2016-10-17_160608

こんにちは。TGです。

かつての黒船はいまだに健在のようですが…果たして何をやっているのでしょうか?

筆者がちょうど高校生頃に大ブレイクした女性でもある「リア・ディゾン」さん。

彼女は今後もアイドルとして活躍するのかと思いきや、まさかの電撃引退をしたのは何年も前の話でハッキリ言って覚えていません。

そう、今現在のように活躍するまでは…。

いまだ現役をうたっている彼女ですが、写真のモデルとしてじつにおよそ10年という歳月は結構なブランクであったりします。

果たして彼女は今何をしているのか?

ひとまずキーボードを叩いてみることにします。

スポンサーリンク

リアディゾンの現在!復活と消えた理由について

かつて日本では「グラビア界の黒船」という異名を持っていた彼女、リア・ディゾン。

今回彼女の名前を聞き、
「さんぺーです」とか、
「ちゃらちゃっちゃっちゃらっちゃ~♪」
に近い懐かしさを覚えました。

黒船、というのはどことなくゴツいネーミングですし、なんとなく強そうですよね。

当時は筆者もそう感じました。

そして、

彼女が消えた一番大きな理由が、今回のニュースを見て真っ先に思ったところなのではないかと思います。

彼女は現在こそ復帰しましたが、

「スタイリストのBUNさん」

と出来ちゃった婚をした過去がありましたよね。

彼とはすでに離婚したのでしょうか?
そのことについてはまた後ほどです。

今まで何をしてた?

というのも気になりますよね。

一時はタレントとしての活動をしたり、歌を歌って紅白にも出演したりと破竹の勢いで伸びていった彼女。

が、

過去にはグラビアで活躍していた彼女も、結婚→妊娠のイベントがあったためにまさかの電撃引退。

「ポイしないでください」

とファンに弁明をしたのは、
過去に大きな話題となりました。

今回芸能界に事実上復帰した彼女は、

「もうポイなんてしないなんて~、言わないよぜ~たい~♪」

と歌うのでしょうか?

……

話を戻します。

つい最近まで日本での活動は停止していたようですが、海外では大学に通われていたりと、地道にキャリアを伸ばしていたのだそう。

2010年に離婚をした彼女は娘を引き取り、ニューヨークに移住し、母親と一緒に暮らしていらっしゃったようです。

その際には並行して演劇学校にも通われていたとのこと。

もし、この時にお母さんが居なければ
シングルマザーで忙しく、
勉強をするのもままならなかったことでしょう。

人生塞翁が馬とはいいますが、
うまく切り抜けられたようで何よりです。

その後、2013年ぐらいには芸能活動再開、黒船再来襲は2013年の話で、競艇のイベントへ出演。

そして今回のプレイボーイでの再ヘッドハンティング、だったというわけですね。

なんだかつながりませんが、
芸能界の「コネ」とはそういうものでしょう。

一般人が知り得ない事情もあるんですね、きっと…。

今回の復帰の理由は芸能活動を引退したわけではなかったので復帰・復活という感じになりますが、なにか事情があったのでしょうか?

おそらくお金目的だとは思いますが……。

スタイルはいまだ健在

だという話は出ているみたいですね。

現役時代とはほぼなにも変わらないと思ったのですが、どうでしょう?

ニュースに対する一般人のコメントとしては、

「体は変わってないけど顔はさすがに…」

といった声も散見されます。

参考画像 現在のリア・ディゾンの画像

まあ、

水着を着る以上、体のプロポーションを保っていたのにはプロ意識を感じますね。

彼女の特徴としては、日本人にはない(当たり前ですが)足の長さなどが際立っていた印象にありますが、いまだに健在の様子。

年数にしておよそ8年なので
iPhoneがまだ3Gの影もなく
Touchが売りに出されたぐらい。

それぐらいの時代の流れがあります。

元夫とは離婚になった?

彼女はすぐに離婚しシングルマザーとなったわけですが、元夫のBUNさんとはもう何のつながりもないのでしょうか?

調べて見ると2010年にはご離婚なさっていたため、実質二年の結婚期間ということでした。

当事者同士でなら問題ありませんが
お子さんがいる中での結婚・離婚を
ファッション感覚で進めてしまうのは
ちょっと違うな~なんて思いました。

スタイリストという仕事じたい、多くの人と関わるので自制心は問われそうではありますが…!

また、

お子さんがいらっしゃる中、体形も維持しつつ育児も、となると結構大変そうです。

今も彼女はシングルマザーですが、
今後再婚の予定はまだないそう。


公式アカウントを拝見してみると、おもに海外での活動がメインの様子。

もしかしたら今後、近いうちにテレビのオンエアでお目にかかるかもしれませんね。

まとめ

それでは彼女の現在について、ざっくばらんに紹介させていただきました。

過去にはポイされたかもしれませんが、今後は果たしてサルベージされるのか?

世間の声は結構に厳しいものがありますけれど、彼女はプロポーションをしっかりと保っているあたりプロ意識はしっかりとされていると個人的には思います。

ただ、再び売り出すためには新しい切り口が必要となりそうな印象。

今後の彼女の活躍に、改めて注目していきましょう。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ