2016-02-15_181156

寒かった冬も過ぎ、だんだんと春が近づいてきていますね。

4月から新社会人になるなんて方も多いのではないでしょうか。

部署異動などによる歓迎会、新入社員の歓迎会など何かとお酒を飲む回数が増える時期かと思います。必然的にお酌をする機会も増えるのでは?と思います。

新入社員の皆さん正しいお酌の仕方知っていますか?会社に入れば、忘年会や新年会といったお酒を飲む場も増えてきます。

お酌上手になって、上司・先輩からの株を上げてみませんか。

スポンサーリンク

新入社員がマスターしておくべきお酌の基本とタイミング

お酌回りは上席からするようにします。主賓や上司から順に回っていきましょう。

お酌をするタイミングは場合によりけりですが、できれば乾杯を終えた直後に回りはじめたほうがスムーズになると思います。

しかし、混み合っていて他の人も混ざって座っている場合はこの限りではありません。場の雰囲気を見て回るようにしてみてください。

2016-02-15_181259

また、ときどきビール瓶を持ってお酌に回る人をよく見かけますが、これはマナー違反になります。お酌をする時は手ぶらで構わないのです。

お酒はその席にあるお酒を注ぐようにしましょう。会場の都合上、無理に移動をして他の参加者の邪魔になるようであれば席をいどうしてまでお酒を注ぎに回る必要はありません。

こちらからお酌をする場合、テーブルで対になっている方にお酌をするのもよくありません。必ず隣まで移動してから次ぐようにするといいですね。

ビール・ワイン・日本酒のお酌のやりかた&正しい注ぎ方

お酌にはお酒の種類によってやり方が変わってきます。注意する点も変わってきますので、種類ごとしっかり身につけておくと良いかと思います。

【ビール編】

宴会の席では、瓶ビールが多いはず。最もお酌する頻度が多くなる物です。まずは、ビールのお酌の仕方からマスターしましょう!

ビールは空のグラスに注ぐことで美味しく飲めるので、「ビールはいかがですか」などと声をかけ、飲み干してもらってから注ぐようにしましょう。

2016-02-15_182431

お酌をする時は、ラベルを上にして片手で瓶の下の方を持ち、反対の手で瓶の下を軽く支えるようにします。この時、手でラベルを隠さないように注意してください。

この理由は注いでいるときにラベルをビールの滴で汚さないようにする、という配慮のためですね。

次に注ぎ方ですが、高めの位置から勢いよく注ぎだんだんゆっくりにすると、良い泡が立ち美味しくなります。

【ワイン編】

次にワインの注ぎ方を紹介します。

2016-02-15_182426

ワインはビールと同じように、ボトルのラベルを上にして手でラベルを隠さないようにします。片手でボトルの下の方を持ち、反対の手でボトルの下を軽く支えるように持ちましょう。

ワインを注ぐ時はグラスの3分の1くらいまで注ぐようにします。注ぎ過ぎには十分注意してください。

【日本酒編】

最後に日本酒編です。

普段日本酒を飲まない人にとっては、どんな風にお酌すればいいのか全く未知ですよね。

まず徳利の持方ですが、徳利の真ん中部分を右手でしっかり持ち左手は下側に添えるようにします。

2016-02-15_182420
熱燗の場合は火傷をしないように徳利の首部分を右手で持ちます。左手は徳利の底部分にタオルなどをあてて持つようにしてください。

注ぐ時はお猪口の8分目までを目安に注ぎます。

また、お猪口がテーブルにある時にお酌をするのは“”置き注ぎ“と言って失礼になります。必ずお猪口を持ってもらってから注ぐようにしましょう。

上司からお酌を受けるときはどうしたらいいの?

お酌回りに行った時に、お酌を受ける時もあります。正しいお酌の仕方があれば、正しいお酌の受け方もあるのです。

まずはビールですが、グラスの中にまだ残っている場合は飲み干してから注いでもらうようにしましょう。

注いでもらう時は、グラスを傾け過ぎに注意して、グラスの底に両手を添えて持ちます。

2016-02-15_181936

次にワインですが、グラスを触ったり持ったりしてしまうのはマナー違反です。グラスはテーブルに置いたまま注いでもらって下さい。

日本酒は、お猪口を両手で持って注いでもらいます。女性はお猪口の下に左手を添えて両手で持つようにします。

でもって、それぞれの飲み物を上司から注いでもらったあとは1回だけでもいいので飲み物に口をつけましょう。ここまでできている人は少ないので一目置かれる可能性が高いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。お酒の注ぎ方にもいろいろ種類や方法があるんです。

マナーは色々ありますが、根底にあるものは「相手への配慮」の一言に尽きます。

飲みニケーションという言葉もあるように、お酒を飲んで親睦を深めるという場面も沢山あると思います。飲み会は苦手だから・・・面倒くさいなどの理由で断る前に出来るだけ出席して親睦を深めたいものですね。

そこで、お酌のマナーを実践して同期より一歩前をいってほしいと思います。

上司にお酌を褒められたらあなたの格もあがりますし、これから会社で仕事ももやりやすくなりますよ!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ