2016-10-13_214524

どうも。TGです。

最近野球関連の記事を書いているので、なんとなく野球のことがわかってきたようなそうでないような…

面白いのは間違いないので、今後も書いてってもっと勉強したいと思います!

さて、

今回の記事ではドラフトの中でも特に守備の能力の高さを推されている選手でもある、京田陽太選手について。

現在ではドラフト候補になり、あの元メジャーの松井秀喜選手も目にかけている注目選手である彼の経歴について迫ってみます。

スポンサーリンク

京田陽太の出身や高校は?経歴を紹介

強力な守備が特徴的な京田選手は
184cm/80kgの大柄ながらも
俊敏なフットワークが魅力的です。

出身は石川県で、学校は能登半島で有名な「能登市立寺井中学校」を卒業した後は

「青森山田高校」に入学しています。

ん…青森?と思ったのですが、
どうやらこの学校スポーツの名門校のようで。

硬式野球のキャリアを積めるのかチェックしたところ
甲子園こと全国高等学校野球選手権大会に10回も出場していました。

センバツの春の甲子園には2回の出場経験の実績を持つ高校です。素晴らしい!

プロ野球の著名人でいえば、
柳田将利投手が有名でしょうかね。

野球以上にサッカーでは実績者が多いみたいなので、サッカーの名門という印象を感じました。

なぜこっちの高校を選んだのか?

というのはちょっとした疑問でした。

なぜなら、彼の出身である石川県では、かの松井秀喜元選手が在学していた星稜高校があったからです。

過去、京田選手がまだ幼い頃
ヤンキース時代の松井選手と
ファン交流イベントでお会いしたらしく。

その時星稜高校に入学するコミットが高かったように思ったのですが、青森山田を選んだのですね。

何が影響したかはわかりませんが、
先輩や周囲の薦めなども
きっとあったのでしょう。

ちなみに彼は在学中に、甲子園出場を経験することはなかったようです。

ドラフト一押しの守備力の高さに注目!

遊撃手として、若手でここまで実力を伸ばしている選手ってそこまで多く見かけない印象にあります。

なぜならドラフト候補の選手って、
投手であることが多いからですね。

甲子園でも基本的には投手が注目される傾向にありますし…。

攻守ともに万能の選手は
スカウトとしてもプラス材料でしょうね!

バッティングもこの通り。体格の大きさを活かしたパワフルな打ちっぷりが魅力的です。

参考動画: https://www.youtube.com/watch?v=_fDZdoxsYPI

守備の参考動画で良いものがなく
動画については割愛しますが、
彼の守備力の高さの秘訣は、
足の速さにあるのではないかと思います。

単純な足の速さでいえば、4年前ぐらいの阪神の柴田選手が50m走で5.7秒の記録を出していたと思います。

京田選手の場合は5.9秒と、ドラフト候補選手の中でも驚異的に速い部類といえますね。

これが守備でボールに追いつける
強力な武器だとも言えるのでは…?

バッターとしての能力も高いですし、1塁ずつ確実に進む力は誰よりも高いと思われます。

この体格の大きさで、ここまで走れる万能の選手はなかなか居ないでしょうし、大学まで進学して力を身に着けた甲斐があるというもの。

プロのスカウト陣が欲しがるのもうなずけます。

さいごに

それでは京田選手について紹介させていただきました。

投手として単純なボールの速さを注目されることが多い中、彼のように万能で活躍できる遊撃手の存在は即戦力で重宝されますね。(もちろん投手で注目される選手も凄いですが)

今後も着々と実力を身に着けていかれるでしょうし、何より故障の話が無いのも大きな強みと成り得るでしょう。

今後の彼の活躍に大注目です!

関連記事 ドラフト結果速報2016【リアルタイム更新中!】

ドラフト候補関連の記事をまとめました↓
(※クリックで移動します)

2016-10-13_214524

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ