2016-07-21_141544

「風邪と言えば冬」と思いがちですが、
実は夏にも流行しやすいことをご存知でしょうか。

夏の高温多湿の環境を好むウイルスもたくさんあります。

これからの暑い季節、注意していかなければならないのですね。

この時期はだるい、喉が痛い、お腹の調子が悪いなど、
トラブルが起こりやすい時期です。

真っ先に疑うのはエアコン病や夏バテだったりするわけですが、
実はウイルス性の風邪である可能性も考えたほうが良いのです。

この場合、もちろん正しい対処法を取ったほうが早く治ることは言うまでもありません。

夏バテだと思いこんだままでは逆効果になることだってあるのです。

どんな夏風邪があってどんな症状があるのか、
また感染対策など知っておいたほうが早く気付けますし、
長引かせないで済みますよね。

今回はそんな夏風邪について、
種類や対策、また有効な食べ物などもまとめています。

ぜひご確認くださいませ!

スポンサーリンク

夏風邪の原因は?

最初にお話した通り、夏に増えるウイルスが原因です。

ウイルスの種類はたくさんありますが、夏風邪はとくに
「腹痛や下痢などお腹にくる、喉が痛む」
というタイプが多いという特徴があります。

これはエアコン病(エアコンの効いた環境と外の気温差などによる身体の不調、もしくは冷やし過ぎ)、もしくは冷たいものを摂り過ぎた際の症状とよく似ています。

夏場に「お腹の調子が悪い」というと
真っ先に冷たいものを摂り過ぎている、
またはエアコンのせいと思ってしまいがち。

なので風邪だと気づかないまま長引かせたり悪化させてしまったりするのです。

大人もかかる!夏風邪にはどんな種類があるの?

夏場に多いウイルスの種類をまとめていきましょう。

全体的に、夏風邪はこどもがかかることが多いです。

大人は免疫を持っていることが多いのでかかりにくいのですが、
絶対に大丈夫なんてことはありません。

大人がかかると重症化することもあるので、
注意が必要なのです。

それでは夏風邪にはどんな種類があるのでしょうか?

手足口病

「エンテロウイルス」「コクサッキーウイルス」が原因で起こる風邪です。

腹痛や喉の痛み、発熱などもありますし、
手のひらや足の裏、そして口の中に水泡ができるのが特徴。

手足口病はウイルスの保持期間が長く、
1ヶ月程度は便などに注意する必要があります。

「エンテロ」とは腸のことで、腸内に繁殖しやすいウイルスです。

まれに無菌性髄膜炎を引き起こすケースもあり、
風邪だからと言って油断してはいけません。

咽頭結膜熱(プール熱)

「アデノウイルス」によって引き起こされる夏風邪です。

喉の痛みや赤み、発熱、結膜炎などの症状が現れるのが特徴で、
特にこどもがプールで感染することが多いです。

ここから「プール熱」とも呼ばれています。

なので、市民プールや学校のプールなどでは
プールの水をわざと飲ませないよう注意が必要でしょう。

もちろん大人も感染する可能性があるので注意です。

症状は高熱が34日続きます。

ヘルパンギーナ

何やらイタリアのおしゃれブランドの名前ですが
なかなか厄介なウイルスでもあります。

「コクサッキーウイルス」そして「エコーウイルス」が原因で起こります。

突然の発熱、そして喉に水泡ができ、
その周りが炎症を起こして赤くなるのが特徴です。

けいれんを起こすこともあるので気をつけなければいけません。

大人は免疫を持っている事が多く、
かかっても気づかないパターンが多いです。
こどもに多くかかる夏風邪で、34日で治ります。

夏風邪に対処するにはどうしたらいいの?

「風邪に有効な薬はない」と言いますよね。

なかでも夏風は、
非常になおりが遅いのも特徴です。

薬のサポートはもちろんあったほうが良いのですが、
基本的にウイルスを退治するのは本人が持つ免疫力なのです。

そのため、免疫力を高めることが一番の対処法になります。

そのためにはまず第一に「安静にすること」、
そして「水分、栄養をしっかり摂ること」です。
「きちんと睡眠を取ること」も、もちろん大切ですね。

……どれも基本的なことなのですが、
夏はこれがなかなかうまくいかないんですよね。

暑いため水分不足にもなりやすく、
また胃腸が弱ると食欲にも影響します。

夏休みなどで、夜更かししたくなる時期でもあります。

またエアコンなどで管理しないと、
暑くて寝苦しいなんてこともありますね。

このように、思わず「うわあ……」と言いたくなるくらい
夏場は免疫力が低下しやすい時期なのです。

風邪だから大したことないと思ってしまいがちなのも問題で、冬に風邪よりも免疫が弱っていますしウイルスも強いので厄介なんです。

「ただの風邪だし」と油断していたら悪化して入院する羽目になり、それこそ楽しいイベントなども参加できなくなるかもしれません。

  • 夏風邪にかかったら無理をしない
  • 安静にしっかり睡眠・栄養・水分をとる

この2つを心がけていきましょう!

特に寝不足には要注意です。

関連記事 → 睡眠の質を上げる4つのコツ

夏風邪にかからないための対策

夏風邪の感染方法は冬場に多い咳などの「飛沫感染」ではなく、
「経口感染」が多いです。

「同じ部屋に咳をしている人がいたからうつった!」
ということはあまりないので、冬場とは注意するポイントも変わります。

「口から感染」というと食べるものに目が行きますが、
実際のところ一番注意しなければならないのは「手」です。

  • 洗面所などのタオルの使い回しをしない
  • うがい・手洗いをきちんとする

実は、
この2つだけでかなりの感染経路を遮断できます。

特に同じ家で夏風邪を引いている人がいる場合、
タオルなどは分けるようにしておきましょう。

「夏風邪を治すために免疫力を高める必要がある」
というのは先程お話しました。

もちろんこれは、予防方法にも繋がります。

最初から免疫力を高めておけば、
感染しても発症しなかったり軽く済むこともあります。

睡眠不足・冷やしすぎもよくありません。

エアコンの設定温度は低すぎませんか?

外気温と室温に差がありすぎると夏バテの可能性も出てきます。
注意していきましょう!

夏風邪防止や対策に繋がる飲み物・食べ物は?

「夏場は酸っぱいものを食べると良い」
というのは昔からの定番です。

実はこれ、本当に正しいんですよね。

酸っぱいものには「クエン酸」がたくさん含まれています。

代表的なものは梅干しやレモン、グレープフルーツなどですね。

夏の食材としても定番ですし、
ぜひ普段の食事に取り込んでいきたいです。

クエン酸単体であれば薬局で安価で販売しているので、
はちみつなどと混ぜてサワードリンクを作るのもオススメです。

また、「土用の丑の日」などでうなぎを食べるのも昔からの習慣です。

うなぎを食べることになった理由は様々ですが、
夏バテに効くというのもそのひとつなのです。

うなぎにはビタミンBがたくさん含まれています。
このビタミンBも、夏バテ対策に有効なのです。
ビタミンBはうなぎや豚肉、かつおなどに多く含まれています。

食べ物や飲み物は
「クエン酸」「ビタミンB」が多く含まれているものが良い!」
と覚えておきましょう。

まとめ

夏場はどうしてもあっさりした食べ物に頼りがちです。

そうめんなどは定番ですね。
しかしそうめんだけではもちろん栄養としては足りません。

デザートとしてグレープフルーツなどを取り込んだり、
豚肉を使った冷しゃぶなどはいかがでしょうか?

レモンをふりかけるのもありですね。

夏場は風邪ひき・夏バテを防ぐためにしっかりと食べましょう!

ドレッシングをあっさり系のものにすれば暑くても食べやすく、
夏風邪や夏バテ対策にももってこいなのです。

フルーツはジュースで摂ってしまうと、糖分が気になる方もいますよね。

そのまま、もしくは手作りのはちみつレモンなど作ってみてはいかがでしょうか?

おいしいもの、夏場に良いものをしっかり食べて、
夏風邪に負けない身体を作っていきましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ