2016-09-27_170230

こんにちは。TGです。

原動機付自転車って古臭い響きだなぁ、、、って思ってしまいます。

というのも、過去には本当に自転車にエンジンを付けたようなバイクがあったから仕方ないのですけどね。

さて、

今回話題になっているニュースとして、原動機付自転車、つまり原付バイクの規制緩和があります。

そもそも原付免許は自動車免許を取得すればすぐに乗れるものでした。

が、125CCのバイクは別で「小型二輪免許」が必須だったのですね。

今回規制緩和の議論がなされていて、現実化するのも時間の問題ではない、という話が起こるもネットでは賛否両論。議論の的になっています。

スポンサーリンク

125CCバイクの規制緩和理由は?原付はそもそも危険だけど…

今回原付バイクの規制緩和の話では、

125CCバイクが普通自動車免許で乗れるようになるかもしれない、ということです。

これって素直に考えて、すごく嬉しいと思うんですよ。

規制緩和が実行されれば、メリットはたくさんあります。

  • 125CCの原付バイクが売れる
  • バイク産業が活性化する
  • 免許費用がかさみにくくなる
  • 原付の「危なさ」が減る

などなどメリット沢山です。

原付125CC緩和の最大のメリットは「遅すぎる原付」の減少?

というのが筆者の個人的な見解です。

いままで自動車免許で原付を乗っていた方もいると思いますが、従来の許可されていた50CC原付は小回りが効くものの、最大のデメリットである「遅い」という点は危険でもありました。

満足に加速できないですし、30Km/hの制限もなんだかあいまい。

遅く走れば他の車に煽られますし、早く走れば切符を切られる非常に立場の弱い乗り物です。

運動性能はバイクと呼ぶには微妙なところもあるので、ひとたび国道に出ようものなら多くの車や大型バイクの排気ガスに巻かれます。

二段階右折もむしろ危険です。

スピードが出て、公道走行が出来る125CC原付きであれば、基本的な一般道での走行は過不足ありません。

125CCバイクの規制緩和はいつ頃になる?

そんな原付バイクの125CC版が規制緩和され、普通免許でも乗れるようになるのは

「今から1年以上はまずかかるだろう」

というのが現状わかっている所です。

まあ、自動車教習所で教える事が変わると思いますし、バイクの運動性能を理解しないまま125CCに乗ったら事故になりますからね…。速い原付と考えれば簡単ですが、実際法整備がたくさん必要になる背景を考えると、一筋縄では行かないものと思います。

普通自動車をすでに持っている人はどうなる?免許自体の費用はいくら?

という疑問もありますよね。

現時点ではまだまだ構想段階なので、これらの情報で確定したものは出ていない状況です。

が、

普通自動車を持っている人がいきなり早い原付に乗っても事故をしそうですし、何らかの講習を受ける必要がありそうですね。

おじいちゃんがいきなり通勤快速のアドレスV125に乗って、コンビニに激突されても困りますし…。

免許自体の値上げはないかもしれません。というか、普通自動車の免許費用高すぎですよね。あれってどうにかならないんでしょうか。

ネットでは微妙な反応も…

嬉しい話ばかりだと良いのですが、ネットではすでに反対の意見も多く出ているのです…。

たとえば今回であれば規制緩和によって、かねてから人気だった「125ccスポーツ」に人気が集まる可能性がきわめて高い、という事です。

スクーターではなくギア車が気軽に選べるということですね。

通勤でも便利ですし、ツーリングにもいけます。

たとえば現在新車で手に入る125ccのスポーツモデルだったら、カワサキのこういうモデルなんか良いのではないかなと。

125ccの醍醐味は何と言っても

  • 車両本体価格が普通二輪よりも安い
  • 維持費も保険も安い
  • 燃費もいい
  • カスタムパーツも比較的安い
  • 加速も公道では十分

という点につきますね。

かつて筆者が二輪の免許を持っていなかったときには125ccに「自動車免許で乗れないのかな?せめて黄色ナンバーでも…」と考えたことがあったのですが、まさに今回検討中なのであの時の夢が遅咲きながら叶いそうなのです。

ただ、今までの原付き感覚で乗り回すドライバーが増えると交通マナーが悪化する、という意見も当然ながらあるんです。

まあ、個人的には普通二輪を持っていようが、大型二輪に乗っていようが旧車やハーレーで騒音を撒き散らしたり、蛇行運転をする方もいらっしゃるのであんまり関係無いかなと…。

ただ、今の自動車免許の教習内容を若干変更する必要はありそうです。

まとめ

今回ニュースに上がるようにまでなった125CCバイクの規制緩和。

これが実際に普通二輪で乗れるようになれば便利な乗り物として大きく普及しそうですし、バイクメーカーもたくさん売れるので、大きなバイクを安く販売してくれる期待ももちやすくなります。笑

が、しっかり免許取得の時点でバイクとしての教習をやらなければ事故は目に見えて増えると思いますし、タイやベトナムのようにバイクであふれかえる通勤時間が容易に想像できます。

筆者はバイクが好きなので素直に嬉しいのですが、どうも一筋縄ではいかないようですね。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ