ball

2017年高校サッカー選手権の全国への最初の切符を掴んだのが、秋田県代表・秋田商業。選手権の結果が気になって仕方のないTGです!

決勝戦で、勝負を決する勝ち越しゴールを決めたのが彼、FW加藤敬明選手でした。

エースストライカーの絶対的要素とも言える「決めて欲しい時にゴールを決める」チカラを備えているであろう加藤敬明のプロフィールはどんな感じでしょうか。

スポンサーリンク

加藤敬明の出身中学と経歴を紹介

まずは彼の簡単なプロフィールから紹介します。

【氏名】加藤敬明(かとう たかあき)
【所属】秋田商業高校(秋田県代表に決定)
【背番号】9番
【身長/体重】180cm、78kg
【生年月日】1988年6月19日(18歳)

加藤選手は180cmという長身ながら、がたいも細くないので、ポストプレイなどフィジカル面でも強さを発揮していきたい人材でしょう。

日韓の強豪校が集う「アンダーアーマーチャレンジカップ2016 SPRING」でも、見事優勝を飾った秋田商高。その中には、選手権でも、全国への切符を掴んでいる栃木県代表・佐野日大や、長野県代表・創造学園なども含まれており、今大会でも台風の目となること間違いありません。

ちなみに、加藤敬明の出身中学は、地元・秋田のにかほ市にある仁賀保中学校。

秋田商は、選手権出場校としては珍しく市立の高校なので、加藤敬明ほか多くの選手が地元選出のようです。また現在もにかほ市在住なので、実家から秋田市にある高校まで通っているのでしょう。

今後の進路はまだ未定?

加藤敬明の進路はまだ未定となっています。

よりストロングポイントであるフィジカル面を鍛える意味でも、大学に進学して一回りも二回りも大きくなってからプロに進出するのも一つの手だと思いますけどね。

また、Jリーグ入りなら、高校までずっと地元・秋田で育ってきているので、J3のブラウブリッツ秋田がオファーして欲しいところですが、どうなるでしょうか?

プレイの注目点はフォロー力にあり

秋田商の持ち味は、堅い守備と、長年突き詰めているパスワーク。そこで重要になってくるのが、FWである加藤敬明の動きです。

単に得点を決めるだけではなく

  • 時にはシュートで点数を稼ぎ
  • 時にマークを引きつけ潰れ役となる

といった、技巧を感じさせるプレイが特徴的です。

よりパスコースを広げる一見すると地味で目立たないプレイながら、そのプレイを追求し続けることで、より秋田商のパスワークが生きると言うことになるわけですね。

また、ファウルを受ければ、予選や他大会でも、フリーキックなどのプレスプレイでも得点を決めている秋田商だけに、得点チャンスが大きく広がります。

加藤敬明の注目点としては、「いかに黒子に徹することができるか?」という玄人好みのプレイをできるかどうか?という点にかかっていると思います。

定番の質問!彼女はいる?

彼はFacebookも開設していますが、基本データには交際情報は掲載していません。

参考リンク https://www.facebook.com/takareal

ゆえに、オフィシャルでは彼女がいるか不明です。ただ、地元の女友達も少なくないみたいですし、中学からずっと付き合っている彼女がいそうなイメージです。あくまでもイメージですが。

とはいえ、まだまだサッカーに情熱を注いでいる時期でもあるでしょう。彼の今後のさらなる成長に期待です!

まとめ

11年連続で、秋田県代表は初戦で敗退しており、前評判も高く、今年こそはという意気込みが強い秋田商。

そこで、カギを握るのが、前述したようにエースストライカーで、パスサッカーの黒子にもなる加藤敬明の存在でしょう。

尊敬しているバルセロナのスアレスのような強靭なフィジカルと、驚異的な決定力を身につけることができれば、初戦突破のみならず一気に進んでいく力は十分にあると思います。

今後も目を離せない選手だと思いますし、ぜひ要チェック!ですね。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ