2016-08-21_104217

こんにちは。TGです。

夜空を彩る流れ星……いつだって魅力的ですよね。

そんな流れ星が見られる流星群の1つ、
「オリオン座流星群」がもうすぐなこと、
ご存知でしょうか?

オリオン座流星群は明るく、
見つけやすい流星群として有名です。

今年は見やすい条件も揃っています。

今まで流星群に興味がなかった方も、
一度秋の夜空を眺めてみませんか?

忙しい毎日、たまにはゆっくり夜空を眺めながら
観察する日があっても良いと思います。

このオリオン座流星群について、
どんな流星群なのか、見やすい方向や時期などを
詳しくまとめています。

ぜひ一度、ゆっくり確認していただければと思います!

スポンサーリンク

オリオン座流星群って?

オリオン座流星群は最初にお話した通り、
とても明るい流星群です。

見つけることは難しくなく、時期を合わせれば
比較的簡単に見ることが出来るでしょう。

明るい流星が見られる原因は移動速度にあります。
比較的早い速度で移動しているので、明るく見えるのです。

放射点の場所はふたご座との境界付近で、
母天体はハレー彗星です。

ハレー彗星の名前は、
どなたも一度は聞いたこともあるのではないでしょうか。

最初に知られた彗星であり、
昔から多くの文献に記録が残っています。

みずがめ座エータ流星群もオリオン座流星群と同じく
ハレー彗星を母彗星としています。

残念ながら少し前に活発な時期が過ぎてしまい、
次に活発になるのは当分先となっています。

とはいえ、オリオン座流星群は元から明るい流星群です。

ぜひその明るさを、ご自分の目で確認してくださいね!

2016年のオリオン座流星群はいつ?

オリオン座流星群が見られるのは秋、つまりもう目前です。

そして今年最も観測しやすいと言われている日は

1021日(金)の0時~4

と言われています!

次の日、1022日(土)の同時間も見やすいタイミングです。

オリオン座流星群のピーク……極大は
21日の14時となっています。

残念ながら昼間なので、一番の時間は見ることが出来ませんね。

とはいえこれはあくまでピークです。

この前後24時間以内は
「いつでも見やすい」と言っても問題ありません!

深夜が一番見やすいというのも、
周囲が暗いからという理由が一番のものなのです。

「時間が合わないから」と諦めてしまっては、
もったいないですよね。

この日付近にお暇な時間があれば、
ぜひ夜空を眺めてみてください!

観察に適した方向・場所は?

「オリオン座流星群」という名前の通り、
オリオン座流星群はオリオン座付近で流れる流星群です。

観察したい場合、東の空をチェックしましょう!

見ていると、
等間隔・同程度の明るさの星が3つ見つけられると思います。

その3つを見つけたら、その上にある赤い星を探しましょう。

この星が「ベテルギウス」であり、
オリオン座流星群はこの星の左上が放射点となっているのです。

ここから様々な方向に星が流れていきますので、
ぜひ注目しておいてくださいね!

場所については、
何よりも「暗い場所」がおすすめになります。

街中では地上の光が明るすぎて、星の流れに気づけません。

オリオン座流星群は比較的明るいとはいえ、
それでも暗い場所から見たほうが気づきやすいのは確かです。

河川敷など、
周囲が暗い場所へ移動してから探すことをオススメします。

観察するときの注意点

今年のオリオン座流星群は、月齢が高く
月があまり明るくない時期に重なっています。

満月に重なると月明かりで流星が見えなくなることも多く、
今年はオリオン座流星群をしっかり見るチャンスなのです!

とはいえもちろん、月と同じ方角を見ていては
月明かりで目立たなくなることもあるでしょう。

手で月明かりを遮る、少しずらして観察するなど、
月に影響されない見方を考えていきましょう!

また、10月の夜は想像しているより冷え込みます。

昼間はまだ暖かさもあるので油断しがちですが、
観察に行く前にしっかり防寒対策を整えておきましょう!

とりあえず暖かめの上着を持って行くことをオススメします。

それだけで全然変わると思いますよ。

まとめ

オリオン座流星群は季節的にも見やすく、
確認しやすい明るい流星群です。

ちょっと日常から離れ、ゆっくり夜空を眺めて
流れ星を探すのもアリではないでしょうか。

観察するのに、特別なもの……望遠鏡なども必要ありません。

ぼんやり眺めていれば、必ず見つけられると思います。

レジャーシートを敷いて、
寝転がりながら探すなんていうのも楽しそうですね!

家の外、住宅街などで観察する場合、
やっぱり周囲の光で観察しにくいこともあるかもしれません。

そうなったら、
あとは時間でカバーするしかありませんね。

とりあえず15分、ゆっくりただ空を眺めてみましょう。

一度見ると、もっと見たくなります。

「寒さを忘れて眺めてたら風邪を引いてしまった!」
なんてことにならないよう、ご注意くださいね。

今年のオリオン座流星群、一番の見頃は1021日です。

今すぐスケジュール帳にメモしておきましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ