2016-10-05_125400

ちょっと前から一気に広まり、おそらく頼ったことがある方も多い
「キズパワーパッド」。

傷を早くきれいに治せるということで人気の、新しい絆創膏ですね。

ある程度適当に使っても早く治っている気はするのですが、

「でもこれいつになったら、どうなったら貼り替えたらいいの?」
「完治まで貼り続けるものなの?」

などなど、疑問も出てくる方もいらっしゃると思うのです。

いくら伸縮性が良く粘着力が高くてもやっぱり剥がれてくるときは剥がれますし、その場合も何とか維持すればいいのか貼り替えればいいのか悩みますよね。

キズパワーパッドを
上手に使っていくには、使い方を
しっかり知っておく必要があります。

キズパワーパッドの上手な使い方や交換日数、タイミングの目安など、キズパワーパッドについての情報をまとめて確認してしまいましょう!

スポンサーリンク

そもそもキズパワーパッドってどういうもの?

キズパワーパッドは見た目からもう普通の絆創膏とは全然違いますよね。

普通の絆創膏は、主に傷の保護や止血の意味で使います。

こちらの場合、基本的に傷口を乾かして治す方法なんですね。

キズパワーパッドは逆に、傷口を湿った状態のままで治す方法になります。

モイストヒーリング……湿潤療法と言われる方法で、
人の身体が持つ治癒力を使って傷を治すことになります。

2016-10-05_125551

怪我をすると傷口から血や体液が出てきますが、
この体液が傷を治す力を持っているのです。

成分でいうとナノ化塩酸コロイドというらしいのですが、どんなものでしょう?

キズパワーパッドはこの体液をパッドに閉じ込め、乾かないようにして自然治癒を進めます。

乾燥すると効果が薄れてしまうので、
「潤いを保ったまま傷を治していこう」
というのがキズパワーパッドなのですね。

ですから使い方も特殊で、

「キズパワーパッドを使うときは傷口を消毒してはいけない」

という約束があります。

消毒してしまうと本人が持っている
治癒力……体液まで消毒してしまい、
効果が十分に発揮されなくなるのですね。

キズパワーパッドを使っていい傷、合わない傷

キズパワーパッドの効果は高く、つい何にでも使えるという気分にもなってしまいますが、
もちろんそういうわけではありません。

キズパワーパッドを使うのに適している傷は
「軽い擦り傷、切り傷、軽度のやけど、あかぎれ、さかむけ、靴ずれ、ニキビの一部」
などです。

あくまで「身体の表面に発生する軽度の傷」が目安なのですね。

ですから大きな傷や深い傷、刺し傷や裂傷、またもちろん傷口から膿が出ている傷、広範囲の火傷や重度の火傷などの場合は、キズパワーパッドではなく病院に行きましょう。

とびひや水いぼなど、表面だけが原因ではないタイプも
キズパワーパッドでは対応しきれません。

あくまで「家庭内で治せる傷」の範囲で有効だということは
忘れないようにしておきましょう。

「治るまでずっと貼り続けたほうが良い」は間違い?

結論からいうと、

張りっぱなしは望ましくありません。

「自然治癒力を閉じ込め、潤いを保ったまま治す方法」と聞くと、
「じゃあ出来るだけ触らないように貼り続けたほうがいいの?」

と思われるかもしれません。

しかしもちろん、治癒力があるとはいっても体液も古くなってきます。

そうなるとむしろ貼り続けているほうが感染症などを引き起こす可能性が出てきてしまい、よくないのです。

またキズパワーパッドは普通の絆創膏と比べると防水性もフィット力も段違いですが、
それでも毎日お風呂に入ったり生活しているのですから限度があります。

周りが剥がれてきてしまうとやはりそこから水分などが侵入し、
ばい菌などが入ることもありえます。

剥がれてきた場合は、無理をせず新しいキズパワーパッドに貼り替えましょう。

逆に、体液が多くてキズパワーパッドが膨らみすぎている場合も注意が必要です。

膨らみすぎるとやはり隙間が出来てしまい、
周囲が剥がれたときと同様の状況が起こります。

体液が漏れてくるような状態の場合は、新しく貼り替えたほうが安全ですね。

貼り替える際は、また一度きれいに傷口を洗ってから貼り替えるようにしましょう。

キズパワーパッドの貼り替えタイミングの目安まとめ

特に体液が漏れることもなく剥がれてくることもなく順調に貼り続けている場合、
3日に一回を目安に貼り替えましょう。

これ以上日を置いてしまうと体液の劣化が進み、むしろ傷口によくありません。

先程お話した通り、剥がれてきてしまったり体液が多すぎるようであれば
そのタイミングで貼り替えます。

雑菌が入ると自然治癒力で治すどころか化膿などの危険もありますので、
「ちょっとくらい大丈夫」と無理して貼り続けないようにしてくださいね。

交換する場合は、一度流水でしっかり傷口を洗ってから貼り替えるとより安心です。

消毒してしまうと湿潤療法の効果が薄れるので、
その分しっかり雑菌をよせつけないようにしておく必要があるのです。

・剥がれてきたら新しいものと取り替える
・浸出液が増えた場合にも貼り替える
・3日経ったら無条件で貼り替える

これらを念頭に置いて、

キズパワーパッドを上手く使っていきましょう。

結局、キズパワーパッドはいつまで貼ればいいの?

交換の目安は分かったので、次は

「いつになれば、どういう状態になればキズパワーパッドをはずしていいのか?」


という部分をお話します。

キズパワーパッドを使わなくても良いタイミングは、

「体液が出てこない=キズパワーパッドを貼ってしばらくしても白く膨らまなくなったら」

という目安で判断しましょう。

しばらくとは言いましたが、
1日くらいを目安にしておくと安心です。

1日経っても白い膨らみが出来ないということは、
「身体がもう体液を出していない=傷が治ってきている」
ということです。

また同じように、交換したら傷口が乾いていたり薄く皮が作られている場合も、もちろんもうキズパワーパッドの必要はないと思われます。

キズパワーパッドを有効的に使おうとすると体液が滲んでいることが必須です。

「その状況でなくなれば外してOK」という基準で見ておきましょう!

とはいえ、

もちろん数日間保護していた場所ですし、新しい皮膚はまだまだ弱いです。

そのまま放っておいて軽く擦りむいただけで傷が開いてしまうかもしれないので、もう少し治るまでは普通の絆創膏などを貼っておくと安心できますね。

まとめ

キズパワーパッドの治し方、
注意点、そして交換の目安など、
知らなかったり、
気にしていなかったことがたくさんありました。

私は貼り付いているのが気になってすぐに剥がしてしまうタイプだったのですが、
やはりある程度は続けたほうが良かったのですね……。

もちろん何にでも有効なわけではなく、
病院に行ったほうがよい傷は、もちろん病院を素直に頼ることも大切です。

キズパワーパッドは軽度の傷や火傷、靴ずれなどで
使う機会が多くなるかと思います。

「消毒はしない・傷口はよく洗って血は出来るだけ止血してから」

つける前の注意点をしっかり守ったほうが、
もちろんキズパワーパッドもきちんと働いてくれます。

上手に使って、面倒な傷を早くきれいに治していきましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ