2016-10-07_223109

どうも。TGです。

モニカ病ってご存知ですか?

病気のなかでも「夜中に突然肛門が攣るように痛くなる」病気だそうで、原因はいまだにしっかりと解明されていないそう。

ちなみにこの病気には2つの病名の呼び名があるのです。

今回はこのモニカ病の原因や名前の由来について、また、夜中にいきなり肛門が痛くなるような症状が一体何なのかについてリサーチしていきたいと思います。

※後半で対処法などを書いているので、モニカ病が発症して検索した方は前半を読み飛ばして下さい。

スポンサーリンク

モニカ病=特発性肛門痛という都市伝説

を聞いたことがありますか?

そもそも筆者は夜中に肛門がつる、なんていう話、聞いたことがないですし未だに経験したこともありません。

端から見れば「アッー!」とかそのあたりの病気?
とも思えるのですが、どう考えても夜中に
自分のお尻が痛くなるって想像すると
やり場のない恐怖感にビビってしまいそうです。

知り合いやかかりつけの病院に電話してもしょうがないですしね…。

モニカ病の命名は星野源が命名した

という話が有名です。

そもそもの話は、彼がテレビ番組に出演し
いきなり自分のお尻のanaが痛くなった、という
ちょっと変わったエピソードをお話していたのです。

ちなみにモニカ病は手を前に出して吉川晃司さんのようにフラフラ~っとなることが語源のようです。

参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=J8XUuTC0e2M

あれはたしか…今はなき「いいとも」で、タモリさんと
その会話について熱く語っていたと思うのですが。

あの頃はまだ星野さんが20代だった頃だと思うのですが、いきなり自分の肛門がつったように痛くなるって、ちょっと想像できないですし、もしもなったらなったでえらい目に遭いそうです。

具体的な原因や対処法は分かるのでしょうか?

特発性肛門痛の症状・原因と対処法は?

前置きは置いておいて。

今回紹介する突発性肛門痛の病気は
この記事を読んでいるあなたがまさになっていて
今すぐにでも解決策を知りたいことと思います。

もしもそうだった場合、申し訳ありません。。。

では症状から順番に説明していくと

  • 睡眠中に肛門が攣るように痛い
  • 単純にズキズキ痛む
  • キューと締め付けるような痛み
  • 便意により起こる場合もある

ということです。

睡眠中や肛門に負荷がかかっている、便意を催している時に突発性肛門痛が襲い掛かってくるそうなのです。

原因は解明されていない

そしてもう一つ厄介なことがあって、特発性肛門痛は

「原因がいまだに解明されていない」

という点にあります。

自分の体に一体何が起こっているんだ、という感じです。

見た目も変化はないようで、ガンや痔などの疾患などとも
全く関係がない難しい病気なのだそう。

穴だけに深い病気なんですよやっぱり。

つまり夜中に怖くて「夜中 肛門 突然 痛い 原因」
などと検索してもその原因はわからずじまいなのです。

でも安心して下さい。

対処法はいくつかあります。

そうは言っても痛いものは痛い。応急的な対処法は?

なんとも恐ろしい病気ですね…。

ただ、モニカ病命名者の星野源さんいわく

  • ストレスを抱えてた時に起こった
  • お尻を温めたら治った
  • 疲れのあるときになった

といったコメントがあるようなので
まずは温かいもので温めましょう。

お風呂に入ったりシャワーを当てるのもいいでしょう。

普段からなるべく精神的・肉体的な疲労を解消し
リラックスした状態に持っていくことが大切でしょう。

普段からストレスを溜めないこと
悩み事があれば相談すること
痛む部位を温めるなどをするといいでしょう。

ちなみに星野源さんの場合は湯たんぽやレンジで温めるアイマスクなどをあてがったら治まった、という風に仰っていたので、温かいものを用意するといいですね。

ただ、使い捨てのカイロなどでは
うっかり低温やけどをしてしまう
なんていう可能性もあります。

ですので、あくまで自然な温度で、ゆっくりと温める事が重要かなと思います。

他にも枕元にラベンダーを置いておいたり、
日中に便意を我慢しない事も必要かなと。

ストレスで筋肉がけいれんするのはまぶたも一緒ですので、しっかりと休めさせることが重要ですね。

まとめ

それでは奇病のモニカ病こと突発性肛門痛について紹介させていただきました。

ストレスを感じることは普段からあるものですが、お尻がつるのでしたら一度休んだほうが良いのかもしれません。

今後、もし同じような症状似合った場合は今回の方法を試されてみてくださいね。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ