2016-08-28_065351

突然ですが、名古屋といえばきしめんですよね!

そして更に、名古屋駅で有名なきしめんのお店があることをご存知でしょうか?
以前芸能人が紹介したこともあり、
一気に広まったので遠方の方もご存知かもしれませんね。

そんな名古屋駅のホームでも食べられるきしめん、
実は更に食べるホームによって味が違う、なんてことも言われています。

「えっ、どこも一緒じゃないの!?」

――はい。更に言うと、新幹線と在来線でも味が違うのです。

……っていうことはこれ、全部食べようと思ったら
途中下車だけでは無理ってことですよね!?

こうなったら、じっくり攻略していくしかありません。
事前にどんな違いがあるのかを知っておけば、
どこを優先すれば良いのかも把握しやすいですよね。

というわけで今日は名古屋駅のオススメきしめんのお店について、
詳しく紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

名古屋駅名物のきしめんのお店といえば「住よし」!

名古屋駅のホームには、ほぼ全てにきしめんのお店があります。
もうこれだけでも名古屋の方のきしめん推しに驚きですよね。

そんな中でも特に有名なお店なのが、
新幹線・在来線のホームにお店を出している「住よし」です!

名古屋駅の構内で7店舗、千種駅に1店舗展開している、
立ち食いのお店になります。

よくある食券を買ってから購入するお店で、
特に冬場などは温まれそうですね!

詳細な場所は、以下のリストをご参照ください。

  • JR名古屋駅・新幹線上りホーム(大阪寄り)営業時間は6:00~21:30
  • JR名古屋駅・新幹線下りホーム(大阪寄り)営業時間は6:00~21:30
  • JR名古屋駅・1-2番線ホーム 営業時間は7:00~21:30
  • JR名古屋駅・3-4番線ホーム 営業時間は7:00~20:30
  • JR名古屋駅・5-6番線ホーム 営業時間は7:00~21:30
  • JR名古屋駅・7-8番線ホーム 営業時間は7:00~21:30
  • JR名古屋駅・10-11番線ホーム 営業時間は7:00~20:30
  • JR千種駅ホーム 営業時間は平日7:00~22:00、土日祝8:00~21:00

どのお店もホームにあるので、途中下車でも食べられます。

ちなみに「グル麺」というきしめんのお店もあります。
上り新幹線にある「グル麺」は、住よしの業者が営業しています。
実際はここを含めて、
名古屋駅だけで8店舗と言ってもおかしくないかもしれませんね。

名古屋へお立ち寄りの際はぜひ「住よし」で温まっていってくださいね!

どこの住よしが一番人気なの?

一番人気な場所ですが、
「好みによって分かれると言っても良いくらいどこも美味しい」
と言ってしまえる状態です。

その中でピックアップするのなら、

「新幹線上りホーム」もしくは「在来線3.4番線ホーム」が少し突出している

という評価が多数ですね。

「どこも美味しいから」というのももちろんですが、
比べられない理由として

店舗によって少しメニューが変わっているのもあるんです。

同じものを短期間で食べ比べたら分かるかもしれませんが、
それよりはつい色んなメニューに手を出してしまいますよね!

ちなみに「在来線3.4番線ホーム」が人気がある理由で、
確実なものが1つあります。

最後にお話しますので、楽しみにしていてくださいね。

「住よし」のきしめんメニュー!

次に、どのようなメニューが人気あるのかを少し覗いてみたいと思います。

  • わかめ入りきしめん
    わかめと油揚げ、ネギが入った定番のタイプです。
    「うどんと言えばこれ!」という方も多く、ふと食べたくなる安定のメニューですよね。
  • 味噌きしめん
    名古屋といえばもちろん、「味噌」も忘れることは出来ませんよね!
    ご当地メニューを味わいたい場合は、これが一番ではないでしょうか。
    味噌ときしめんが絡みあう、リピーターを何人も作っている絶品です!
  • かき揚げ入りきしめん
    こちらも人気の高いメニューです!
    最初にさくさく食感を堪能したら、柔らかく浸したかき揚げも食べてみましょう。
    大きなかき揚げなので、おなかも満足できますよ!

他にも

  • 「なめこ山菜きしめん」
  • 「イカ天入りきしめん」
  • 「海老天入りきしめん」
  • 「きつね入りきしめん」

などなど、たくさんのメニューがあります。

もうメニューを聞いているだけで
おなかがすきそうなラインナップです。

一度どころか、
何度通ってもそう簡単に制覇できるメニュー量じゃないですね……!

在来線3.4番線ホームの住よしが人気の理由

ネットの口コミだと「ここが一番!」とよく言われています。

何故かといえば、
ここのかき揚げや天ぷらの
美味しさなんですね。

実は新幹線ホームの住よしはお客さんが多く、
天ぷらを揚げている余裕がないんだそうです。

逆にこの3.4番線ホームは電車の本数も少なく、利用客があまりいません。

そのため新幹線ホームで天ぷらが追いつかない対応策として、

「3.4番線ホームの住よしでかき揚げと海老天、
イカ天を揚げ、それを新幹線ホームに送る」

という手段が取られています。

つまり……揚げたてさくさくのかき揚げや
天ぷらをゆっくり食べようとする場合、

一番揚げたてのタイミングで
食べられる場所がここ、3.4番線ホームなんです。

麺やツユの差というよりも、揚げ物の差だったんですね。

とはいえもちろん、
揚げたてのさくさくかき揚げをきしめんに乗せて食べる……

想像だけで幸せになれそうです。

在来線になるので新幹線の途中下車だけでは無理ですが、
ぜひ一度はこちら、3.4番線ホームにもお越しいただければと思います!

まとめ

なんともお腹のすく内容になってしまいました。

きしめん食べに行きたいですね……。

新幹線ホームの住よしなら、
移動の途中で下車して
休憩がてら立ち寄ることも可能です。

もし名古屋へいらっしゃることがあれば、
在来線ホームにも立ち寄りやすいですよね。

ちなみに在来線の住よしではアルコールも販売されています。
(新幹線ホームではないようです)

立ち食いのお店というとささっと食べてお腹を満たす、
みたいなイメージはあります。

でも、仕事帰りに軽くアルコールを入れながら
ほっこりするのもありかもしれませんね。

夜はやっぱり若干飲みの雰囲気になってしまうので、
苦手な方は夕方までに行ってみることをオススメします!

名古屋駅名物「住よし」、ぜひ一度お越しくださいね!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ