スズキ自動車の中でも歴史のある、4WDの軽自動車といったら多くの車ファンがジムニーのことを思い出すでしょう。

発売からその人気は衰えず、初代モデルから2回のフルモデルチェンジのみにとどまっていても熱狂的なファンが大勢います。旧型のモデルもいまだに高値で取引される珍しい車種でもあります。

そんなベストセラーのジムニーですが、間もなく新型モデルが発売されるとの予想」がなされています。今回は、発売時期がいつなのか?という予想や燃費、価格や画像などについて噂をまとめて行ってみようと思いますよ!

Sponsored Links
Sponsored Links

新型ジムニーの発売時期はいつ?2018年が濃厚か!?

販売時期は今のところいろいろな予想があり確定していませんが、モーターショーでのコンセプトモデルの発表画像や、現在のネット上の噂をチェックしてみると、おそらく2018年の発売がめどに事と思われます。

現在出回っている、最新モデルの画像はこちら。


ホイールやヘッドライト、ガラスの造形も実際の量産モデルのような感じになっていますね。

グリルやアンダーガードのあたりをチェックしてみると、スズキの最新モデルのエスクードのデザインを汲んだようなデザインになっています。

実際に量産するモデルの発表は2017年の東京オートサロンにて初披露される可能性が高いですね。

ちなみに新型ジムニーの情報を漁ってみると、「三菱とスズキの共同開発」になるとのこと。

これはOEMがはかどりますね。
また、今回の新型ジムニーの開発にともなうフルモデルチェンジは、2018年現行モデル以来約20年ぶりとなります。新型の設計は歴代モデルと同じラダーフレーム構造(はしご状のフレームをベースにボディーを載せる)を採用するそうです。

新型ジムニーの特徴や新機能と仕様は?最新画像もチェック!

パワートレーンはターボエンジンとなるかISGモーター採用したマイルドハイブリッドのどちらになるかは不明ですが、新型ジムニーはスズキの新車モデルの傾向をチェックしてみると「低燃費のオフロードエコカー」になる可能性も高いですね。

オフロードカージムニーをコンセプトに人気を集めようと、エンジンは3気筒ターボエンジン+Sエネチャージ、駆動方式は4WD、トランスミッションは5AGS/5MTの2種類の予想です。

また、いくつかコンセプト画像も出回っていますね。

ここれ改めてチェックしていってみましょう。

どうですか?

個人的には、なんかクロカン!って感じではなく、なんちゃって高級SUVになってる印象が否めません。

泥や小枝の引っかき傷が似合う昔の面影はあんまし感じませんね…。

ただ、最近のトレンドにはマッチしていると思われます。

1.2リッターデュアルジェットエンジンでさらに、小型モーターによるアシストが加わった簡易型ハイブリッドシステム(SHVS)が備わったモデルになります。1.2リッターハイブリッドはセルダイナモつまりセルモータとジェネレーターが兼用されるシステムで、ワゴンRなどに採用されているSエネチャージの技術がベースとなっています。

Sponsored Links
Sponsored Links

フルモデルチェンジ後の新型ジムニーの燃費は期待大?

新型ジムニーでもう一つ気になる部分はやはり燃費でしょう。

今までの車種もノーマルでは軒並み11km/Lあたりを達成していました。前述のとおり、新型ジムニーはエコカー路線の可能性もあると思いますし、燃費向上には期待が高まります。

まずひとつ目の見どころは、新機構を導入したことによる燃費性能UPですね。

燃費はフルモデルチェンジをすれば新機構の導入や最先端技術から良くなっているはずです。

軽四輪の発表はまだないので、1,2リッタージムニーでしか比較はできませんが、現行ジムニーシエラ1.3リッター5速M/Tは13,6km/Lジムニーシエラ1,3リッター4速A/Tは12.6km/Lでした。

新型ジムニーは昨年末に発売されたアルトと同じく次世代の軽量化されたプラットホームに、軽量コンパクトな電子制御4WDシステムが組み合わさると予想されます。
そのため燃費はJC08モードで35,0㎞/Lを超えるのではないかと噂されています。

また、フルモデルチェンジ後のジムニーは、軽自動車向けのワゴンRのハイブリッドシステムとして各車種に採用されるSエネチャージの技術がベースとなるでしょう。

これはアシストモーターとスターターモーターが兼用されるシステムで1.2リッターハイブリッドの新開発されたパワートレーンを搭載予定で燃費に期待が持てます。

新型ジムニーの価格はいくらぐらいなのか?

現行のジムニーの価格は、ジムニーが1,296,00円~
ジムニーシエラが1,668,600円~となります。

フルモデルチェンジのジムニーはいくらくらいになるのでしょうか?

まず、一つの判断条件として。最近のスズキの傾向をチェックしてみると、新型スイフト発表やコンパクトクロスオーバーのイグニスの発売、欧州車をモデルにしたバレーノなど普通車の開発にも積極的なことがうかがえます。

そのため、ジムニーも新型モデルには軽モデルのみでなく、シエラも投入されていくことが予想されます。

現時点ではこれらを全て考慮したら、

「新型ジムニーの価格は130~170万円前後」

になるのではないか、と思われます。

また、ジムニーシエラにSエネチャージマイルドハイブリッドのグレードを追加することも考えられますね。そのため、今までにお話した新機構の要素を全て含めるとするならば(エネチャージ込)、現行ジムニーシエラに少し上乗せをした「200万円前後」あたりの価格設定が最高額になるのではないかなと。

まとめ

それでは、新型ジムニーの発売日や仕様、仕様や価格の情報について紹介させていただきました。

根強いファンも多く、スズキにとってはある意味売上の大部分に貢献する人気車種でしょうし、発売まではかなり慎重に開発が進められていくことと思われます。

はたしてエコカー全盛の時代に、「走破性の高い軽4WDオフロード」をどこまで再現できるのか?重量アップも予想されそうですし、旧モデルからの走破性の低下は規制の逆流に逆らえないのかもしれませんが…。

しかし、中途半端なモデルに仕上げてしまえば「ハスラーと変わらない」といった評価も出てきてしまう可能性もありえます。ぜひ、次期ジムニーには軽量化を目指し、軽量コンパクトが売りのオフロードの王者であってほしいものですね!

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

“新型ジムニーの発売日はいつ?デザイン画像やスペックの噂まとめ” への2件のフィードバック

  1. これは次期ジムニーではないですね。

    4ドアでこんなにボンネットの長さがあったら、規格オーバーのような…

    エスクードか、小型のSUVではないかと思われます。

    1. >ラーメンさん
      情報提供ありがとうございます。
      記事内容の一部として紹介させて頂きます!

コメントをどうぞ