2016-10-27_145827

赤ちゃんの生後100日頃に行う行事として、「お食い初め」があります。

この言葉がかなり一般化してきましたが、地域によっては「箸揃え」「百日祝い」など言われていることもありますね。

どちらにせよこの行事は「子どもが一生食べ物に困らないように」「健やかに成長しますように」という願いを込めて行うものであり、赤ちゃんがはじめて食べ物を口につける(真似をする)ことになります。

このお食い初めですが、
なんと食器や料理が
かなり厳密に決まっています。

もちろん身内で行う場合は特に形を整えるよりも気持ちが大切ですが、どんな食器が良いのか、どこで手に入れたらいいのかはやっぱり気になるポイントですよね。

お食い初めの食器について、詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

お食い初めに必要な食器や料理はどういうもの?

お食い初めで使う食器ですが、漆喰や素焼きのお椀で揃えます。

色も決まっていて、男の子は内側・外側とも朱塗りのお椀、女の子は外側が黒塗りで内側が朱塗りのお椀を用意します。

これも地域によっては逆の場合もありますので、両親や親戚に確認を取ったほうが安心ですね。

そして料理ですが、
「鯛・お赤飯・お吸い物・煮物・香の物」
の5品を揃えることになります。

鯛やお赤飯はおめでたい料理として有名ですね。

またお吸い物には「吸う力が強くなるように」という願いが込められていて、昔の赤ちゃんが成長するのは本当に大変だったんだなということが分かります。

また料理とは別に「歯固め石」と言われる石を用意します。

2016-10-27_145938

これは「石のように丈夫な歯が生えますように」という願いが込められていて、この石を使って「歯固め」という儀式を行うことになっているのです。

歯固め石は神社などから授かる、通販で購入するなどもできますし、近くの河原からきれいな小石を拾ってきても構いません。

もちろんその場合は清潔に洗い、きれいな状態で使うようにしましょう。

またお箸は、「祝箸」を用意します。

お正月などで見かける両端が細くなった丸箸、と言えば覚えのある方がほとんどではないでしょうか。

お食い初めの食器・料理はレンタルや百均がお手軽!

正式な食器はどんなものかは分かりましたが、お食い初めとして使うのはもちろんたった一度だけです。

兄弟姉妹、親戚などにどんどん回していく場合はまだマシですが、それでもまともに食器を揃えようとすると1万以上……場合によっては何十万もかかる食器を買うのは大変です。

そんな場合は、大きく3つの選択肢があります。

あくまで一例ですが、

  1. 神社のお宮参りでもらう方法
  2. 食器をレンタル、割安で購入する方法
  3. 食器、料理を全て通販で用意する方法

この3つになりますね。

では、順番に説明していきます。

その1.神社のお宮参りの特典を使う方法

神社のお宮参りでは、神社によってお食い初めの食器を特典としてプレゼントしてくれる所もあります。

その後、もしも使う予定がなければフリマアプリで売却してもいいでしょうし、実質仕入れ費用はかからない事になります。選択肢としてはオススメでしょう。

その2.食器をレンタルする方法

しっかりした食器を、借りる日数にもよりますが5000円くらいまでで借りることが出来ます。

例えばこちらのお食い初め屋などは値段もお手頃でオススメ出来ますよ!

 

また無理して食器を揃えるよりも、今後の離乳食にも使えるベビー用食器で代用するご家庭も増えています。

ずっと使っていきたい場合はこちらのほうが結果的にはお得かもしれませんね。

最近増えてきた方法としては、「百均のお椀で揃える」という手段もあります。

百均は大きさや色などの種類も多く、見た目にはしっかりした塗りのお椀を用意することが出来ます。

また飾り用アイテムやお箸も百均で購入出来ますので、うまく利用して華やかなお食い初めを整えることも十分可能なのです!

その3.料理も全て通販で用意する方法

これはお金がかかりますが、一番ラクな方法ですね!

お食い初めの料理は、
自分で作ろうとすると
なかなか大変です。

食器のレンタルはもちろんありますが、なんと料理まで出前のとれるものもあります。超便利です。

毎日忙しい時期ですから、ここは無理をせず通販を利用するのも良い手段だと思います!

通販で調理済みの料理を届けてもらえば、あとは温めて盛り付けるだけで準備が整います。

また人数の調整もしやすいので、必要な人数分だけをしっかり準備することが可能なのです。

「通販で」というとピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、例えばこういったもの。

このように必要な料理が全てセットになったものがほとんどですし、歯固め石もついてくるパターンが多いです。

大切な我が子を思えば料理に手間暇かけることも選択肢になりますが…子育てもまだまだ忙しい時期でしょう。

この時期の赤ちゃんはまだまだ夜に起きる可能性もありますし、ママも毎日が大変です。

ぜひこういった通販なども考えてみてくださいね。

まとめ

お食い初めは赤ちゃんがはじめて食べ物を口につける大切な儀式です。
(もちろん実際はまだ食べられる時期ではないので、「食べさせる真似」だけですが)

ずっと食べるものに困らないように、健やかな成長を願ってお祝いしてあげましょう!

しっかりした準備は特に両親と一緒にお祝いする場合などには必要かもしれませんが、何より大切なのはその「お祝いする気持ち」です。

気持ちさえあれば、食器は絶対に揃えなきゃいけないなんてものではありません。

離乳食用の食器や百均など使えるものを上手に使っていきながら、お食い初めの準備を整えていきましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ