2016-11-23_203026

ども!TGです。

今回は彗星のごとく漫画界に現れた漫画家、ポプテピピックさんについて。

彼(彼女?)の発表しているWebマンガ、かなり引き込まれませんか?何って、独特の世界観と清々しいほどにクソな登場人物の立ち振舞いにです…。

なかなか出てこないタイプの漫画家ですが、独特の風刺があって元ネタが分からなくてもすごく笑ってしまうんです。もう中毒ですね、あれは。

そんな作品の作者さんは大川ぶくぶさん、という方なのですが、顔や性別は全く不明。

なんだろう、めっちゃ気になります。

スポンサーリンク

大川ぶくぶの本名や経歴は?

まず大川ぶくぶさんのマンガを見て思った一言。

「うへぇ…ゲスい!ゲス面白い!」

現在執筆されている「ポプテピック」のマンガは4コマ形式のマンガで、最初から最後まで一貫して腹黒さや憎悪、サブカル女を駆逐するような内容に仕上げられています。

独特の世界観があって、
今の時代にもマッチしてます。
なんか無機質なところが。

また、気になるのは大川ぶくぶさんの本名や経歴などなどなのですが、調べても全く情報を公開されていないので何も分からない、というのが現状ではあります。

でも、なんでしょう…このマンガ、そんなこと別にどうでもよくなってくるような中毒性があります。

現代にマッチしそうというか、いかにもバイラルしそうな感じですよね。


マンガのテーマは「サブカルの女を駆逐する」というものがあるとおり、こういった感じで話が展開されていきます。

4コマで1話完結が基本なので、
サクッと読めるのもいいですね。

筆者、ついさっきまで5分ぐらいでチラチラ見ていた感じだったのですが、気がついたら30分ぐらいポプテピピックにかけてしまいました…。超スピードとか催眠術とか、そんなちゃちなものじゃ断じて無くて、もっと恐ろしいものの片鱗を味わいましたね…。

他作品は同人誌がメイン

これだけインパクトのある作品を描かれている、ということは他にも何か描かれているのではないか?とも思いましたので、関連作品について調べて見ました…。

しかし、

現在のコミカル(かつエグい)描写の作品を中心に、同人誌などの製作のみをしている様子。

なお、現在の独特な4コマは現在のスタイルで、過去には通常のコマ割りでマンガを執筆されているようでした。

コミケなどに出られるのかまではちょっとわからなかったのですが、これは流行りますね!コスプレも簡単そうですし、一気に増えそうです。

顔や性別は非公開な件

これについても大変興味をそそる部分ですよね。

大川ぶくぶさん、作品以外の情報については一切情報を公開されていません。

漫画家は作品が気にされれば、作者の顔や性別についても検索されるのがセオリーなのです。

ところが…

まったく情報はないようですね。

微妙にtwitterのプロフィール部分には性別を判断できる唯一のヒントがあります。

2016-11-23_205531

参考元: https://twitter.com/bkub_comic

「japanese kuso manga “boy”」とあるので、もしかしたら男性なのかも?というところまではなんとなく想像できますが、一般人の筆者が得られる情報なんざそれぐらいの程度です。

おそらく、

普段から関わりのある漫画家さんとかだったら大川ぶくぶさんの素性を知っているのかもしれません。

このツイートを見る限りだと、波江野チカさんと親交があるようなので彼女とはもしかしたら知り合いなのかも!?

だとしたら波江野さんとも親交のあるであろう、中村光さんとも知り合いなのかもしれないですね。

まとめ

それでは、情報も少なくまとまっていませんが一旦ここでまとめとさせていただきます。

彼(彼女?)、筆者も初めて見るタイプの方ですが、本当に気になって仕方がありません。人気が出てきたらもっと新しい情報がでるかもですが、本人が公開されることを良しとしないのであれば、そのままにしたほうが良いかもですね。

ミステリアスなところがあったほうが、かえって人気が出るというものありますし。

ではでは今回はこのへんで!

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ