2016-11-18_201859

とっても個性的なんだけど、ホッとできるカジュアルウェアのネネット。

デザイナーの高島一精さんのブランドで、ネネットの名前に由来はフランス語で「生まれる灯」なんですよ。家族でひなたぼっこするようなあったか~い、ゆったりまったりのデザインが人気です。

ブランド物ですから普段はコーデ一式なんて、ちょっと大人買いはむずかしい。だからこその福袋戦略ですよ!ネネットの福袋なら得感満載がつまっているらしいので早速調べてみました!

スポンサーリンク

2017年のネネットの福袋の中身は?

ネネットの店頭に行くと、あれもこれも欲しくなりトータルコーディネートしたくなります。

服もそうなんですけど、デイバッグとかも機能的かつかわいい。

ちょっとこどもぽいかなって思うけど、素材にもこだわっているし、全身をネネットで決めたくなるハズ。

だから、毎年福袋の口コミははずれなしって多いし、競争率も年々激化しているブランドのひとつ。

ちなみに2016年の福袋の中身はこんな感じ

ここで、去年の福袋の中身をチェックしてみましょう。

昨年のラインナップは1万円、5000円で

  • 一万円(税抜):コート、パンツ、キーホルダーなど
  • 五千円(税抜):シャツ、手袋など

という感じでした。

ネネット福袋の購入方法は?予約は可能?

カップルで着る日常服のコンセプトとしてにゃーのイラストでも人気のネネット。

残念ながら、ネット予約販売は瞬時に売切れてしまったようです。。。

ちなみに今年のスケジュールはこんな感じでした。

  • 予約受付期間:12月7日(水)~12月13日(火)12:59
  • 発送予定:2017年1月1日(日)~1月10日(火)に順次発送

ネット予約販売に関してはこの教訓を活かし来年度に期待しつつ、あとは店頭に並んで手に入れるのみとなりました。

ちなみに店頭予約はなしだとか。

まっ、メリカリやネットオークションという手がないわけでもありませんが、基本的には店頭で購入するのが最も安く入手出来る方法となりますね。

2017年1月1日の福袋も、かなりの競争率が予想されます。目的のネネットのショップで例年の様子などを事前調査しておきましょう。

ちなみに、

  • ZOZOTOWN
  • Magaseek
  • auブランドガーデン
  • 近鉄パッセ
  • 楽天ブランドアベニュー
  • RUNWAY
  • OUTRETPEAK
  • FASHIONWALKER

などなどでも販売されましたが、残念ながらすべて検索に引っかかることはありませんでした。

ですので、購入は店頭のみでの入手が基本となることでしょう。

まとめ

筆者も何度かネネットのショップに足を運んだけど、独特のかわいい世界観があります。たしかに、通勤着というよりは日常着なんだけど、ゆったりしているし、肌触りよくてお日さまのにおいが似合う服だと思います。

だから、若い世代を中心に絶大なる人気があるんです。

しかし2017年の先行予約分はすでに売り切れてしまいました…。

昨年の口コミを見ていると店頭で入手できた、なんて声もありますので、何としても手に入れたいという場合には最寄りの系列店へ突撃しちゃいましょう!

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ