彼女との初デートなど、初めて私服を見る期待で胸がいっぱいなのは、なにも男性だけじゃありません。

私服には人柄が現れがちです。

私服のチョイスが苦手だと感じるだけで、

「あ、私無理かも・・・」

と逃げ腰になってしまう女性も少なくありません。

待ち合わせにどのようなファッションで登場するかは、女性の好感度を稼ぐ大きなポイントです。

どうせなら、
「かっこいい!」って思われたいですよね。

今回は、女受けが悪いファッションとそのポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

汚そう、においそうと思わせたらNG!

女性ウケを狙うためには、

「清潔感」

が非常に重要です。

いくら高級ブランドを身につけていても、汚く感じられたり臭いがキツイ場合は全く意味がありません。

それならユニクロでも清潔感で、
いい匂いであったほうが好感をもたれます。

では、もう少し詳しくお話していきましょう。

シャツがしわっしわ

白いシャツは好感度の高いアイテムですが、せっかくのシャツもしわしわだったら台無しです。

どこから引っ張り出してきたんだろう・・・

と生活までだらしなく見えてしまいます。
そして首回りの伸びも要注意。

スマートにジャケットを羽織っても、
中がびろーんと伸びて首回りがよれよれじゃ締まりません。

『しわ』と『よれ』は着る前によくチェックしましょう!

あとは首周りや袖周りは皮脂で汚れやすいので黄色い色が目立つ、なんてことがないようにもしたいですね。

できれば着ていく前に、
サッとアイロンがけできているのが望ましいですね。

背中や袖だけでもアイロンを掛けられていると
かなり印象が違います。

または、ドライで仕上げるのは難しい
という場合にはスチームで軽く撫でるだけでも印象が違います。

足元が汚い

オシャレは足元から、と言いますが
足元の汚さは想像以上に目立つもの。

それは何色だったの?

と思ってしまうような汚れた靴、履いていませんか?

履きやすいからと長年履いて、
穴が開いたりめくれたりしていませんか?

  • かかとがすり減っていたり
  • つま先が黒かったり
  • 砂や泥が付いていたり

意外と「足元を見る」
というのは
あながち間違っていません。

靴下も気をつけたいところ。ふと靴を脱いだ時に、靴下が真っ黒に汚れていたら何となく目が行ってしまうもの。

白をチョイスしたい人はとにかく清潔に!

自信が無い人は黒を選ぶのが安心です。

逆に革靴をキレイに磨いて使い込んでいるのは
マメな印象と清潔感を出せているので
好印象である場合が多いです。

毛がむき出し

意外と気になるのが体毛。

女性と少し高級なショッピング街や食事をするのに、脇毛がむき出しはラフすぎます。

あまりにむき出しの毛は
女性としては目が行ってしまうもの。

すね毛は専用のすきバサミを使って毛を薄くするのもいいですし、脱色クリームを使って毛の色自体を薄くするのも印象としては悪くなりにくいです。

また、タンクトップやショートパンツがダメなわけではありませんが、食事をしに店に入るときくらいは羽織るものが欲しいものです。

タンクトップで焼き肉は油が痛いですしね。

ファッションが独特すぎて着いていけない

man-918576_640

きっとこだわりがあるのよね…。

そう思うものの、独特すぎるファッションを理解するのは難しいもの。

彼女と並んで歩いた時に、あまりにちぐはぐなのは避けたいところです。

奇抜なファッションは時として凶器になります。

自分はカッコいい、と思っても
相手から微妙な反応があったら
それは良くないということです。

女性は一緒に歩いた時に絵になると嬉しいし、「あのカップル素敵だな」と思われたいものです。

柄物×柄物はNG

ハードルの高い柄物×柄物。

おしゃれなのかも知れませんが、
なんか目が痛い!

同時に、上は赤、下は青のパンツのよう鮮やかなカラー×カラーも、おしゃれであっても『女受け』は難しいです。

一緒にいる女性も同じ系のファッションを好む場合は良いですが、違う場合はすこしちぐはぐになってしまいます。

女受けを気にするなら、
ワンポイントにとどめるのがオススメです。

  • 柄物は上下どちらか
  • なるべくシンプルな柄にする
  • 色をチカチカさせない
  • 補色を組み合わせない

これを守るだけでも効果大です。

ちなみに補色とは

  • 赤色×緑色
  • 青色×黄色

といった正反対の色を組み合わせることです。

赤緑ではクリスマスカラーですし、青と黄色はツタヤカラーなんてバカにされちゃいますよ。

チェックシャツ×パンツ

着る人によって何故か差が出るチェックシャツ×パンツ。

着方を間違えたとたん、
オタクファッションに大変身です。

ポイントはサイズ感と小物選び。ピチピチすぎるのも、ダボダボすぎるのも微妙。シルエットが良く見えるジャストサイズを探しましょう。シンプルで高級感のあるベルトや靴で、ダサくならない工夫が大切です。

チェックシャツをはじめ、服は価格に比例してシルエットがよくなる傾向にあります。

今度服屋さんに行った時にチェックすると、その違いがわかりますよ。

ホスト?な胸元

開きすぎなシャツのボタンの隙間から覗く、胸元にじゃらっと揺れるネックレス。

キレイめであっても、
ナルシストを思わせる着こなしは
引かれてしまいます。

これで強烈な香水が匂って来たらそれもマイナス要素。何事もやり過ぎは良くありません。

ボタンを開けるなら、上2つだけ。
前回では品がありません。

胸元なんて見せなくても、
男性は喉ぼとけが見えるだけで十分なのです。

香水の臭いがキツい

先ほどの項目でも触れましたが、香水の臭いがきつすぎるのも考えもの。

「グッチの香水だから」と言って体全身に吹きかけるのはかえって逆効果。食事をするときも隣りにいる時もキツイ匂いがあると、生理的に身体が拒否する臭いへと変わり果ててしまいます。

ですので、基本的には香水を使う場合にしても
手首や首、お腹に向けて
多くても1プッシュで済ませましょう。

これは安い香水でも
高級な香水を使っていても
全く同じことです。

そもそも香水の臭いはキツイ傾向にあり、使い方が難しいという点もあります。

そういった場合には身体に吹きかけてもキツイ臭いになりにくい、ボディミストを活用したほうがいいでしょう。

  

(クリックで詳細表示)

こちらの製品はボディミストの中でもかなり秀逸な

「ギャツビー ボディフレグランス」

のシリーズです。

それぞれ、

  • フローラルの香り
  • 石鹸の香り
  • シトラスの香り

という種類に分けられます。

香水独特のまとわりつくような、
酔ってしまいそうな臭いではなく
「フワッ」と爽やかに香るのが特徴です。

そして香水では出来ないであろう
「頭にふりかける」ことも可能です。

身体も頭も気になる臭いをコレ一本で
一気に消せるのは便利ですよ!

臭いの持続性がないわけでもなく、ほんのり香るので女性からの評判もいいです。

かつて私も友人に進められたので何となく使っていたのですが、使ったその日から「なんかいい匂いがする!」と職場の周りにいる女性からはかなり好評の様子でした。

価格も1つ600円未満と安価なので、
気軽に試せるのもいいところですね。

この商品は薬局では手に入りづらいので
通販から購入することをオススメします。

通販のほうが価格も安いですからね。

デートや人に合う前に、
かばんに忍ばせておいてはいかがでしょう?

まとめ:TPOと清潔感だけは必ず守ろう!

今回の記事では男性が異性と会う際に、避けるべき服装や見た目についてお話させていただきました。

服装には好みやこだわりがあるので、全ての女性に受けるのはなかなか難しいもの。

しかし女性が絶対に嫌なのは『汚い』ということです。

基本的には、
「清潔感」をおしゃれさよりも
優先するようにしましょう。

同性と合う時にも
相手に綺麗さを感じなかったら
不快ですよね?

ですので、どのタイプの服を着る場合も、とにかく清潔感にはこだわりましょう!

シャツを着るなら皺を伸ばして、靴は汚れを落として。それだけで随分印象が良くなるはずですよ。

TPOに合った服装をすることも大切です。

スポーツをする時とディナーをするときが同じなのは考えもの。出かける場所にあった服装を心がけるだけで女受けはアップすると思います。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ