璧にきれいに!」なんて目標は立てないほうが気楽に進めることが出来ます。

完璧を求めすぎて一箇所にこだわるよりも、家全体をきれいにしたほうが総合的な大掃除としては完成度が高くなります。

無理なく頑張れる範囲で大掃除を進めていきましょう!

大掃除に便利なおすすめグッズ紹介

なくても何とかなるけれどあればとても便利で効率よくお掃除が出来る、そんな便利グッズを紹介していきます!

■床掃除のお供に!アイリスオーヤマ スティックスチームクリーナーホワイト

 

洗剤を使わずに床などの除菌が出来る、安心タイプのスチームモップです。

フローリング床はもちろん、お風呂や和室、トイレなど幅広い範囲を掃除することが出来ます。

安心のチャイルドロックと手元スイッチ、立ち上がりはわずか30秒と、忙しい掃除の間に欲しい機能がたくさんついています。

水の追加も簡単なので、掃除の効率も上がること間違いないです!

■洗剤無しで汚れが落ちる!レック 激落ちクロス・マイクロファイバー(10枚入)

 

このお掃除クロスは「洗剤を使わずに汚れを落とせるタイプ」となっていて、細かい繊維が油汚れやホコリをきれいにしてくれます。

水分の吸収率も良く拭き掃除の仕上げに使えますし、薄手なのでワイパーに装着して床の拭き掃除も可能です。

「10枚入り」とたくさん入っているのも嬉しいポイントなので、ぜひひとつ購入して試してみてくださいね!

実は100均のお掃除アイテムがお得!

ここ最近、百均でも随分便利なアイテムが増えました。

百均は「とりあえず試してみよう」と気楽に使えるのが魅力ですし、ぜひ一度試してみてくださいね!

■メラミンスポンジ

「メラミンスポンジ」というものはご存知でしょうか。

もうすっかりメジャーになった印象がありますが、こちらの商品もすごくオススメです。

 

激落ちクロスと同様、水だけできれいになるというスポンジです。

これが百均でもたくさん販売されていて、一般の商品と同じように使うことが出来ます。場合によっては100均よりも100円じゃないもののほうが使い勝手が良かったり、量が多かったりするので、そのあたりもチェックですね。

【検証動画】メラミンスポンジ使ってみた!【ダイソー】
https://youtu.be/zGQp4ck6QFI

お皿だけではなくシンクやちょっとした汚れなど、様々な場所に使えます。

洗剤を使わないという安心設計なので、子どものおもちゃにも良いかもしれませんね。

■サッシの隙間に!ペットボトルでおそうじ

ホームセンターでも同じような商品はあるのですが、ペットボトルのフタ部分にブラシを装着して掃除するタイプの商品がたくさんあります。

 

ブラシだけではなくスポンジタイプのもの、サイズも様々と充実していますので、これを使えば「使い古した歯ブラシの代わり」にもなりますし、小さな部分の掃除もやりやすくなります。

例えばこんな使い方ですね。

【窓の桟掃除】100円ショップダイソーの「ペットボトルでおそうじ」使ってみました
https://youtu.be/fvGKYsRL4jU

砂汚れなどが溜まりやすい窓の桟などに、ぜひオススメしたいアイテムです!

また安心かつ手荒れにも優しいと言われる「重曹」、これを使ったクリーナーなども各種販売されています。

重曹を掃除に使う場合は粉を水で溶いて使うことが多いのですが、百均だと最初からスプレータイプとしても販売されています。

使用用途に合わせたものを安く買えるので、洗剤を買う前に一度百均を覗いてみることをオススメします!

まとめ

大掃除を考えると気が重くなってしまう方も多いと思いますが、こうやってリストにまとめて一つずつこなしていけば大分楽になるのではないでしょうか。

百均アイテムは紹介したもの以外にも掃除グッズはたくさんありますし、各種ワイパーシートやカンタンにさっと拭けるシートも充実しています。

「ちょっとずつ時間をかけて大掃除をする」というタイプの方は、特にこういったさっと取り出して使えるアイテムがあると効率よく進められるのではないでしょうか!

とはいえこれからの季節は、誰もが忙しいものです。

「絶対に家中ピカピカにする!」と無理はせず、ある程度妥協しつつ満遍なく掃除するほうを優先したほうがやり残し感もなくなって達成感を味わえると思います。

人によってペースは違うと思いますが、今年の汚れをきちんと落とせるようにがんばりましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ