こんにちは。TGです。

運動の秋、スポーツの秋、マラソンの秋ということで世間はスポーツの秋に染まりつつあるかなと。

そんな中でも特にタイムリーなイベントと致しましては、大阪マラソンが2016年10月に控えております。

今年も芸能人が多数参加するであろう大阪マラソン。

参加者、応援者ともに注目のマラソンイベントになっていることと思います。

今回は大阪マラソンの参加者にとって必要な情報、参加芸能人など視聴者側に必要な情報などを中心にお話していきますね。

スポンサーリンク

大阪マラソン2016大会の概要!出走時間やコースは?

日本国内の主要なマラソン大会としては

  • 東京マラソン
  • 那覇マラソン
  • 大阪マラソン
  • 名古屋ウィメンズ

などなどがありますが、
こちらの大阪マラソンは
東京に次ぐ規模で開催されるものです。

大阪城公園前でクラッカーが鳴り響き、インテックス大阪前までを各ランナーが一目散に疾走します。

筆者はマラソンが好きですが、
こういう競技イベントって優劣がつくので
出来る限りマイペースに走りたいです。笑

まあ、秋に開催されるこちらのマラソンは、冬の時期にある東京マラソンよりかは涼しさそ面で負けてしまうものの、倍率は比較的低めの傾向にあるようなので気軽に走れる方かなと思いますね。

大阪マラソンのコースとしては

  • 大阪城公園前
  • なんば駅
  • 淀屋橋
  • 大阪城外堀
  • 大阪市役所
  • なんば駅
  • 京セラドーム
  • 通天閣
  • スポーツデポ住之江
  • ミズノ大阪本社

という感じでそれぞれの主要ポイントが分かれています。

コースの図はこんな感じ。

2016-09-17_152104

参考元: http://www.osaka-marathon.com/2016/info/course/

やだ…すごく往復コース多い…。

コースあアップダウンも少なくそこまで負荷のかかるコースもないでしょうが、タイムを奪われそうな折り返し地点の部分のクリアをしていく必要もありそうです。

特になんばの交差点あたりは3回も見ることになり、同じ風景を見ると無意識に疲労感を感じてしまいそうな気もしますので…。

応援に適したところはいうまでもなく交差点付近ですが、混雑することを考えて駅前など、思い切りポイントをずらして

選手を見つけたら応援 → すぐ電車で移動

みたいな感じにするのも良いかもしれません。

参加芸能人と歴代の記録まとめ

大阪マラソンは一般人の普通に走りたい方からガチ勢の方までが幅広く参加する大会でもあります。

加えて今年も例年のように芸能人・有名人が参加しますので気になる方はチェックしておいてくださいね~。

参考リンク: http://www.osaka-marathon.com/2016/runner/runfor/

ただ、現時点では
参加表明している芸能人が
まだいないようなのです。

著名人としては京都大学の山中伸弥教授が参加されるそうですが…。

教授がマラソン!?みたいに思ってしまいました…が、大阪マラソンは老若男女問わずフリースタイルで参加できる敷居の低いイベント。

著名人が参加されるだけでもかなり違うのでは、と思いますね。

ちなみに…

 

去年はジャニーズwestやコブクロもご参加なさったとのことで、結構なマラソン参加者数を誇りました。

まだ今年彼らが参加するという情報は出ていませんが、記録を振り返ってみると衝撃の事実が…。

 

小渕健太郎さん:3時間40分26秒

中間淳太:4時間24分56秒

濱田崇裕:6時間48分56秒

神山智洋:6時間40分15秒

 

ちょ…コブクロの小渕さんのほうが早いって一体どういうこった!!ジャニーズ勢頑張ってよ!という感じですね…。

まだ20代の現役ピチピチジャニーズでしょうし
運動神経も普通の人より優れているはず。

今年彼らは参加表明をしていませんが、去年は「4時間以内に完走する」と目標を掲げたいたそう。なのでできれば今年は去年の屈辱を果たしていただきたいものです。

 

最後に

とはいえ大阪マラソンはどんな人でも気軽に参加できる都市型のチャリティーマラソンです。

この活動によって地域が活性化していくことと思いますし、健康増進や福祉の気持ちをもって活動できる場でもあることでしょう。

開催まで1ヶ月半を斬りましたが、芸能人参加は間違いなく動員数にも影響するでしょうし早いところもっと名乗りを挙げていただきたいところ。

そして今年2016年のランナーも大勢参加を祈って健康・安全に走っていただきたいものですね!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ